久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« ボトルメール | トップページ | ビッグ・リバーDVD予約開始 »

夢の中へ・ブラックキス・スクラップヘブン

夢の中へブラックキススクラップ・ヘブンを訳あって、いっきに見ました。

訳って?って感じですが、ど~~~もこの3つ。前、あんまりまともに集中して見れなかったからリベンジ!前書いたかな~???感想。。。

2度見ても、この3つは、やっぱり苦手と自分の映画の好みとか、よ~~~く解りました。なんだろ???ブラックキスとかスクラップヘブンのテーマみたいなの、本来嫌いじゃないんですよ。なのにどうして、映画に集中できない?とリベンジでよく解った。

スクラップヘブンは、素敵なオダギリいっぱい見れるんですが、なんだろ?このテーマの苛立ちみたいなの・・・こういう苛立ちみたいなのって、いつも好きな音楽で聴いてるテーマなんですね。こういう感じ(やっと解った)音楽だったら、ぐぁ~んと5分程度で爆発(いったいなにを・・・笑)させるようなことを映画だと、長い時間に渡り描いていく。だから、ダメなんですね。でも、このオダギリ好きですキレてるオダギリ好きなんですよ~でもストーリーにハマれないのは、こういうテーマは爆音で表して欲しいという個人的な趣味な問題だったのね~一度見ただけじゃ気付きませんでしたです。

ブラックキスは、オダギリ登場少なめですが、なんでしょ???あの狂いっぷり(笑)普通に地道に事件の捜査してる人たちと、狂ってる(笑)人たちとのギャップがなんともいい感じな映像だったけど、ん~~~やっぱこれも、苦手(おいっ!)親の歪んだ強烈な愛情とかって、○系音楽でよく描かれるけど、こういうテーマはやっぱ5分程度で、後は聴く側の妄想に任せる!みたいな音楽の方が良い。

で、夢の中へ・・・二度目でようやく意味が解ったかな???いや、解らない(爆)けっきょくエンディングに流れる「夢の中へ」の歌詞で解釈するしかなかったという、私には複雑な映画です。ただ、映像がスゴイですねこれ。ちょっとドキュメンタリーっぽいというか、映画っぽくないというか・・・俳優さんや女優さんも映画で演技してるっぽく無いとこが、なんとも面白い。オダギリなんて、床屋の息子で出てきた時、ほんとに田舎で同級生と再会する人に見えましたもん。同窓会の飲み会のシーンなんて、普段こんな感じで飲んでるのか?なんて錯覚するくらいでしたよ。でも、けっきょくこのテーマも音楽でよく耳にしてるテーマ。あ~ミュージシャンの世界も、俳優さんも同じなんだな~と「松竹の映画」っていうセリフとかで感じました。

で、このいっき見の訳は苦手を克服したいってのと、最近、某俳優ラブ~が微熱から高熱に変わってしまい熱を冷まそうかと・・・結果、無理でした(笑)現時点で来年、主役映画2つも決まってます。今までそんなに主役やってません。オダギリと合わせると大変なことになります。ドラマ予定も無く・・・う~~似てる~オダギリにハマッたタイミングと・・・

« ボトルメール | トップページ | ビッグ・リバーDVD予約開始 »

オダギリジョー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢の中へ・ブラックキス・スクラップヘブン:

« ボトルメール | トップページ | ビッグ・リバーDVD予約開始 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ