久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« ゆれる@日本アカデミー賞 | トップページ | THE有頂天ホテル放送 »

BIG RIVER(ビッグ リバー)

やっと見ましたよ。この作品どうしても映画館に行く気になれなかったんでDVDで。結果、映画館で観れば良かった~とかなり後悔。

映像が邦画そのものなんですよ、好きなショットばっかりで例えば月の撮り方とかね。でも景色はアメリカ、言葉は英語、日本そのものはオダギリ1人(笑)不思議な映画だった~

ストーリー的には日本人のテッペイ。アメリカ人のサラ。パキスタン人のアリ。という不思議な組み合わせの3人が、道で偶然出会い友情や恋愛が生まれるという平らな内容。

でもありがちな、ものすごく深い友情にいきなり発展するという感じでも無く、恋愛もテッペイのせいで(笑)すごく熱くなる感じでもなく、全てがゆるい感じだった。このゆるさが、すごく心地よく結末も、その後どうなったのか?っていう終わり方。

アメリカの広大な自然をバックにチマチマと熱苦しい友情や恋愛や、人生は?!とか、くどくどやらないとこが、すごくいい映画でした。

で、オダギリジョー=テッペイ。

オダギリはどんな作品にでても、そこにいつも溶け込んじゃうんで、オダギリじゃなくテッペイになっちゃうんだけど、英語だからな・・・と不安があったんですよ。例えばハリウッド映画とかに日本人が出て英語でセリフ言うと、どこか浮いてるじゃないですか?俳優○○が出て来ました~!って感じで。

オダギリには全く無し。ちょっと旅なれた日本人が普通に英語喋ってるという感じで、いかにもアメリカっぽいビジュアルのサラと、いかにもパキスタンっぽいアリと並んでいてもすごく自然だった。むしろに異国の地で異国の人と並ぶオダギリは、日本での映画より格好良かったです。

個人的には、どのセリフか忘れたけど(爆)甘えたような言い方で英語でちゃんと言ってたとこが、すごく可愛いかった♪

サラとテッペイが、ベットで(泣)いちゃいちゃと喋ってるシーンは、「やめろ~近づくな~!」と心で叫びつつ(笑)オダギリの○ねとか、肩とか動くたびにチラチラ見え、堪能させて頂きましたチラリズムを(殴)

この二人がその後どうなろうと私には関係無い(爆)

この映画の噂(笑)をキャッチした時、ビックリなバー(ビックリ・バー)と間違えたり(爆)映画調べても英語のみだったりで、翻弄された記憶があったけど、またまた俳優オダギリジョーの実力を見せ付けられた感。

テッペイは何考えてるかよく分からないキャラでしたが、ラストシーンのテッペイが一番好きです。

« ゆれる@日本アカデミー賞 | トップページ | THE有頂天ホテル放送 »

オダギリジョー」カテゴリの記事

コメント

ももさん
発売になったの知りませんでした~
即行注文。もちろん見ようとは思ってましたものの、
ももさんの好評を読んでからにすると、より
楽しみになります~。^^

今年はいろいろ本当にお世話様でした。
だって、ネット上って言葉だけのやりとりですから
こう書き込みするのはとうてい無理だと思ってましたよ。
それを私のへたな文に(あれでも精一杯書いてますけど)いつも
親切に対応され、時には丁寧な説明までくださったこと
誠にありがたく思います。
凄いエネルギーに満ちてて、鋭い感覚の持ち主であり、
たまには苦言も惜しまないももさんが
私は大好きです。


(実は変態なとこが一番好き... 笑)


来年もももさんに良いこといっぱいあるように。

yuriiiさん☆
こちらこそいつもコメントありがとう。
言葉の違う国で、しかも私は日本語しか解らない、おばかで
ネットというある意味、言葉だけの交流って
最初、ものすごく勇気が必要だったと思います。

私ならできない・・・

おばかながらも、過去に海外移住を夢みてたこともあったので
yuriiiさんとお話できてすごく嬉しいです。

yuriiiさんの日本語力、いつもすごい上手だな~と関心してます。
日本語って、喋るのは簡単でも、文字が面倒で大変と
言われてますもんね。

今年も宜しくお願い致します。

いえいえ、
ももさんこそ(最初タイミング逃しちゃったので言えませんでしたけど)
日本語教師の資格を持ってるとは、凄いな~と思いましたよ。
私も以前バイトとして韓国語を教えてみたんですけど、
物凄く大変でしたよ。;;;
しかもお仕事とは別だなんて。

教えてくださる寛容さで ^^
改めて今年もよろしくお願い致します~。

yuriiiさん☆
資格持ってるだけなんで、すごくないですよ。
母国語を教えるのは、例えば英語教えるより難しいと
学んでる時に実感しました。

だって、母国語ってちゃんと勉強して身につけたわけじゃないから
(笑)
バイトでも実際にやってたなんて、すごいな~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BIG RIVER(ビッグ リバー):

« ゆれる@日本アカデミー賞 | トップページ | THE有頂天ホテル放送 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ