久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 花より男子 | トップページ | 花粉~~~ »

諜報新撰組 風の便り 源さんの事件簿

映画やら他の本やら書きたい感想ものが溜まってる今日この頃なんですが、本屋で運命的に出会ったしまったこの本いっきに読んでしまいました。だって諜報と言えばね~斎藤ファンならムラムラして手にとっちゃうでしょ?

amazonの書評は厳し~いのしか載ってないけど私は面白かった。作者が歴史小説を書く人にしては若く、おっさんじゃなく女性のせいか、ストーリーが漫画と歴史小説の中間な感じでここち良かったです。

だって史実にばっちり元づいた新選組もの読むと、けっきょく最後はいつも悲しくなっちゃけど、源さん主役だから、なんか微笑ましい感じがずっとあり、すもう興行の前後あたりが描かれてるので、やっと新選組の名を貰った頃だから希望いっぱいって感じで終ってるからなんか嬉しいんですよ。

斎藤なんて謎だらけの人ですが、これが真実の斎藤に近かったら嬉しいな・・・と思える斎藤でした。会津の間者なんですが、ものすごく有能で(さすが!)私には、山崎さんより有能に思え、さすが会津が送った間者だ!と思った。でも、他の本とかに描かれてたような間者としての苦悩みたいな暗さも無く、サラッとしたものです。

斎藤が会津からの間者だと気付いたのは土方さんで、とあることが一件落着となりそうな時に、土方さんが「終ったらもうあっちに帰るのか?」と斎藤に尋ねると、「まだいるよ」みたいな感じで、新選組に居るのが楽しいのかな?って思える場面があったりで、斎藤好き~には嬉しい本でした。

ただ・・・斎藤の言葉づかいが、なんか妙におかまっぽく感じた(爆)いったいなんでだ~?なので筋肉もりもりな斎藤を妄想してる人にはお奨めできない(笑)「あらごめんなさい」なんて言いながら、軽く一撃で人を斬ってしまうような斎藤に私は思えたです。

源さん主役で、劇的な事件は無いもののこういう話も、ほっとしていいです。あっ・・・でもちゃんと?鴨は始末されましたが。

« 花より男子 | トップページ | 花粉~~~ »

新選組&斉藤一」カテゴリの記事

コメント

おーっ!! 『源さんの事件簿』、興味津々だったんですよ!!
ただ、「源さんが主役だったら斎藤さんの出番は少ないのかな」なんて思ってましたが、そうでもないんですね。
っていうか、「新撰組捕物帖」は知ってたけど、
「諜報新撰組」って新刊ですか。
うわ~、どっちから読もう。
どっちも普段使ってる図書館にある事は確認しました。
なんかワクワクしてきた。
素敵な情報ありがとうございます♪

ももさん
おかまっぽい言葉使いの斎藤ですか(爆笑)
読みたい! 新鮮ですね~(^^)
私はメデイアで楽しむのと自分の妄想とは
かなり 別々なほうですから大丈夫でしょう。
いい情報を頂いて嬉しいです。ありがとうございます。

ところで、、叫のブログパーツ、どうしたのでしょう、、(汗)

YAGI節さん☆
いつ出たか解らないけど一応本屋の新刊コーナーに
ありました。
源さん主役なので、もちろん斎藤の出番は少ないけど
「諜報」なら、やっぱり斎藤は外せないでしょう!
って感じで出てきます。
ここで描かれてる源さん、忙しそうで面白いですよ。
新撰組捕物帖の方も気になりだしました。
斎藤は居ないだろうけど、軽いタッチで読める感じが
嬉しい♪
図書館にあって良かったですね~
斎藤の言葉遣いに笑って下さい!なんか変なんですよ~

yuriiiさん☆
昔の言葉なので、おかまっぽく感じるんだろけど
他の本でこんな言葉遣いの斎藤は、まだ見たことないから
おかまっぽく感じてしまいました(笑)

叫びのブログパーツ(爆)
オダギリが見えな~い!

こんにちは。はじめてメールします!!
いつも書評を楽しく読んでいます。
「諜報新撰組」読みました〜!!
でもこれって「地虫鳴く」に似てないか?と思っちゃいました。
人物設定とか。でも私は地虫鳴くのほうが好み。やっぱ深い。

ごめんなさい。途中できれてしまった。1作目も読んでみます。では!

こっこさん☆
はじめまして。。。
「地虫鳴く」は読んでないんですよ。
これに似いてもっと深いのなら読んでみようかな?と
思いました。
どちらかと言うと史実追ってるような方が今まで
好きだったんですけど、こういう小説も面白いですね。
ちょっと目覚めてしまったかもです。

ももさん、こんにちは!
私も源さん第2弾読みました♪
トシとハジメちゃんの絶妙なトークいいですよね~。
それを聞いていてもまるでチンプンカンプンな
源さんもナニゲにツボvv

「地虫鳴く」のカラーとは随分異なりますが、
こちらもお薦めですよ~。
暗いけど(苦笑)私はどっちも好きです!

Aki1031さん☆
そうそう!土方さんと斎藤さんのトークのとこ
大好き!
できる男同士のトークという感じでした。
「地虫鳴く」これは絶対読まなくちゃ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諜報新撰組 風の便り 源さんの事件簿:

» 「諜報新撰組 風の宿り」 [Go Plain!]
秋山センセの新刊、読み終わりました♪ もう、大・満・足 諜報新撰組風の宿り―源さんの事件簿 前作の第1弾「新撰組捕物帖 源さんの事件簿」よりも設定時期が前なので、予想通り伊庭八郎は出てきませんでした(青空百景さん、ありがとうございます〜涙)…が、めち....... [続きを読む]

« 花より男子 | トップページ | 花粉~~~ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ