久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

キリンザゴールドCM別Ver

ゴールデンウィークだというのに(関係無いし)チケットの神様から見放されてしまってる私(笑)いやー舞台って、大変なんですね人気者だと(汗)久しぶりに昔みたいに、電話二つを両手でリダイヤルの嵐を深夜にやってました。小○人気は、やっぱ旬だからすごいね(笑)深夜の先行なのに数分で売り切れた。他の先行でもすでに全滅してる私(泣)

こっちの方はついてないけど、オダギリのキリンザゴールドの別バージョン新しいのは、さっそく見れましたよ。これはラッキー!色んな?!オダギリが見れ目が泳いでしまいます(爆)

KIRINサイトでも見れるようになってますよ。発砲酒より高めなのに、売ってるの見るとケースごと買占めたい衝動にかられます(笑)こんな私って乙女だと思う(違)

オダギリのビール飲む姿、かっこいいな~♪

HAZARD感想

2002年に撮影され、去年(2006年)に公開になった作品です。当たり前だけどオダギリが若い!監督は昨日の時効警察担当の園子温です。

「ニューヨークで今一番危ない場所で」という監督の希望で(汗)本当に危ない場所で撮影されたらしい。銃は本物を使い本当の中国マフィアの人が映っていたりとかで、危なさがリアルです。

ストーリーはオダギリジョー演じるシンという学生が日常の生活にどこか、退屈とが平凡とかを感じ刺激みたいのが欲しくなりニューヨークに旅立ち、アイスクリームにヤク入れて売ってるような危ない仲間と知り合い、最初ごく普通な弱っちい学生だったシンが、平気で人殺しちゃうような危険な人になってしまいます。シンと仲間達の、過激な(泣)悪ふざけが、メインな話だったような気がしますね。

映画的には監督が舞台挨拶で「パンクバンドがファーストALBUMを数日でつくったみたいな作品」とHAZARDのことを言ってましたが、この例えが一番私にはわかり易い言葉でした。作品観てもなんだか解らないし(笑)ファーストALBUMって、技術だのセンスだのクオリティーみたいのはまだまだだけど、その時の勢いだとかやりたいこととかパワーが凄くてて、なんとも言えない魅力を感じたりするもんです。技術が向上すちゃうと、勢いみたいのが無くなってしまったりしますからね~そうなると、なんだかつまらなくなっちゃう。

だからこの映画は、荒削りでも勢いとパワーでつくったのかな?!と解釈しましたです。

オダギリのスクラップヘブンとか夢の中へとか好きな人には、面白いんじゃないかな?私は・・・・・どうだろ?面白かったけど、こういう刺激が欲しい主人公の気持ちが全く解らないくらい、刺激的な生活してるんで(笑)ほんと共感できる部分が皆無なんですよ~

ニューヨークの景色とか、オダギリは堪能させて頂きましたが!あと、CDだけで聞くと辛かった(汗)あのオダギリの音楽!すごいかっこ良かった~映画のために作ったんだろうから当然なんだろうけど、画像と重なると超かっこよくて、この人音楽も天才?なんて思っちゃいましたよ。

登場人物達と共感できる部分は皆無だから、逆に感情移入も特に無くすごく映像として楽しめました。全体的に貫かれたパンキッシュな空気感がかっこ良かったです。

オダギリジョー: four years ago(フォー・イヤーズ・アゴー)←HAZARDの時の写真集!

あと超一部の人しか解らない私のツボ・・・・・・・舞台挨拶の時のオダギリが、鎖骨丸出しでした!(爆)DVD見たタイミングが、ほらあんな話とかこんな妄想とかした後なんで、目が釘付けになりましたよ。

パビリオン山椒魚

←こんなの見て小○旬に、超ときめいていても・・・・

ちゃんと見ましたよ~パビリオン山椒魚。もちろん同じ日に発売だったHAZARDも見ました。HAZARDは後日に感想ってことで・・・

え~とこの映画のストーリーどうやって説明したらいいんだろ?無理です(爆)こういう映画は初めて見ましたって感じで、笑い系の映画なのに画像が美しい。音楽もとっても美しい。そんな美しい中で現実離れした面白いストーリーがテンポよく展開していきます。

自称「21世紀の天才レントゲン技師」飛島芳一という役がオダギリの役なんだけど、天才には見えませんでした(おいっ!)最初は白衣着た綺麗なレントゲン技師だったのに突然、変貌します(大笑)キャラが全く変わってしまい後半は何故か、山賊みたいになってます(大笑)意味が全く解りません!

レントゲン車を普通に移動手段としてたり、レントゲン車を自分の部屋のように(鍋食べてたりするし・笑)使ってるあたりが、全く意味が解らず面白い!

飛島芳一の恋のお相手、二宮あづき(香椎由宇)とは最初いい感じだったのですが、飛島芳一が彼女のレントゲン写真を大事に持ってるとことか(変態くさい)、変身しちゃったこととか(あなたは誰?)、なんだかつきまとうとかで(微ストーカー?)微妙に呆れられのですが、最後は「気持悪いけど格好良い!」と言い、飛島芳一の恋は成就します。

彼は彼女に大人っぽく見られたいから、バツいちとウソをついてしまい、どう本当のことを言おうか悩みながら物語りは終了しました。

オダギリで笑える作品と言うと、インザプールや時効警察などがありますが、こういう感じとは全く違い、なんでしょ?キャストの高田純次さん。テレビとかで見てるとこの人のどこか胡散臭い感じするじゃないですか?(笑)こういう感じが、この映画とよく似てます。

それにしてもオダギリ、この役よく演じきったなぁー流石です。本人もこういうの好きだろうし。ここのとこ、ゆれるに蟲師に東京タワーと割とシリアスな感じを見続けてたので、とってもツボに入ってしまいました。

まだ見てない方は、気負わずにマッタリと見てください。色んなオダギリが見れますよ♪

映画そのものの好みとしては、ゆれるやメゾンドヒミコがすごい好きな私なんで、好みからかなり外れてますが、ここまで外れてくれると逆に面白くなるっていうやつですね。

きょうももの(BlogPet)

きょうももの、祝みたいな参加するつもりだった?
ももと妄想された!
ここへ祝みたいな妄想するつもりだった?
ここでももでキリ参加したかも。


*このエントリは、ブログペットの「譲くん」が書きました。

デスノート the Last name

体調を崩してたので、寝ながらDVDをいっぱい見てました。放映中は面白く無い!と叫んでたのに(笑)小栗旬を探すため義経も見出しました。毎回毎回オープニングの出演者の名をチェックするのです(爆)優香の後にオダギリジョーとでるか?と、斎藤を探してたあの頃が思い出され、また同じことしてる自分にうけました。義経=小栗話題は、もっと見てからということで・・・・

映画色々見たのですがずっと見たかったDEATH NOTE デスノート the Last name

やっと見ましたよ~(遅)前作に興味持ったのは藤原竜也が出てるからで、だって総司なんだもん!内容などどうでもいい・・・と見てみたらLの方に激しく興味をそそられ、このLast nameも見たかったわけです。

いや~いいですね!L(松山ケンイチ)美女丸と同じくらい、何かがいっちゃってますね。比べてもしょうがないくらい別物ですが、いっちゃってる演技が共通ということで。

夜神月(藤原竜也)が総司の頃より、微妙に顔がふっくらしてたのが少し寂しかったんです(何?)

内容的には、前作よりドキドキさせられ面白かったです。最後がね~何もLが・・・・・・って思っちゃったです。でもLは偉いです!単なる甘い物好きな引きこもりな弱っちい男じゃなかったんですね(泣)どちらにしてもあの食生活じゃ長生きはできなかったですかね(違)

それに比べ夜神月は、自分の思う正義をふりかざし、いっぱい人を殺して・・・理想な平和な世界というのは解るけど、どうもこの考えには賛成できないですね。

内容的には、もともとこういう映画に興味無い私なので(おいっ!)とにかくLのいっちゃってる可愛さに夢中になってました。特にひょっとこ?のお面つけてるとこに爆笑でした。なぜ顔隠すのにわざわざ、ひょっとこ?(大笑)かわいすぎるぞっ!

松山ケンイチの新ドラマをチラ見したけど、あれは×です。もしかして私は、そうとう強烈な何かに興味をそそられるらしい(笑)普通だとつまらないみたい。松山ケンイチの雑誌インタビュー見たら、質問する人が言ってたけど、ちょっと上の世代の俳優達と新しい世代とは感覚が違うと言ってた。その上の世代のオダギリとかの方が私の感覚に似てることが、ちょっと年齢を感じ寂しかった(爆)

でも頑張ります!(何が?)

今週は、オダギリの映画DVD発売ですよ♪

バトン

パラ野さんから頂きました。私の色はビール色らしいです(笑)気持よく酔ってる感じらしいです。気持ちよく・・・っていう感じだがなんだか素敵で気に入りました。

それでは答えてみます!

<ときめく〇〇な3人>

・マイワールドな人

・外見がクールでも中身は意外と天然な人

・謎で不思議な人
聞かれてないけど~(笑)今一番ときめいてるのは小栗旬でーす(ハート)

<嫌いな人を3人>

・マイナス思考の人

・思いやりの無い人

・自分の意思が無い人

<お金をかけられる物3つ>

・音楽関係(CD代・チケット代などなど)

・TRANSTIC NERVE(物じゃないっちゅーねん!)

・酒&ご飯代

好きな物を3つ>

・ROCK

・明日を気にしないで遊べる週末の夜

・王子様(殴!)

<欲しい物を3つ >

・時間(1日48時間くらい欲しい)

・寝なくても平気な身体

・どこでもドア(一瞬でどこでも移動できる)

<このバトンを受け取ってくれそうな人>
スルーOKですよ♪

・あさぎさん

・YAGI節さん

・ミ○さん(お互いに流し目ダーリンにやられてるミ○さんです・笑・ここで名を登ジョーさせるのはどうかと思い一応伏字。最近某所を発見したので、もしここ見てバトンやってみたかったらと言うことで・・・)

<その人達を色で例えたら>

あさぎさん→あさぎ色(名前のまんまでスイマセン・・・ブルー系のイメージなんです)

YAGI節さん→濃い赤、エンジと赤の中間みたいな感じ

ミ○さん→ピンク。とってもラブを感じるから。

ここからは直感で答える事

<近付きたいから>

前へ前へ!

<嬉しくて>

ぎゃぁぁぁ~

<可愛くて >

キュンキュン

<愛しくて>

バカやろ~

<恥ずかしくて>

見て見ぬふり

<もどかしくて>

むらむらイライラ

以上楽しいバトンでしたよ~

メンズビューティーンCM

オダギリが色っぽいです!ピアノ姿に萌えます!

CM全体としては面白いんだけど、と~ても色っぽいオダギリをこちらから堪能してみて下さい。

それにしても東京タワー好評みたいで嬉しい♪やったぁ!

んでんで、ちょっと機嫌悪いから言っちゃおうかな~、ドラマ化の方が先でみたいな感じで書かれてること多いんだけど、

映画は形になるまでものすごい時間かかるから無理なんですけどそれ(怒)

ドラマ化決まった時から、映画と比べられることは覚悟してたんだけど、体調のせいか我慢できず吠えてしまいました(笑)失礼・・・・・・

映画の評判が良いのだからいいんだから怒る必要ないんですけどね(汗)私が見に行った時、日テレの字が出た時、たまたまそばに居た人が、「あれ?」なんでフジじゃないの・・・・・?!と驚いてたんで(苦笑)海○みたいに、ドラマの映画化と思ってる人多いんだな~と実感してたんでスイマセン。

大型映画祭りも終ったらSAD VACATIONが楽しみだ~♪

一夜限りのチャット企画Vol.5

いよいよ今日の22時からです。

今回のお題は
「祝!時効タワー~キリシューとボクと時々斎藤~妄想は誰にも言いませんよ」

こちらからどうぞ

ぜひぜひ参加して下さいね~!

時効警察とキリンザゴールドCM

今更録画してあった時効警察を見ました。金曜は風邪で喉が死ぬほど痛く熱もありで、死んでたので、見れなかったです。まだ調子は完全じゃないんで軽く感想。

三日月さんの妄想が、とうとう幻覚になってましたよ(爆笑)霧山くんが、あまりに鈍感なので、病んでしまったららしいです(笑)よく解りますよ~その気持!三日月さんは素敵すぎですほんと。もしかして、帰ってきたシリーズは、始まる時いつもこんな風に妄想とか幻想で始まるのかも?と期待してます。妄想族のリーダーですよ!三日月さん(笑)

そんな中、今回は三木聡監督だかららか、あの市川美和子さんが登ジョー!映画以外で見たのは初めての気がするんですけど。オダギリと並んでると空気感が、と~ても合いさすがだと思った。

わたし的にはサネイエさんがいきなりギターを持ち、オヤジの音はEmだと弾いたとこが爆笑で、クラブの名までEmだったんで大笑いでしたよもう!マイナー(m)な音好きな私は、やっぱりオヤジくさいのだろうか???Emはミソシなんで、想像してみてください!確かに哀愁チックなオヤジくさい(笑)

斎藤好きとしては霧山くんの歩く道の電柱に「スパイ募集」と張り紙があったとこがツボで、時効になった事件など調べてないでスパイに応募して斎藤に戻れ!と心の中で叫んでましたよ(笑)社長募集の張り紙もあったりで、小ネタ満載の三木ワールド堪能させて頂きました。来週が園子温監督なので、どんな霧山君見れるのか楽しみ。このまま、なんだかいけいけな霧山君のままなのかな?

そしてそしてキリンザゴールドCM!

オダギリVer見たよ!なんか思ってたより本人の登場早かったからビックリ!おちゃめ系なCMが多いオダギリですが、ベージュのスーツ着て、とっても二枚目系なCMで大人な感じでした~きゃっ!

まだ現時点でサイト更新されてませんが、そのうち見れるようになると思うのでキリンザゴールドのCMページ貼っておきますね♪

譲くんがももと録画する(BlogPet)

譲くんがももと録画する?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「譲くん」が書きました。

一夜限りのチャット企画Vol.5

今月は、4月22日(日)22時からです。パラ野さんが幹事です(お疲れ様です)

今回のお題は
「祝!時効タワー~キリシューとボクと時々斎藤~妄想は誰にも言いませんよ」

東京タワー公開と時効警察スタートと、そしていつも何故か斎藤話(私のせい?笑)になってしまうという色々な意味が含まれてる?お題となってます(笑)斎藤フォーエバーです♪

映画行ってなくても時効警察見て、組!の斎藤話が解れば、大丈夫です。あとチャットなのでお題の通り、妄想が暴走しても大丈夫です(何が?)誰にも言いませんので・・・

妄想好き~集まれ~って感じで、お初の方も是非参加して下さいね♪できれば、キリンザゴールド片手にお話できたら、私が喜びます(笑)時々私は本気で酔ってますので・・・そんな時は優しく見守って下さい(笑)

URLはまた後でお知らせしますのでヨロシク♪

蟲師感想

全てが予想外な映画でした(笑)もっとファンタジー一色な映画と思ってたら、と~ても難しい映画でした私には。

漫画が原作だし~オダギリお奨めの最新CGとギンコのビジュアルでも楽しめばいいや!くらいの気楽な気持ちで見たら(笑)

と~ても意味不明な内容。蟲の意味も未だによく解らないし、ギンコって?????な感じ。

公開日時順とは逆に、東京タワーを見てから蟲師を見てよかった。東京タワーが超リアルなストーリーとすれば、蟲師は私の脳内の想像を越えまくってる話で、どうせ引きずるならリアルなことより、現実逃避なことを引きずりたい体質なんで(笑)

あと東京タワーより、画像とか音とか映画館で観た甲斐があったというか、映画じゃなきゃ無理でしょ?な作品でした。DVDで初見だったら、これつまんないだろうな~とも予想され。

謎なことに引き込まれる体質としては、意味不明なこの作品良かったですよ(爆)

で、私なりに色々考えたんです。蟲がなんで人に悪さするんだろ?と。こんなに謎なら漫画でも読めばいいんだろうけど、読む気は無く頭の中で自問自答してました。

そしたら、ふっと思いついた。。。(原作読んだ人ゴメンなさいね~勝手な解釈で)

家を建てる寸前の更地の時に、神様に祈る行事みたいのするじゃないですか?あと、昔の人とかって井戸にお札貼ったりしてたなと思いついたんです。

今までそういうことに何の意味があるんだ?思ってたけど、人が自然に人工的な手を加えるということに意味があるのかな?と思った。確か、ぬいの元夫が確か不作続きの田を潤すために自然に手を加えましたよね。そしたら田んぼは潤ったけどぬいの夫と子供は消えてしまった。なんかそういうことにこの話の根本的な意味があるのかな~と・・・

印象的なセリフに、「もうすぐ夜が昼みたいに明るくなる」みたいなのがあったんですが、時代的にまだまだ電気は普及してなく、そろそろ電気もでき始めていて。時代的に、自然のまま過ごしてきた江戸時代後、科学が目覚しく発達する昭和の前に、ギンコが存在してたわけで、自然VS科学(人間)の間みたいな感じの時代設定のようにも感じましたよ。

あと、ぬいが言ってた沼?(池?)で光をいっぱい浴びてたら頭が白くなったとか、池の魚が片目になるとかが、その光がどうも放射能っぽい感じがしました。原子力の元になるものは元々自然界にあったものですもんね、それを色々人間がいじって危ない?ものになっちゃったわけで。。。

何が言いたいのか自分でもよく解りませんが(爆)こんなこと色々思い巡らせてまいた。おまえは、なんて大間違いな妄想だ!なんて思う人も居ると思うけど、そっとしておいて下さい(笑)

訳の解らないことで長くなってしまったけど、オダギリ=ギンコは素敵でした。

中性的な魅力満載で、何考えてるかよく解らない感じだし、なんたって銀髪は超好物な元ビジュ系バンドファンだった私。いいな~いいな~一瞬誰かさんとよく似たショットがあったよ(誰だよ!)←鬼太郎じゃないよ!

だってビジュ系の人って、やっぱ片目見えないくらい前髪長いの多いんだもん!顔は似てないけど誰かさんの若い頃の銀髪時代を思い出したよ(笑)

そして暴走妄想はまだまだ続き、この時代は斎藤生きてたんだよな~年代的にはこんなにもう若くはなくても、警察官じゃなく山の中で生きてたら、こんなちょっとボロッとした格好で生きてたのかしら?とか、刀は振り回さないけど余裕の顔で困ってる人の蟲退治する姿に、なんだか斎藤を重ねてしまいました。あと好きな人に好きと言えず、女がどうのより蟲退治優先な生きかたとか。完全に斎藤という蟲が脳内に生息し、超勘違い脳になってますね。

ちなみにボク=東京タワーでは、斎藤妄想は全く無かったです。

というわけで意味不明な蟲師の意味不明な感想は終り。

これから見に行く人は、なんとも言えない自然の風景とか、最新CGとかそういうのを楽しんで下さい♪

東京タワー感想

ものすごく心が温かくなる映画でした。事前のインタビューなどで、オダギリは出演を断ってたのに(お断りは得意?!笑)母親に出て欲しいと言われたのが出演の決め手になったと言ってたので、こういう作品に出てくれて良かった!有難うって思いましたよ。自分個人としてね。オダギリファンとしてはどうなのかな?!

私はこういう作品苦手なんですよ。オダギリが出てなきゃこういう作品は絶対見に行かなかったような分野。こういうの見て映画館で泣いてる自分を想像すると寒くなっちゃうっていうかね・・・

事前インタビューなんかで、原作者とはまた別物の映画東京タワーってことに拘ったとありましたが、原作もドラマもあえて目にしなかったんで、ひとつの映画として楽しみました。

ちょっと昔の日本の感じや、田舎の街の風景や人間関係、スクリーンに映し出される今とはちょっと違う、温かさやゆっくりした時の流れみたいのにとっても癒されました。

故郷を出て東京へ。この感覚が私には無いので、そっちのテーマより、親子のこと中心に観てました。特に自分の親を何度も思い浮かべたな~(だから苦手・笑)自分のオカンに比べるとなんとも愛らしい母性たっぷりのオカンでした。

観る前は、もっと号泣な映画かと思ったけど、前半は笑いいっぱい。意外にテンポ良く話が進み、過去を遡って今へじゃなく、今と過去とパっパっと場面が変わり、こういうの飽きなくていいです。早く大人のジョーだせ~~~!なんて心で叫ばなくて良いし。

中学や高校時代のボクが、花男のつくしの弟役のこで、可愛かったです。

前半の面白さに比べ、最後の最後の方のオカンの病気とかそういうとこではやっぱり涙。病室の窓から見える東京タワーが、とっても綺麗で切なく(泣)でもただ悲しい悲しいとかじゃなく、なんか温かいものが残った。単純に自分の親をもっと大切にしようと思いました。このオカンほど魅力的じゃないから(苦笑)できるか不安だけど。

ボクは途中はちょっとダメ息子だったけど、ちゃんと最後は親孝行して、ほんと親思いだったもんな~偉いです。

こういう親思いのとこが、なんだかと~てもオダギリ本人とかぶってしまいましたよ。オダギリ本人とかぶる役って、お初でした。だから俳優オダギリファンとしては、ちょっと微妙な気分にもなったり、こういうのも一度くらい見れて良かったかな?!とも思ってみたり。

と思いつつ映画的には、さすがですよ。オカン役のの樹木希林は流石だし、オトン役の小林薫さんも、ダメっぷりとか自由さとか時々見せる優しさとか絶妙に演じてました。小林薫さんだけ、若い時も年老いてからも一人で演じてたのに違和感無いんですよ!すごいっ!

ボク=オダギリも大学入学した頃の場面が、とっても初々しく髪型とかなんか可愛くて(笑)新鮮でした。

なんか感想、ぐだぐだになってますが、この映画を観た次の日に山手線に乗っていたら、見慣れた風景が妙に愛しく見えたんですよ。これがこの映画の集約した私の感想。東京の景色が愛しいという意味でなく、なんでもない普通の日常が、愛しく思えるそんな映画でした。

いつまで続くか解らないけど、こんな風に心境の変化があったことはとっても宝物です。

↓映画初日の記事が載ってます

デイリースポーツ

日刊スポーツ

樹木希林さんの夫が、永遠のロッカーぽくて素敵です。自分の夫にはしたくないけど(笑)なんかかっこいい(爆)

東京タワー&蟲師見てきたよ~

070414_1959 070414_2000

↑東京タワー弁当も無事食す。家庭的な味でした。

霧山くんと、ギンコとボクで頭ごちゃごちゃです(笑)

とりあえず、蟲師は絶対映画館で観よう!DVDじゃつまんないぞっ!

東京タワーはオダギリ最後の大型映画かも?!だから映画館で観よう!

身体がアルコールを欲しがってるので今日はここまで。詳しい感想は、つづくっ!

って、この文感想と言えるのか?!

帰ってきた時効警察

やっと見れたよ霧山くん!いきなり三日月さんの、妄想から始まりました(笑)ウンウン解るよ三日月さんの妄想。

というわけで、予定ではキリンザゴールドを呑みながら見ようと思ってたのに、のどごし生でした(爆)

なんか霧山君が前のシリーズより、はじけてた気が~なんかちょっと違うぞっ!霧山君。十文字さんが相変わらずで、素敵でした。

今回は脚本・監督 三木 聡で来週も同じです。きっと来週も、はじけたままかな?!

やっぱ家で楽しめるドラマっていいね♪明日はやっと映画行ってきます。

帰ってきた時効警察は、全体的に前回よりパワーアップしてました。

あと少しで時効警察

正式発表ある前から楽しみにしてたんで、まだまだ先と思ってたのに、今週じゃないのもう!

ちょうど今週末は年度末~年度始めの忙しさにホッと一息できるタイミングで、あの時効警察のまったり感が、ここちいいだろうな~

こんな雑誌も発売されてるらしい

うっ・・・可愛い霧山君&三日月さん。。。

今度は三日月さんのラブラブに霧山君は気づくのかな?三日月さんの思い込みと妄想力に、時々負けたと思う。彼女はスゴイです(笑)

そしてこんな雑誌も

大型映画2本にドラマスタート。オダギリがいっぱい!全く追えてないですが今週末から頑張るぞ!

でもLIVEもあるぞ・・・今度は趣味で過労かい!

そして今日というか、あと10分くらいで旬カーベルのオールナイトニッポン・・・先週は大阪のホテルのベットの上からの生放送に萌えたとたん爆睡してました。今日もお仕事疲れで死にそうです。でも懲りずに聴きます(爆)誰かたすけてぇ~~~(寝不足)

シネトピで初日舞台挨拶の記事では(BlogPet)

きょう譲くんが霧山にテレ朝が放送しなかったー。


もたもたしてると東京タワーが始まってしまいます(笑)なんとか時間作らないと・・と、ちょっと焦ってますが、疲れで体調も微妙に悪い。


シネトピで初日舞台挨拶の記事では、真火役の少女が「オダギリにプロポーズ」っていうのが、なんだかクローズアップされてて好きです。
今回は、可愛い告白に照れてるオダギリの様子が書かれてしまってますね(笑)「大きくなったらお嫁さんになりたい」と言える子供・年齢が羨ましい(爆)シネマトゥデイの記事が見れます。
各スポーツ紙等より、まじめに映画のことが書かれてて・・可愛いのは、真火役の少女が「オダギリにプロポーズ」っていうのが、疲れで体調も微妙に悪い。


シネトピで初日舞台挨拶の記事では、可愛い告白に照れてるオダギリの様子が書かれてます




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「譲くん」が書きました。

BS2で壬生義士伝やってた!

今日も疲労で、ぼぉ~~~っとテレビをつけたら、いきなり斎藤一@老人が登場!ビックリして(笑)目が覚め見入ってしまいました。

鴨(佐藤浩一)が斎藤役で、山南さん(堺雅人)が沖田役の方のです。

これ見るの二度目ですが、オダギリ斎藤には負けるけど、鴨斎藤(なんだこれ・笑)もなかなかです。もう一つの壬生義士伝は、斎藤は竹中直人ですからっ!(怒)

特に、斎藤がスパイ活動?!がヤバクなり、スパイ活動を手伝ってた恋人の命が危ないと思い別れを告げた時、「手切れ金だ」みたいな感じでお金を渡すシーンは、なんだか萌えます(笑)

オダギリ斎藤は女の香りは皆無だったからね。

命など惜しくない別れたくない、どうしても別れるのなら「一晩だけ可愛がって」と懇願した恋人のこのセリフが切なかった。

いいな~~~斎藤に一晩だけでも可愛がってもらって・・・と切なく哀しいシーンで思ってる自分が、悲しかった(爆)

それにしても老人斎藤を見ると、明治の斎藤映像化に想いが募ります。

昨日録画しておいた東京タワー特番見ないで壬生義士伝を見てしまった~今日はもう体力の限界なので明日見よう。。。こういう行動って私、オダギリが好きなのかな?斎藤が好きなのかな?なんだか解らないよ~

銀魂エンディング

久しぶりに銀魂話・・・毎週ちゃんと録画してるのを見てます。今週のエンディング変わりましたね。なんかめちゃめちゃかっこいいんですけど~真選組の!出番少ない気もするけど、土方さんがすごいかっこ良い!

曲も、かっこいいな~ヴォーカルは苦手なタイプだけど、ギターとリズム隊の音がいいじゃないの!(興奮)「修羅」という曲らしい・・・DOESというバンドです。オープニングの方は去年のエンディング「雪のツバサ」の人たちですね。

肝心な今回の内容は、なんだかみんなの妄想炸裂に大笑いでした。この作者って、ひき出しいっぱいあるなー

セブンイレブンでみつけた東京タワー(笑)

070405_2313

母の日・父の日ギフトカタログの裏が東京タワー!映画でのオダギリ写真満載。レジの前から、カタログの中身に興味無いのに奪ってきましたよ。

母の日は物じゃなく、ちょっと高級な食事に連れて行ったり、日帰り温泉みたいのに連れて行ったりとかなんでギフトは興味無し。

店舗には東京タワーのポスターも、ど~んとあり店行くたび、二ヤりです(怪しい客)告知終ったらポスター下さいとおねだりしてしまいそうなほど、普段からセブンイレブンはよく行く。イトーヨーカドーで東京タワー弁当が売ってるそうだけど、セブンイレブンでも扱って欲しいな。映画観る時、この弁当あったら嬉しいのに!

それから日テレで東京タワー・映画公開直前SP という番組が、4月8日(日)15:55~16:20放送だそうです。

プラスアクト見たよ

オダギリ超アップ表紙の+act11見ましたよ~

東京タワーのインタビューでした。映画が更に楽しみになってしまった!

↓まだ蟲師も行けてないのに準備万端(笑)

Tokyotower

それなのにそれなのにプラスアクト、オダギリページ読み終えてめくったら、小栗旬が登場し萌えてしまった(笑)夏公開予定の映画キサラギのインタビューでした。これもかなり楽しみだったりしてます。

プラスアクトは、なんていい雑誌だ!

夏とかの前に早く蟲師行かなきゃ・・・もう何度も言ってる(笑)年度末・年度始めのバタバタも来週には落ち着くかな?

花より男子 映画版

映画版と言っても1995年公開のものすごい古いのをCSで見ました。

内田有紀主演です。まだイケてない藤原紀香も出てます。そしてなんと言っても我らの(何が?)甲子太郎(谷原さん)が出てました。出演者の名に谷原さんがあったとき、甲子太郎のイメージで(笑)花沢類役かと思ったら違った~~~道明寺でしたよ。藤木直人が花沢類でした。

道明寺は、ドラマより元気でアホでした(笑)

花沢類は、ドラマより弱い感じ?ベジタリアンで、体育は汗かくから嫌いだそうです(笑)ヴァイオリンは弾いてました。体育嫌いなんて、なんだか素敵です。

牧野つくしは、ドラマより元気。

映画全体としては、映画というよりちょっと長めなスペシャルドラマ程度。設定が高校じゃなく大学に、つくしが入学して来て話が始まるという感じでした。

藤木直人を小栗旬に脳内で変換して見たから(爆)なかなかでした。でもドラマの方がずっとずっと良いですね。胸キュンシーンは一つも無いし。アホっぽい甲子太郎を見たい人ならお奨め。このころは演技も下手です。

話は変わるけど・・・・

←道明寺を除いてF3の対談載ってました。

ドラマの名シーンランキングも載ってたりで終了後なのに花男でいっぱい!な内容でした。嬉しかったですが・・・・

F3の3人とも、花沢類が嫌いだそうです。もちろん小栗旬本人も!あ~旬カーベル本人からそんな言葉を聞くとは(泣)

ストーカーみたいで恐いそうです(爆)女性がなんで花沢類が好きなのか全く解らないそうですよ。

ストーカー???確かに、あんな時もこんな時も、いつも困るといつのまにか登場してたな~ストーカーと言えばストーカーくさい・・・・・

あと訳わかんないとこも、嫌いみたいですよ。訳わかんないとこが、いいんじゃないの!花沢類に負けず、斎藤一もオダギリジョーも良くわかんないぞっ!

この記事読んで、自分が謎な人が好みと、ハッキリ分かりました(笑)本命バンドのラブリーさんも、バンド内で一番、意味不明で伝説をいっぱい持ってます。

わたし的に、大好きなシーン、病院で寝てるつくしに花沢類がキスして、超可愛く「ダメだった?」みたいなこと言ったとこ!このシーンも、けなされてました。男はこういうことは嫌いらしい・・・

朝まで時効警察!復活直前~傑作選&番外編

すごい番組名です(笑)地上波放送(テレ朝)「朝まで時効警察!復活直前~傑作選&番外編」

やっぱり「朝まで・・・・」だから田原総一郎司会なんでしょうか?ウソです(爆)

内容はPR特別編が15分と時効警察1、2、9の再放送だそうです。
4月7日(土) 25:25~28:35

なんかテレ朝、ものすごい力入れてますね~前回と大違い?!前回が好評だったからだね。

いや~それにしても「朝まで時効警察」という響き、某テレビ番組を思い出すけど、それとはまた別に「朝まで斎藤一」とか「朝まで霧山修一郎」と言う言葉が浮かんでしまった(きゃっ!)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ