久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

会津旅日記@日新館&番外編

つづくっ!と書いて、だいぶ間があいてしまったけど残しておく(笑)

0808hukusima14

↑これ見て下さい。ラーメンです。写真で見ると解りづらいですが、お箸の大きさやコップの大きさで、どんぶりの大きさを見比べてみてください。土鍋くらいの大きさに近く巨大なんです。大盛りを頼んだわけではなく普通に頼んでこれです。日新館の入り口にある楽故亭で、食事をオーダーすると全てお椀やなんかがでかいのです。会津では、よくでかいお椀を見かけますよね。

私は事前に情報知ってたので(笑)連れと、半分ってことでオーダー。他にサイドメニューも楽しむ。知らないで普通に一人一個でラーメンを頼んでた家族連れなんかは、お父さん以外は食べきれず、子供とかは顔よりでかい器に、驚いて楽しんでるものの食べるの必死ぽかったです。でもそれはそれで楽しい旅の思い出?

ラーメン(醤油味)は喜多方風で、美味しかったです。喜多方ラーメンで妙に凝った感じのやつはあんまり好きじゃないんですよ。喜多方=素朴を求めてしまう私には、日新館のラーメン、絶品でした!チャーシューが肉厚で激ウマ!

080826_2336

ついつい購入してしまった白虎隊まりもっこり(爆)白虎隊の学び舎で、こんなふざけたキャラが白虎隊の旗を持って売られていて良いのだろうか?(大笑)

そして、それとは別に買ったストラップには、全く関係ないと思われるのに「ならぬことは ならぬものです」と印字されてる紙が入ってました。これこそ会津魂です(感動!)なので、まりもっこりとコラボで写真撮ってみたよ(おいっ!)

0808hukusima9 ←こんなブツも売られてました。

購入はしてませんが写真だけ(おいっ!)

ということで旅日記はこれで終了。。。

実は本当というか最初の旅目的は会津じゃなく、大正ロマンと昭和レトロ(初期)なのであった~

080826_2339 ←これ!

お陰で日光街道で山越えを自分の運転で果たし、生まれて初めて道路を渡ろうとする鹿を見かけたよ(驚)人が立ってると思ったら鹿でした。バンビちゃんでした!普通に国道?県道?なんですよー。道の脇には時々、昔の歩くような車の入れなさそうな道らしきものも見かけた気もしました。あの人も歩いたのかな~?と妄想炸裂。東北道や新幹線じゃ味わえない妄想です。

時代も狙ったわけじゃないのに、昭和初期→大正→幕末という流れとなって楽しい旅でした。思いつきで結果こうなったわけだけど、ひとつのテーマで旅するのも良いけど、こうやって時代を遡るみたいなのもテーマばらばらでもリアル感があって良かったです。

明治維新(BlogPet)

きょう譲くんはももは明治維新を旅するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「譲くん」が書きました。

オダギリCSジョー報

超久しぶりのオダギリねたです。

だってねー今、こんなネタばっかりなんだもん→オダギリジョー出演作ヴェネチアから世界へ

非夢も海外作品だし、活躍はほんととっても嬉しいんだけど、なんか寂しい乙女心(笑)

で~CS情報だった!比較的、みんなが見やすい?日本映画専門チャンネルで、プラトニックセックスが8/27(水)24時~放送。

同じく日本映画専門チャンネルで、ゆれる9/6(土)20時~放送。

ゆれるは、割と最近?の作品だけど、プラトニックの方、懐かしい!とは言っても、実際に公開中の時はファンじゃなく知らなかったけど、組ではまって、作品見まくりだした2004年の夏。当然見たです(レンタルで)

斎藤さんが突然茶髪だったり、あんなシーンがあったりで(笑)ちょっと微妙な気分だったよあの頃。

映画的にはごく普通な映画ですが、切ないストーリーでした。あっ!今思えば、オダギリの役名・・・トシじゃないの!トッシーって呼んじゃだめだよ。

篤姫トークショー

あさぎさんのとこで今週お忘れ無く!と書いて下さってたんで(ありがとう!)うっかり見逃さず録画でき見れました。これ最初の放送は、九州のNHKの放送だったんですよね。

堺雅人さんと宮崎あおいさんのトークショーでした。

この二人トーク中も、御代と上様でした。仲良し夫婦に見えた。ちょっと強い篤姫が、お坊ちゃまな上様を、リードするあの空気が素のトーク時にも発動してましたよ。

宮崎あおいちゃん・・・すごい役者魂な女優さんで驚き!上様に初めて「次の将軍は慶喜様で」とお願いするシーンの時、「このセリフ言えない」と言い泣いたそうです。家定様がとっても好きになった時に、父親から頼まれたことを言うなんてできないと思ったらしい。言えなくて泣いてた時、周囲が、それが篤姫そのものの気持そのものじゃない?って、なったらしいです。結果、家定への想いと実家からの密命?の間で葛藤しつつそれでも、話をきりだすという名シーンが生まれたんですね。あの時、篤姫が可愛そうで、泣きそうになったもん。幾島には「早く言え!」と、ずっとせめられてたしね(笑)

あの若さでこれですから・・・すごい女優さんですね。

家定と言えば、私達一部マニア(笑)には、山南総長なんですが、お客さんの質問ででましたねーマニア仲間かしら?

山南さんと家定様、どっちが演じやすかった?的な質問。

堺さんが、組の時の方は皆で役をつくっていく感じで、そういう意味で楽しかった・・・と言いかけたら速攻で御代様が「今は?」と突っ込み、一瞬固まる家定様(笑)そして、違うんだよ「御代」となだめるように言い訳?説明?を始めた。役柄通りの、夫婦っぷり!同じ大河である「組!」に、ややジェラシーな宮崎さん!可愛いです!

でも、家定様に「御代」って言われてる宮崎さんに私が、ややジェラシー

えっと今週は家定祭です(笑)23日に局長の番組スマステに堺雅人さん登場!前例によると(笑)またマニアな同士の質問でるかしら?

会津旅日記@日新館

大内宿を出た後、時間があれば斎藤さんのお墓に寄りたかったのですが、新幹線の時間の都合により今回はパス。鶴ヶ城も横を通って素通りし(泣)会津藩校日新館に行ってきました。

ここは電車で行くとアクセス悪いのでレンタカー有りの時に行っておかないと!と思ってね。でもなんと今秋から会津若松駅から路線バスがでるようになるみたいです。武家屋敷やお城よりも、中身はかなり見ごたえあるので、是非!とお奨め・・・

藩を理解するには、教育を見れば解る。人の思想やなんかは、ほぼ教育で決まってしまいますからね。日新館は文武両道を教育する総合学校だったそうで、一定以上の藩士の子供の入学は義務づけられてたそうです。

0808hukusima12

↑入り口には、ど~んと、容保公のお孫さんで福島県知事もやった方の文字が!二年前まで、この方生きてたんですよね。。。容保公のお孫さんがほんの2年前まで生きてたなんて、なんか不思議。だから幕末って、そんなに昔じゃないんだ!みたいな。

0808hukusima11 0808hukusima13

↑門のとこには当然この紋←ダジャレではありませぬ!

会津三つ葉葵を見るとなぜ興奮してしまうのでしょうか?血が騒いじゃうんですよ私(笑)

0808hukusima1 0808hukusima5

0808hukusima2 0808hukusima3

中は相当広く、見るものや資料が盛りだくさん!(武家屋敷よりでかいです)白虎隊の学び舎ということで、白虎隊士がこの建物で学んでる姿が人形で復元されてたりもします。子供の声であの「什の掟」の音読?も聞けます。こんな子供達が、生徒達が、悲劇に見舞われるかと思うと、哀しくなってしまいます。そう感じるくらい、この中に居ると当時の建物の中に居るかのような錯覚に陥ります。

0808hukusima10_2 0808hukusima4

0808hukusima8 0808hukusima6

0808hukusima

↑大河「風林火山」に御出演の馬(500円で乗れます!)ちゃんとカメラ目線してくれてるように思えたのは気のせい?

馬ひいてくれる人ちゃんと居たので、馬乗りてぇぇぇって思ったものの、夏休みのせいか乗ってるの子供しかいなく自粛しました。だって大内宿でも、子供にまぎれて(爆)御用改めしちゃったんだもん。

他、弓できたり赤べこの絵付けできたり、あとなんだっけ?(忘)資料みたりするだけじゃなく、何かと盛りだくさんの日新館です。なので時間に余裕を持って行った方が楽しめると思う。。。時間なかったからな~残念。

そして、日新館にはとっておきの?もの?があったのだ~が・・・今日はここまで。次回につづくっ!

篤姫

和宮登場しましたね。やっと?!いよいよ幕末色?が強くなってきた感じがして楽しみ倍増!大河はハズレの時はこの時期になると見るのダレるのですが、今年はダレそうもない。

今年の大河見るまで、篤姫の生い立ちとか薩摩でのこととかは余り知らなく、大奥で和宮とのバトルなイメージが私の中で強烈(笑)約束守れよ将軍家!和宮かわいそう派・・・だったんですが、篤姫の色々なことを知り昨日の篤姫の武家の誇りみたいなのを見たら、すっかり天璋院派になりそうです(笑)

それにしても堀北真希、あの格好してみると意外にも和宮ご本人のイメージっぽくて驚いた。宮崎あおいは、あまりにも可愛らしく美人で篤姫本人とはほど遠いビジュアルなんで。

さてさてちょっと気が早いけど、家茂様が京に行く頃、あのお方達はでてくるのかな?楽しみです。というか、だせっ!

会津旅日記@大内宿編

やっと憧れの大内宿に行ってきました。テレビで見ては、いいな~♪会津キャンペーン(笑)ポスターやパンフを見ては、行きたいな~♪と、ずっと思ってました。だってあんな古い建物に進入すれば、斎藤さんがどっかで、ゴロッとしてそうじゃないですか?(違)

レンタカーを借り、山道にもやや慣れた頃に大内宿へ・・・ナビよりも地図派なので、大内宿なら看板出てて、解り易いだろうと、ナビをOFFにしたら、とんでもなく細い山道に入りこんでしまい、他に車1台も見かけなく、すごい恐かったよ。でも「大内宿」という標識でてるんですよ・・・だから間違いではないけど、ものすごい旧道?今思うと、標識が小さくすごい古っぽかたっよ(泣)

大汗かいて超レトロな標識の通りに進むと、広い通りに抜け首都圏ナンバーの車が大量に現れ、ひと安心。遭難しなくて良かったです(大袈裟)

やっと憧れのかやぶき屋根で癒され、妄想できる~と、はしゃいでた私に衝撃の光景が!

0808hukusima15
↑山の中にものすご~い車の列!駐車場が空いてない。

この行列に並ばずに、ふっと空いたとこに運良くスッと車を停めて歩き出すと、車誘導&歩行者誘導用の笛の音が、あっちこっちピーピーうるさい(笑)江戸時代にタイムスリップしたかったのに・・・・・なんか違う。あぜ道みたいなところからは、タクシーが次々に到着(すげぇ!)地元の運転手は道いっぱい知っててさすがと思った。こんな光景を、昔の人が見たらビックリだね。

0808hukusima21 0808hukusima20

0808hukusima16 0808hukusima17

人がぞろぞろ歩いているので、写真がほとんど撮れなかったです。撮ろうとすると、たくさんの人の顔が写ってしまい、癒しな気分とはほど遠い感じでした。夏休みだもんね~仕方無い。真ん中に流れてる小川のところどころには、トマトやきゅうり、ラムネなんかを冷やして売っていて、とっても素敵だったんです。水も冷たく綺麗でした。でもそういう場はたくさん人が集まっていて、冷たいトマトを頬張る気持にはなれませんでした(泣)

両脇にずらっと並ぶ茅葺の建物全てが色々なお店になっていて、手作りのお土産物が売ってたり食事ができたりで、混んでいなければほんと素敵でしたよ。行列のできてるお蕎麦屋さんもありましたよ。あれだけの人が待ってるんだからきっと美味しいんだろうけど、お腹減ってないし暑かったんで、行列ができてないとこで、ところてん食べました。美味しかった~なんで会津のところてんって、あんなに美味しいんだろ?

大内宿は江戸時代の参勤交代のための街道整備の時に、できたみたいです。本陣にはちゃんとお殿様用の玄関がありました。本陣には(復元)有料で中に入れ、古い時代の生活が体感でき面白かったです。

0808hukusima18
↑本陣の中2階の小さな窓から見た外の景色。
はしごみたいな階段だったんで、子供以外あまり上ってる人いなかったんですが、御用改めのためちゃんと進入(爆)ここからの景色が人が視界に入らなくて、一番江戸気分だった。

ある程度の混みは予想していたけど、あんなにすごいと思ってなかったのでビックリな大内宿でした。でも町並みの保存のためには、お金も必要だから、こうやって人が訪れた方が良いんでしょうね。今度は夏休みとかじゃない普通の休日に行ってゆっくりと江戸時代気分を堪能したいです。

宿は車で40~50分程度の温泉に泊まったので静かだったから正解でした。藁葺屋根の癒し!なんて望んでたら、とんでもないことになってましたね。良かった。

080817_1634

録画(BlogPet)

きょう譲くんが彰義隊とか予感しなかったよ。
それで発見しなかったー。
だけど、録画しないです。

*このエントリは、ブログペットの「譲くん」が書きました。

会津旅日記@予告

旅に出てました。帰宅後、熱を出してしまいずっと寝てました。微熱なので、すごい悪いというほどでも無かったんですが、ずっと寝ながらテレビ観賞。CSつけっぱなしで、寝ては見てまた寝ては見るみたいな・・・お布団生活送ってました。やっと今日起きてます。

CSでは時期的に、チャンネルによりずっと戦争映画。好きなので、相当な本数みました。大好きなラストエンペラーも見れましたよ。あっ、戦争映画の戦闘シーンが好きとかじゃないですよ。なんで戦争に突き進んでしまったんだ~と、考えるのが好きなんです。

会津の日新館で、会津魂に洗脳されてきたばかりの身だと、満州で再び皇帝にと、軍が利用?するやり方が、幕末と変わんないな~と思ってしまったよ。

幕末や明治維新のあれこれは、けっきょく色々その後に繋がってるなーと思った。どの映画見ても、政治絡みのとこは、そういうポイント満載でした。

ってことで、会津旅日記、また後日(笑)時間の都合により、今回は斎藤さんのお墓は立ち寄れなかったよ(泣)

きょう譲くんが見舞いした(BlogPet)

きょう譲くんが見舞いした。

*このエントリは、ブログペットの「譲くん」が書きました。

やった~夏休みだ~

頑張ったよ自分・・・ほんと頑張った(やや大袈裟)明日からお楽しみの休暇です。今年の休暇はいつもの何倍も嬉しい。仕事大変だったから・・・だって、名刺にいけてない写真プラス○長って、ついちゃったんだもん(泣)隊長とかだった良かったのに(おいっ!)

そして明後日に旅立つのに何もしたくしてない。旅先でレンタカーで移動もするのに地図の用意もしてない(爆)当然宿泊先の地図やなんかもまだ無い。それどころか宿名すら、ハッキリ覚えてない。。。いつものことだけど、このいいかげんさ(笑)

無事に会津入りできますように~直で行かないから不安なのです。新潟入りしてたら、どしましょ?

新選組始末記 最終回

やっと見れた最終回。最終回だけがなぜか数週間空いての放送でした。残るはあと1回ってとこで夏休み日程になってしまったCS、ナイスです(笑)DVDとかビデオ化されてない作品なので観れて良かった、長かった。昔のドラマはほんと長いねー

このドラマの全体的印象は演技が舞台っぽい(大袈裟)んで、近藤さんが全て完璧に描かれていて、土方さんは、多摩のけんか好きな江戸っ子みたいな感じでした。よくある近藤さんが、お山の大将のまんまで頭脳派の土方さんが支えるみたいなパターンでは無かったです。沖田総司は篤姫で活躍してた阿部老中。この頃まったく和装が似合わない。他でも沖田役やってたけど同じ事思った。阿部老中は格好良かったのに。ここでの沖田は、病気が悪くなると弱音?を吐いたりイラッとしてみたりと、何かと人間らしい沖田でした。

最終回の前が、流山の近藤さんだったんですが、薩摩に捕まっても薩摩藩は大久保大和ということにして見逃したがってた。でも土佐藩が、それを許さず(池田屋での恨み)必死になって元隊士を探し、結局、近藤さんとバレル。「近藤だ近藤だ」と騒いで怨んでいたのは、両藩とも元下級武士みたいな感じでした。そして近藤さんは立派な最後を(泣)

んで最終回では、日光まで行った土方さんが「会津で会おう!}と斎藤に任せ、千駄ヶ谷の沖田のとこにお見舞いに戻ってくる(おいっ!)沖田は薩長が探し回ってるので、植木屋さんの納屋に隠れてました(悲)そして、土方さんが「近藤さんもみんな元気」とウソをつくと、勘が鋭くなってるため、うそだ!と、土方さんと大喧嘩。でも最後はもちろん仲良しでお別れ。

佐之助は彰義隊に入り上野でお亡くなりに・・・最後まで「新選組だ~!」と叫んで戦ってましたが、彰義隊・・・なんか不自然(笑)そしてな~んと彰義隊に居た永倉さんが、会津に戻ってくるという不思議が(おいっ!)白虎隊のりっぱな最期を褒めたり、会津藩の女性の戦いを褒めたり、さすが会津藩!と褒めまくり・・・なんだか妙なシーンでした。言ってることは、いちいち納得でしたが。

会津が破れ、土方さんは函館に向かおうとする。そこに斎藤が、もちろん!という感じで着いていく。そんな~このドラマでも、斎藤さんIN函館

在り得ない・・・と思いつつ、五稜郭云々はほとんど無しで終了。土方享年何歳とか永倉さんは、何歳まで生きたとか、テロップで登場する。昔のドラマ独特の静止画像に字のやつ。

がっ!函館まで行ったはずの、最後まで土方さんと登場してた斎藤さんのその後の説明無し!永倉さんはあったのにっ!斎藤さんは函館に行ってそれからどうしたの???お亡くなりになったのか?それとも、いつまで生きたとか知りたいんですけど~気になるんですけど~誰か教えてーーー

そんな最終回でした(どんなだ)

で、このドラマの池田屋シーンが唯一あったので貼りました、最強に長い斬り合いシーンでした。綺麗な斬り合いじゃなく、殺陣の見せどころでもなく、ボロボロになって斬り合ってた感じで、本当はこうだったんだろうな~と気にいった記憶がある。池田屋に関するあれこれは、三回にも分けて描いてたよ。これも珍しかった。見れるのはほんの一部ですが、未見の人どうぞ!

懐かしい日野のまちかど写真館新選組の街

8月8日(金) テレビ朝日 9:55~10:30「ちい散歩」

この番組のこの日のお題が「懐かしい日野のまちかど写真館新選組の街 」となっています。が、平日の午前中なこの番組見たことも無いので、どんな番組かも解らない。

が、一応番組予約しておきました。お題からすると、日野紹介がメインな予感もしますがね。

マニアックな方の斎藤さん(笑)(BlogPet)

ももの「マニアックな方の斎藤さん(笑)」のまねしてかいてみるね

調度、なんだこのタヌキ顔は、去年の大変でした~強いとこ)で、いったい自分は(笑)で出演して見出すと我になんで夢中になんで夢中に夢中になんで夢中になんで夢中に還ってます。
毎日放送でね!
後輩思いだった時、去年の人は!と、すげ~注・この番組。

*このエントリは、ブログペットの「譲くん」が書きました。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ