久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

オダギリCSジョー報

フジテレビONE及びTWOの番組「男おばさん」にオダギリジョー出演。

「さくらな人たち」の監督インタビューだと思います。

フジテレビTWO7/30(木)9:30〜9:50

フジテレビONE7/30(木)17:30〜17:50

フジテレビTWO7/31(金)13:30〜13:50

フジテレビONE8/1()10:40〜11:00 ・15:30〜15:50

他再放送有り

今月発売されたDVD

まだ見れてません。

今週末には見れるかな?

いや見ないと・・・・・・

今月でCS放送のクウガの放送も終ります。寂しいな・・・

と言いつつ、録画録画録画・・・しっぱなしで見れてない(忙)

2004年の大河で斎藤に惚れ、出演映画やドラマを全て見終わって、もう見るものなくなって、もうこれしか無いな・・・と見たクウガ。2004年の夏休み中でした。こんな子供番組を見るなんて・・・と思いつつ、すっかりハマッテ連続でレンタルしまくってたな。夏休みだから、いっきに見れた。

あの頃LIVE行き過ぎて疲れてたからなー(笑)どんなに見に行っても行っても、常に手元にはチケットが何枚もあり、ひどい時は今日は、なんのLIVEだ?と解らないまま身体だけ動いてたことも(笑)

あの夏からもう5年。

ってことは、このブログももうすぐ5年になるんだなー

夏が来ると、あの年の夏を思い出すよ。なんか。

今年の夏休みは、まだ旅の予定をまだ入れてない。なんだか忙しくて、先々の計画する気持の余裕ないんだよねー

ゆっくり、クウガ観賞なんていいかも?とか思ってます。

秋休み(連休)あるしなーーー(迷)

私は徳川慶喜(号泣)

あさぎさんのとこで、知った幕末志士診断

私ったら、どんな幕末人物?どうせなら左幕の方で出ると良いな~と期待に胸を膨らませ、質問に答え診断!

結果・・・・・・

あなたは、大政奉還を行った江戸幕府のラストエンペラー、徳川慶喜です。

えぇぇぇーーーーー

会津贔屓の身としては実は一番、このやろっ!って思うのはやっぱ慶喜なんですよ・・・なんで???

史実の慶喜の人物説明が書いてあったけどスルー。えー何やったか、よ~~~く知ってますもの。

で慶喜と診断された私の性格?↓

超現実主義で超常識人。正しいと思えば、逆境でもそれを貫くことの出来る才能と行動力がありますが、その行動があまりにも突飛だと、人から正しく理解されないこともあります。その物事を客観的にとらえる冷静な目は、重要な局面で大いに発揮するでしょう。柔和な考えを持ち、周囲と協力して物事に取り組みましょう。

「貫く」「行動が突飛」・・・この言葉に思い当たるフシが一杯あります私(笑)

けっこう頑固(いやかなり)なので、「柔和な考え」といのもドキっとしいています。

遊びの診断と思いつつ当てはまる痛い部分が・・・・・・(笑)

薄桜鬼WEBらじお「新選組通信」

またまた、あいらさんのとこで知り速攻で飛びました(笑)

ゲーム「薄桜鬼」の声優さん達で、WEBラジオ「新選組通信」という番組が始まりました~

ゲーム知らなくてもなんだか嬉しい!ゲームやってなくて番組だけ聴いてるやつは、らせつ隊行き(らせつ隊で合ってるか?)と近藤さんと土方さんが言ってたけど、私はらせつ行きです。そこは、どんなとこ?(笑)

それにしてもいままでネットラジオとかって、好きなミュージシャンとかのを聴いたりすることしかなかったけど、まさか新選組関連で聴けると思わなかったよ。入隊希望の人達の必死さがすげー面白いよ(爆笑)

ゲーム知らなくても、なんだか3番隊に入隊したいよ。

本日の天地人

いやー伊達政宗、格好良かったですね!

それにしても、なんかあんまりにも家康が悪者で描かれてるので、うんざりしてきたよ。私は家康好きではないけど、単なる三つ葉葵好きなんだけどさ(なんだそれ・笑)上杉の清廉潔白を強調するために、完全に黒役になってるよ。関ヶ原の描かれ方がなんだか心配です。

信長ファンとしては(笑)信長の子を使って、秀吉が策謀をめぐらして信長の後に続いたこととかをもっと描いて欲しかったし、けっきょく後で家康に同じようなことされる秀吉なわけだから、家康だけ黒強調ってのが納得いかないなー

たとえ西軍にラブリー俳優が二人居ても、そこは納得いかん!

それでも三成と家康の、関ヶ原を連想させるバチバチな本日のシーンは、目に染みました。三成様の白い陣羽織姿・・・目の保養になりましたぞ。あの格好なら、小次郎と同じ位素敵です。

あと今まで、そっと座ってただけの宇喜多秀家がやっと喋りましたよ~

さてさて関ヶ原の時は、どっちを応援する気になるのかしら?私(笑)

それにしても歴史って、なんか色々絡みあってるよねー。この伊達が江戸時代になり仙台藩ができ、そこの見張り的な、奥州で何かあった時のために会津藩が松平になったんだもんね。。。

ついつい戦国の世の話を見ていても、幕末に思いをはせてしまいますです。

WOWOWで「ムサシ」観劇

いやー良かったこれ。テレビで見てるのがとっても残念な気持になりました。面白かった~

本編放送後は、旬と竜也君と鈴木杏さんの対談有り。蜷川さんのインタビューも有りで、これはテレビだけのお楽しみね(笑)役者さんの対談は、大阪公演中らしく、声がお疲れの旬がちょっと心配になった(もう終ってることなのに・笑)

ストーリーは、意外なことにいきなり巌流島から始まる。いきなりクライマックス???と思ったら、ここで佐々木小次郎(小栗旬)が生き残って、この大事な決戦に大遅刻をしてきた武蔵(藤原竜也)に、あのやろ~半日も俺を待たせやがって!だからまともに戦えず俺は負けちゃったんだーあの卑怯者と絶対再び戦って、決着をつけてやる!と、巌流島後のお話だったんです。

そんな小次郎の執念だけでなく(笑)あの徳川家剣術師範の柳生(恐らく、むねのり)が絡んでくる。武蔵に小次郎に柳生・・・すげー豪華な剣剛ばかりなんですが、笑えるシーンが多くて、こんな剣剛達が何やってるの?的な(笑)

一番笑えたのが、小次郎が剣のど素人に剣の基本の構えを教えてる時に、武蔵も柳生も一緒に習ってる人達と同じ感じで、型をやりだすんですよ。最初はジッと見てただけなのに小次郎の指導に身体が動いちゃう、大物二人(大笑)

実は柳生はご本人じゃなかったというオチも後であるんですがね。

まーなんと言っても、蜷川さんに育てられたようなお二人の豪華共演っていうのが、あんまり素敵すぎでした。

竜也君は、ほんとなんて言って良いのか・・・舞台上ではすごい貫禄があるのよ。武蔵のややクシャクシャ頭でも、そこがなんとも色っぽく・・・パッと映るそのお顔に、いちいちキュンキュンしちゃった。

旬はねーもー小次郎ヘアーがほんとお似合いで、すげー長い剣持っていても負けない長身&手足の長さ・・・立ってるだけで、うっとり(笑)こんなお二人の共演は豪華すぎでしょ?参りました(何?)

舞台自体は、蜷川さんお得意の、客席も舞台な演出有り。あれ初めてだとビックリするのよ。お話の最後は、ライバル二人に、命を無駄にするな的な終わり方でした。柳生偽者っていうのは、実は亡くなった人で、武蔵と小次郎以外は実は、すでに亡くなってる人達でした。生きてる時のその瞬間が、憎しみでも悪いことでも、死んでみるとそれはそれで輝いてる思い出になる。生きてることは素晴らしいことだから、無駄に命をかけて戦うみたいなことをするな・・・と教えてくれるんです。

イケメン二人の和装にもウットリでき、お話もなかなか良い終わり方で、笑いの中にこういう教訓くさいことが盛り込まれてるバランスが大好きです。

小栗旬の小次郎姿が麗しすぎて、三成ピンチっ!(何?)

2010年大河ドラマ「龍馬伝」キャスト発表

関ヶ原の世界に埋没していたら(笑)あいらさんのところで、キャスト発表があったと知り、即、NHKドラマサイトを見て来ました。

キターーーーー要潤(沢村惣之丞役)顔好きなんだ~要潤。和装はどんなにお似合いかしら?

大河では(ここ大事)斉藤一が似てると言われてた岡田以蔵の役が佐藤健なんで、かなりガッカリ・・・・・泣きそうです。

こうなったら来年の私は沢村惣之丞を追ってやるぅぅぅ!と言いつつ詳しく解らない。えっと~土佐藩に詳しいPさん、詳しく教えて下さい!今は、関ヶ原が忙しく読書が無理なのです(笑)

あと、香川照之始め、演技派揃ってますね~来年の大河。歴女乙女を強烈に意識した今年とは大きく違う気がします(いまのところ)そこは楽しみだな。

不安なのは竜馬話は既に飽きてるんで、飽きないで見れるか?って事と、あとは、佐幕の人々がどんな風に描かれるか?ですね。

新選組は出るのだろうか?慶喜は誰がやるのか?とか・・・幕末だけに色々興味深い。

はぁー大河ドラマで、隊服着た隊士達みたいよっ!

舞台「ムサシ」WOWOW放送

蜷川幸雄演出、藤原竜也・小栗旬出演の舞台「ムサシ」が、7月18日(土)WOWOWで放送されます。

これ竜也君との共演だし、かなり見たかったんだけど、なんでかな~?チケ取りの時点で気分が挫折してたんだよね。

確か他の何かで、チケ争奪選やっていて、そんな気分じゃなかったような記憶が(忘)舞台そのものは今年の春だったけど、蜷川演出で小栗旬出演となると、ものすごい前にチケエントリーしなきゃいけなくてね。なんでエントリー止めたか記憶がハッキリしない。

エントリーしても取れた気がしないけど(笑)争奪戦は運も大事だけど、頭使うからね~

なので見れてないので、テレビで観れて嬉しいです。

竜也君は武蔵役ですが、和装姿に総司を探してしまいそう。

本日の天地人

三成様の変な髪形隠した(笑)綺麗な真っ赤なお姿を堪能。その隣に座る一瞬登場の宇喜多が目の保養なだけでした。越後の話にあまり興味が無い・・・

来週は、やっと政宗登場なんで、内容盛り上がるでしょうか?

長州ファイブを見て、松田龍平の演技が素敵だったんで、伊達政宗登場が実は楽しみだったのです。どんな政宗を演じてくれるのか?

あっ・・・今日の、初茶々。あれも私の中での茶々のイメージにピッタリだったんですが(笑)私の中では若い美女に、そそのかされ失敗していく猿・・・のイメージなんですよ。なんたって、お市様の忘れ形見ですからねー

戦国と幕末 追記

昨日書いた本、読書終了!

今年の天地人を見ていて、幕末ファンとして気になるとこは、この家は幕末にどうなってたんだろう?ってこと

戦国と幕末 (角川文庫) と、いうお題にふさわしい内容が、やっと会津藩の悲劇の章にあったよ。

義の上杉家。幕末は米沢藩よね~確か・・・と、ぼんやり思ってたけど、具体的に米沢藩が何したとかはよく知らなかった。

容保公の世子・松平喜徳が、官軍の「会津を討て」の命のあった危機に、米沢藩主・上杉斉憲に、官軍とのとりなしを頼んだらしい。

父は、公武合体に力をつくし、孝明天皇からの信頼も強かった人、なのにこのように朝敵の汚名をきせられたと。

その時、上杉斉憲は、心をうたれ、仙台藩を中心とし会津を救おうと諸藩に呼びかけ、これが奥羽列藩同盟のきっかけとなったそうです。薩長相手では、とりなしも失敗だったし。

上杉バンザイ!と心の中で拍手した。

そして更に自分の無知さを知る衝撃?(笑)の内容が~~~

あの佐久間象山って、真田幸貫の家来だったのね。真田の家来とは知らなかった。真田幸貫の名より、佐久間象山の方がインパクトがあった私って・・・・・・どんだけ偏ってるんだよと思った(笑)真田と言えば、戦国の世で私の中では何かが終ってたよ。幕末と戦国と繋がってるのは、私の脳内では島津と毛利だけだった。

真田幸貫は養子で、親は白河藩主の松平定信。定信は将軍吉宗の子だそうです。斉憲は戊辰戦争突入寸前前に亡くなってるんですが、その後の真田家の動きが気になります。白河藩は、当然こっちなわけで、継いだ人は誰???そこまで載ってなかった~残念。

こういう部分が収穫ある内容でした。詳しくは書いてないけど、満足!

天地人が、ちょっと面白くなりそ♪俳優に萌えてるだけじゃね~(笑)

戦国と幕末

戦国と幕末 (角川文庫)

「戦国と幕末」
これって今の私のための本???と即購入(笑)

宇喜多秀家の島流し先八丈島での有名なお酒にまつわるエピソードが、載ってました。

真田家に関してはちょっとだけ長めに書いてありますが、関ヶ原と大阪城落城とか書いてあるので、ビギナーには読みやすく良いかも(色んな事が、かいつまんで知れる)

戦国が終り、幕末の方にもう読み進んでますが、知ってることばかり。永倉さん贔屓なので永倉さんの話が多い。孫と映画によく行って「新選組の隊士達に見せたかった」と言ったエピソードとかね。あと土方さんもちょっと登場。斎藤は皆無っぽい。

後で会津藩の悲劇の章もあるので出てくるかな?(謎)

戦国と幕末の間に、なぜか忠臣蔵も載ってます(笑)ちょっとこの題名の本で違う気もしますが、忠臣蔵に関しては恐らく本で読んだことは無いので興味深かった。

関ヶ原→大阪落城→忠臣蔵→幕末へと、かいつまんで載ってるので、マニアには満たされないけど、一冊の本で色々な時代がモーラできるので斬新でした(笑)

池波正太郎って、創作ドラマ原作のイメージが強く、なんとなく敬遠していて今まで読んだこと無いと思うんだけど、文体にちょっと興味沸いた。これは収穫です。

ぼくの妹DVD


ぼくの妹 DVD-BOXが、もう予約開始しています。

9月16日の発売です。

こんなにドラマのDVD予約開始って、早かったけ?

←サントラ発売中~

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ