久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

天地人展

埼玉の越谷イオンレイクタウンまで「天地人」展を見にいってきました。連休明けてから、三成ファンさんのとこで宇喜多の鎧兜が展示されてると知り、展示期間が昨日の日曜迄だったんで、慌てていきました。

宇喜多ものは、二度と展示などされないかも?!と必死に(笑)行って見ると余りに巨大なイオンレイクタウン・・・なんで連休中に気付かなかったんだ~と後悔(笑)

090926_1849_2 Mitunarikabuto_2

まずは先週見たばかりの三成の鎧兜。見たばかりだったんですごくリアルな気分だった。

Mitunarikimono ←よく三成が着てた着物!(触りたかったよぉぉぉ)

Daihon ←台本も有りました!(盗みたかったよぉぉぉ)

Seigun ←関ヶ原の戦いがテーマだったんで、東西に鎧兜達も分かれていて西軍のが人気者で、こういう全体的な写真撮るの苦労した(笑)

Tougun ←すっかり西軍気分で見てたんで(笑)我に還り、東軍側へ・・・天地人の家康は嫌いでも、三つ葉葵にはやっぱり興奮(笑)

他色々と撮影用のあれこれが展示されてたんですが、お目当ては鎧兜だったんでね。面白かった。

宇喜多のはコチラで書いてます。

なんかこんなのまで見にいってすっかり天地人ファンみたいな私(笑)でも直江の衣装や鎧兜は、全く見てないよ。

そして天地人展がをやっていた同じmori側の(kazeもある)3階に時代屋を発見し覗いてみる。この店急にあっちこっち出店してますね。最初時代屋を知った時はネット通販で、その頃はこんなにあっちこっち無かった。

Jidaiya_2 ←入り口にあった切腹Tシャツ(笑)シャレが気にいってしまったけど、Tシャツなど着て出勤できないのでパス(そういう理由か?)

Saitouhata_2 ←で、けっきょくこれをお持ち帰り。時代屋オリジナルもの。「会津新選組隊長」と書かれてるとこが気に入ったです。西軍武将の着た鎧が見たくて(笑)来たのにお持ち帰りはこうなってしまう。

店内はすっかり戦国武将に押されてる感がありましたが(哀)直江グッズの大さに、大河の威力を感じました。

買い物終ったら食コーナーに行き。エビスビールジョッキ有りの店を発見し(笑)そういう基準で、数ある店の中から選んで入った(笑)

ほろ酔いで見たレイク(巨大な調整池?)は夜だったんで綺麗で癒されたです。

天地人「三成の遺言」

とうとう三成が居なくなってしまいました。

斬首の時の真っ白な着物姿が、とっても綺麗で、三成の豊臣への純真な忠義心を表してるかのようにも見えた。(誰でもこういう時は白と決まってるけどね)

天地人全体のつくりに共通してるのは、最後のその瞬間をじっくり表さずに、回想シーンなどが多い。

なのでその瞬間は意外にあっさりで、泣けなかったけど、後できた。

福島正則が酔って、罪人として晒し者になってる三成のとこにやってくるとこ。

普段お酒呑めない三成が、今日は・・・と言って呑む。そして以前は共に太閤殿下に仕えていた仲間だった言う。ここで号泣してしまったよ。

小早川にも福島にも恨み言を言わずに、あくまでも豊臣のこと、世のことを心配してる。ほんと私利私欲の無い、中身も外見も綺麗な(笑)武将さんでした。

三成の有名なエピソードに、処刑直前にのどが渇いたと水を欲しがったら、干し柿を勧められて「干し柿は胆の毒」と言って断ったらしいです。

これから処刑なら体調管理のことより、普通は柿だよな~。最後の最後まで諦めずに豊臣のために働くという信念が伝わってきます。

ドラマでは、小早川に逃がしてくれと頼む。ふつう武士なら、そういうことはみっともない的なことなんだけど、三成には自分のそういうことは関係ないのね。豊臣政権を守ることしか頭になかった。これはこれでスゴイです。

三成が言い放った言葉

勝ったものが正しいとは限らない

そうだそうだ~と思いつつ、ついつい近藤さんを思い出してました。首がさらされた場所も同じだし、極刑ってとこもね。

ドラマは残すとこ8回となりまだ続くのですが私の中では、終った感でいっぱいです。

私の大好きな俳優が二人も出るというほんと奇跡的な(笑)天地人でした。

TBSドラマ 日曜劇場「JIN-仁」

10月11日放送スタートのドラマ「JIN-仁」

これ幕末にタイムスリップするお話なんですね!

タイムスリップした主人公が歴史上の人物、勝海舟や坂本龍馬に出会うそうです。

これは興味深々だなー幕末気分を味わえるのなら、こういうお話でも良いです。

明日の大河で三成が死んでしまうので新しいお楽し見つかりました。

他には史実人物でないのかな?原作漫画しらないから解からない。

俳優さん的には、桐谷健太の和装お姿楽しみです♪

関ヶ原@天地人

思ったより、上杉の戦いより普通の関ヶ原がメインで良かったです。

まずは島左近あっぱれ!大谷吉継あっぱれ!!宇喜多秀家あっぱれ!!!でした。

西軍メインの毛利、吉川動かず。

ある意味毛利家の三本の矢は、やはり三本そろって動かなかったわけで、やっぱり三本の矢だ(何?)

ねーやっぱりそうなんです。こういう人達を当てにしてた三成が可愛そうに見えたです(笑)元就の時にけっこう本気で、天下狙ってたんだから、豊臣にために・・・なんて思想が根本的にはないのでしょう。

幕末で薩長憎い思想の私に、ラブのため(笑)うっかり西軍派になりそうでしたが、やっぱり毛利は毛利でした。毛利嫌いに拍車がかかったよ。

大谷吉継は三成への友情。宇喜多秀家は秀吉への忠臣。三成も自分が天下びとになどなる気持は無かったと思え

どうしていつの世も、こういう方が負けるのだ。

けっきょく世渡り上手が勝つのか?なんか嫌だなーこういうの。

もちろん時代的にはあそこで東軍が勝っておかないと、乱世再びになるんで東軍勝利でOKなんですけどね。

小早川の裏切りの気持は、その作品により色々解釈ありますが、天地人ではまだあれではよく解からず。次回に解かるのかな?!

それにしても天地人での三成は、本気で小早川を純粋に信じてた感じで、ほんと痛々しかった。三成を良い解釈で・・・と、描かれてきた天地人のお蔭で、私も今までのイメージが変わりましたよ。

好きな俳優が演じたからかも?ですが、旬くん、ほんとあっぱれな石田三成でした。

島左近にとめられるシーン。大河で久しぶりに泣きました。鎧姿も格好良かったな~この人どんな格好しても絵になります。

さてさて何故かビデオで総集編が我が家にあった「秀吉」で、可愛い佐吉探しでもします。

関ヶ原をこの時期で迎えてしまったので、もう天地人見るのも続かなそうです。もうすぐ上杉も会津から居なくなりだろうし。

あとは来年の龍馬に期待です。新選組、でるかなー?出て欲しいよ。

再来年の大河は、とっても興味が無い感じなんで(笑)来年にとにかく期待だ。

今年だって俳優目当て以外は内容は、ほんとあれだったんで頼みます!(何?)

大河ドラマ「秀吉」のビデオがぁぁぁ

探し物を求めて、押入れの中をガサガサ探してた。

そしたら一本のビデオが・・・・・「大河ドラマ秀吉総集編」っていうラベルが貼ってある!

えぇぇぇーーーー

録画した記憶&ビデオの存在の記憶が皆無。

ラベルの字も見覚えのない字・・・・・・誰の?

今さら持ち主などきっとわからないから(おいっ!)

今日は天地人見て、悲しくなった後、佐吉→小栗旬、三成→真田広之を堪能しよう。なんてナイスなタイミング・・・

宇喜多も居るらしいし(たぶん秀家のお父さんかな?)

ビデオデッキがまだ動きますように(祈)

「お嫁に行きたい!」と思う戦国武将ランキング

大河効果で直江人気!
ベスト10の中でだったら私は前田ですね。

利家が好きとかそういう感情じゃなく、前田家はずっと安定して続いてるからね.お嫁にいくなら「安定」がいいよ(笑)

この前田家、第二次世界大戦後に華族制の廃止で、色々なものが突然無くなってしまい困り果てる華族達が多い中、これまた現実的にたくましく生きていくの。
幕末にハマル前は、こういうのにばっか興味あって↓
ある華族の昭和史―上流社会の明暗を見た女の記録
家の本棚から探してみつけたずっと前に読んだ本。
「確か前田・・・」とうっすら記憶あったけど、やっぱりそうだった。

誰でも知ってる有名な着物学院。世が世なら前田の姫様が作ったのだ(生活のために)

こんな意味も含め「前田」と思ったけど、本当は恋してるのは、石田三成と宇喜多秀家(笑)
でも嫁になりたくないよ~あっ・・・でも秀家の嫁は、前田利家の娘だ(笑)
でも自分だけ助かって夫は、罪人&遠島だから、やっぱ嫌。三成だと、嫁も殺されるので、それも嫌。

土曜スタジオパーク@小栗旬

明日の関ヶ原を控えての登場でした。

「秀吉」の時の佐吉の時の映像が流れました!今まで秀吉との出会いでお茶を出すあのシーンばっかりだったけど、「佐吉は武士になる気が無い」と秀吉に何かをお断りしてるシーンでした。なんてかわいい佐吉

ちなみに、武士になる気がなく仏門の修行をしたい的なことを言っていて、そうだったらあんな最期を迎えなくても良かったのにと思った。

だいたいの内容
・あの髪型はヨーロッパ風を意識。信長時代にすでに秀吉のとこにいたので、何か外国の文化にふれあってたに違いないと、越後の人たちとの違いを意識。
・あの髪型で、北村一輝(景勝)と最初逢った時「かっぱみたい」と言われた(爆笑)
・兼続とは自分の家で朝9時まで呑んだらしい。・兼続に、TVではクールに見えるけど本当はふざけたやつと言われてた。
・家康(松方弘樹)とは今公開中のTAJOMARUですでに一緒に仕事してたんで、出会いが天地人じゃなくて良かったと(家康役が超いじめっこだから・笑)
・旬自身は「鳴かせてみよう、ほととぎす」らしい
・タイムスリップできたら、戦国時代に今は行ってみたいらしい。
・もし石田三成に会えたら「小早川が裏切るぞっ!」と教えてあげたいらしいです。
・料理しない人だけどカレーは作れるらしい(食べたい)
・連休があったら、お家でひきもりたいらしい

ざっと思い出してみるとこんなトーク?でした。

何より印象的だったのは、蜷川さんVTRでの登場。

不良の主役やって上手いと言われるのは当たり前。そんなとこで満足するな。イケメンばっかりあつめてやってるような仕事で、満足するな。もっと上を目指せと言ってたな。才能と器量と知性があるのだから、これでは勿体無いとお叱り(笑)

旬もこのあたりは解かってるんだとね。「ありがとうございます」と言ってました。

私も、お仕事選んだ方が良いのでは?と思ったりもします。勿体無いなーと思う作品(ドラマ)あるもん。

でもイケメンばかり並んでる番組を見るのは、やっぱり時々嬉しい♪

空気人形

今月公開の「空気人形」

先日のTAJOMARU公開ですっかりぶっ飛んでましたが(笑)早いもんでもう今月公開なんですね。

この作品、今年のオダギリ出演映画で一番楽しみだった作品です。いや、今年一番の好み映画になる予感。主演ではないんですがね。映画の感じが、私の好み恐らくど真ん中。

トロント映画祭のニュース記事見ると、ものすごく絶賛されたらしく、是枝監督の人気ぶりにも驚き。チケ完売で、キャンセル待ちに長蛇の列だって。すごいね。

にしてもオダギリ(笑)自分の主役映画「狼災記」でこの映画祭に行ってたのに、「実はこの映画に出ています。気づかない方もいるんじゃないかと思います。」と、監督挨拶の時に登場。

可愛いな~やることが。他のニュース記事なんかだと「たまたま来てたから来ちゃいました」的なことも言ってたみたい。たまたまって(笑)その存在感とは裏腹に、やることがなんか可愛い(笑)

それに空気人形観て、オダギリジョーに気づかない人なんてきっと居ないと思うんですがね。

オダギリはここのとこ海外作品が続いてるので、邦画らしい邦画な是枝作品が、観れて嬉しいな。

連休中に公開だったら良かったのに、連休終っての土曜だってことが残念だけど、今月来月と大型映画公開ラッシュの中で、大型には無い本当に良い映画、これぞ映画らしい映画ってのが観れるだろうなー

会津まつり

今年は連休という素晴らしいタイミングで開催ですね。行きたいなー(遠い目)

まさか今年は天地人一色???なんて思ってたものの

さすが会津。やっぱねー違うよね(何?)

会津新選組まつり9/21に行われ、昨年同様に会津新選組隊長「斎藤一」忌もあります。

ポスターの斎藤さんの絵が、近藤さんより土方さんより大きいとこが、会津ならではです。

私の好きな作家、星亮一さんの公演もあるんですね。何が好きって、完全なる会津贔屓だから(笑)

時代劇専門チャンネルでは、栗塚祭(新撰組祭)開始したし、熱病にようにうなされてた(笑)西軍モードから、あとちょっとで戻ってきますわ。

天地人 本日の感想

はぁーーー次回は、いよいよ関ヶ原

っていうか次回、ふたつの関ヶ原って何???

どんだけガッカリな内容なんだ天地人。

もう一つの兼続の戦いなんて、どうでもいいのですがね。

今日は、会津攻めをする三つ葉葵が、すげぇぇ敵に見えてしまった(笑)三つ葉葵が敵に見えるなんて~~~!ありえないです私。だって大事な会津を攻めてくるんだもん。白河の地は、やっぱり何かあった時、大事な要所になってしまうのねーと、戊辰戦争についつい思いを馳せてしまったです。

天地人のストーリー的には、三成の挙兵を促したのは兼続なんだから、三成可愛そう(笑)促した兼続は、自分の領地を守るのが手一杯で、三成には悲惨な最後が待ってる。

佐幕派が見る、関ヶ原の視点は、とっても歪んでいて(笑)何をどう見ても、やっぱり憎い長州と薩摩なの(笑)毛利家の大事な三本の矢、吉川、小早川。吉川動かず。小早川裏切り。しょせんこんなもんです。島津の伝説の敵中突破で退散も、格好良いと思えず。

幕末のために、家康がこの両家完全に潰してしまえば良かったのに~とさえ思う。偏ってるな~私の視点(笑)でも西軍総大将は毛利なんだから、これ有りよねやっぱり。

あっ・・・話がそれちゃった。

今日の天地人は、三成のことを思うと上杉が後ろから徳川をやっつけてしまえば良かったのに!と思ったよ。景勝の頑固さにちょっとイラッとしたよ。でも結果、上杉家残るから、主君としては正しいのか?

三成の首って、京の三条河原に晒されたんだよね。この場所っていつもこうなんだね・・・・・来週は話そこまで進むのかな?

もう少し三成を見ていたいな。

TAJOMARU感想

見て来ました映画「TAJOMARU」

Tajomaru

いや~~~まず。解かる人にしか解からない感想から・・・

家康と(天地人)三成と(天地人)なんと、あの諏訪の姫(風林火山)の共演に、大河の場面が(笑)脳内でグルグル回り、やや集中できず(笑)しかも諏訪の姫だ!と、気付くまで時間かかったし・・・。

あとあれね、小栗旬とやべきょうすけのやりとりが、どーしてもクローズZEROの時の役柄の関係性と根っこが同じように見え(笑)これもTAJOMARUの世界に集中するまで、時間かかっちゃったな~基本、妄想女なんで、ダメなのねこういうの(笑)

でも良い映画だったな。

何が良かったって、脚本とあと主役の小栗旬!

主役にグイグイ引っ張られるような映画でした。

美女丸が出たほうの(ここ大事です・笑)あずみで、さっさと死んでしまったあのイケメン君が、同じく和装で、すげ~~~格好良い演技してるという成長ぶり!

時代は、室町時代・足利義昭の時。管領職という名門の家に生まれた畠山直光(小栗旬)が、義昭の勝手な?気まぐれや、兄や家臣の裏切りによって、愛を貫くために名門の家を捨て、そしてTAJOMARUになるというお話。

いやこんな単純ではないですけどね。

直光は恵まれて育ち、一点の曇りもないような心の真っ白な男だったのに、急に周囲で裏切りや、人の欲望や汚さとか見せつけられる。

その真っ白な綺麗な直光(小栗旬)が、ほんと綺麗だった(そこかいっ!)髪型が髪型だったんで、斎藤が復活したかと錯覚するほど(病気です・笑)

愛する阿古姫が、兄に酷いことをされたと知り、怒りをあらわにして雪の中を歩く直光

阿古姫が自分を裏切ったと思い絶望する直光

それでも阿古姫への愛を貫く直光(TAJOMARU)

どれもこれも魅力的でした。ほんと。

小栗旬の舞台「カリギュラ」を見たプロデューサーが、こういうのを映画で作れないか?と始まった企画らしいけど

その通り、確かにどこか映画っぽくないような感じもした。

カリギュラみたいに、あんな悲惨な決末では無く、「愛」がテーマだったわけだけど、どこが通じるものが、やっぱりあったな。ストーリーが大事で、映像にすごく凝ってるような印象はなかったけど、日本の美しさみたいなのはそれなりには出てた。

ひとつ欲を言えば、桜丸の裏切りの背景か、盗賊のお仲間が出会ったばかりTAJOMARUに命をかけるその背景か、どちらかを掘り下げてもらいたい気もしたけど、テンポを考えるとあの位のが良かったのかな?!ひとつひとつが何かと濃かったんで、あんまり掘り下げると、バランス悪くなるかもしれない。

なんたって、何があっても自分を貫くのがテーマですからね。

何度か直光(TAJOMARU)が、もうすぐ「時代が変わる!」と言う。

確かに変わります(笑)管領職の家柄とか、大納言家とか、家柄よりも実力な本当の武士の世に変わります。

そんな大きな時代の流れの先よりも、今現在に大事な家柄とか金塊に執着して事件が始まり、多くの人が犠牲になる。そのことがとっても浅はかに見えるのは、時代の先の行方を知ってるからなんですよね。

直光(TAJOMARU)は、そんなことより愛をとる。時代の流れなど関係ない。ただ愛する人と居たかっただけ、地位も名誉も関係無く。

これは男女の恋愛がどうのとかの問題よりも、何があっても翻弄されることなく自分を貫く強さみたいなのがテーマだと思えました。

強さがないと自由にもハッピーにもなれないっていう感じですかね。

まーこんな風に色々グダグダ思うことありですが、とにかく

小栗旬の和装と殺陣は格好良い(吠)

ということです。

白馬に乗る姿は最高でした~

あとスタント無しの崖からのジャンプシーンは役者魂です。

でも、来月公開のカイジのチラシを握りしめニヤニヤしてたのは内緒です。これもおもしろそう。先日偶然、夜中にアニメ見て、竜也くんとのギャップに焦りましたが(笑)でも香川照之でるし面白いよ絶対これ。総司と佐之助の共演だしね(笑)

小栗旬主演 「TAJOMARU」 Photo Book

<小栗旬(TAJOMARU) 2010年 カレンダー /p>

オダギリジョー主演「狼災記」予告動画見れた!

このサイトで見れた!当然日本のサイトではない(笑)

すごい壮大な感じ。

オダギリ格好いい!戦うオダギリは綺麗

やっとどんな映画なのかニュアンスが伝わってきたよ。

いくらなんでも映画祭出品作品だから日本で公開するよね?

これはスクリーンで見ないと!

時代劇専門チャンネル 栗塚旭の土方歳三 完全放送スタート

久しぶりの新選組話題です。

時代劇専門チャンネルの5ヶ月企画で「栗塚旭の土方歳三」完全放送です。

「新選組血風録」「燃えよ剣(映画版)」「燃えよ剣(テレビ版)」「新選組」「いのち燃ゆ」の5作品が放送されます。

新選組血風録が9/14(月)朝7時~と夜7時~スタートです。月~金の放送みたいなので、見ようと思えば、9/14から土日以外は、毎日新選組な日となるのですね。

さすがに毎日は見るの無理だし時間が厳しい(笑)以前やってた時みたく、ちょっと夜遅めの方が見やすいんだけどなー。夜7時に家に居ることほとんど無理だし、以前の放送の時録画してあるから、また録画して見るってのもなんかね。

遅めじゃなく夜7時って、ことはテレビ的にはゴールデンってことで、きっと好評だった結果と思い、それはそれで嬉しいことだ。

この中で私のお気に入りは「新選組血風録」と「新選組」です。血風録は斎藤が良いし総司も良いし、「新選組」の方は、近藤が目立っていて栗塚旭の土方にしては珍しいパターンなんだけど、その珍しさが逆に魅力的。

「いのち燃ゆ」は見たことないです。新選組がメインのお話では無さそうですが、幕末の設定なんで何か絡んでくるのでしょう、楽しみだ。

まだ見れてない人、ほんとに良い作品達なので是非見てみて下さい。録画する人達は、毎日の放送だと、HDD残量との戦いに(笑)なるので頑張って~

本日の天地人

鶴ヶ城が映った~~~!七日町通りが映った~~~!番組中ではないけど、恒例の史跡紹介のとこでね。でも嬉し♪

直江屋敷の跡があるなんて全く知らなかったし、会津田島の近くに、兼続弟の守る城があったなんて全く知らなかったよ。会津に行って、上杉家なんて気にしたことも無かったからな。

で、放送内容。

とうとうここまで来ました。もうそこまで関ヶ原。

っていうかーいつもは、あっちでブツブツ言ってる宇喜多の件(笑)今日はこっちで言わせて頂きます。

三成が家康屋敷に行く前に、宇喜多屋敷に逃げ込んでたはずなんですがっ!家康のとこに行くなんて危ないとか、言ったのは宇喜多なんですがっ!(ドラマでは兼続弟が言ってた)

今までの感じだと、そこはぶった切られると予想してたものの、宇喜多が直接に三成言ってたはずの言葉を別人が言っていて残念すぎた。

それにしても三成様、当時の蟄居(ちっきょ)は頭を丸めるという風習に習い、ご本人きっちりあーいう頭にしたわけだけど、あれも似合う。ちょっと顔が幼くなってしまったけど(笑)

天地人の三成像は今までに無く良い方の方に焦点を当てると言ってたけど、映像でも佐和山城の地味さ(笑)描かれてましたねーあのセットまるで農家のお部屋みたいだったよ。

西軍が負けた後、東軍達が城に入るわけだけど、その質素さに驚いたと、何かの本で読んだな。

そんな質素さ、私利私欲の無さがあの草鞋を編むシーンに妙に現れてた気がします。あれだけ頭がきれる人物が、一生懸命ぶきような感じで草鞋を編んでるなんて、可愛いです。そういうとこに弱いです。

内容のつまらなさに(おいっ!)飽きもせず俳優目当てで、ずっと見続けてる天地人。次回はなんと、大谷吉継が登場!すげー武士らしい武将です。関ヶ原の時はもうかなり病が進んでいたのに、輿に乗って参戦。しかも小早川が裏切るかも?と、小早川隊が裏切った時用に自分がくい止める気持で、捨て身で一番危ない場所に居るというすごい武将です。

それを津田寛治さんが演じると知り、これまた楽しみです。

あとあれね。上杉景勝。今日は(も)家康に物申していました。すげーよ。普段ほんと無口なのに、立って家康に詰め寄ってたよ

前田利家亡き後に、家康の意見できるような人は、五大老の中で上杉景勝だけだったらしいと、これまた本で見た。なので最近妙に好感度アップ(笑)

小栗旬 トップランナー感想

TAJOMARU公開間近で、色んなとこで露出いっぱいですが、じっくり語るとこ見れるトップランナーは別格ですね。

まず過去の大河作品出演時の映像見れて嬉しかった(さすがNHK)

「吉宗」「秀吉」「葵徳川三代」「義経」の4作品。この中で、吉宗と秀吉はけっこう熱心に見てた記憶あるけど、当然小栗旬などその時知らない(笑)子役の時の可愛いその映像見たらほんと可愛くて可愛くて・・・MCの人にも、今の髪型より、ちょんまげが似合うと言われてました(笑)秀吉の時の佐吉(石田三成)は、天地人で映像使われてけど、他の見れて良かった。

あとあれですね。やっぱり今の大河の話題が最初に語られ、撮影風景なんかもチラッと映り、兼続とちょっとふざけてるとこが微笑ましく、現場の良い雰囲気が伝わってきました。武士役のために、お茶、所作なんかもきっちり習ったんだね・・・さすが小栗旬だ。石田三成に関しても、かなり勉強したみたいだし。

歴史上の人物で演じてみたい人は?の質問に、一度は織田信長を演じてみたいと。

やった~!それ、とっても見てみたいからっ!絶対似合うと思う。信長の狂気な部分も、実は冷静に世界の動きを見てる部分も、きっちり演じられるハズ。いつか旬の信長見たいです。

それに旬が、「信長が生きてたら今の日本がもっと違ってたと思う」と言っていて、ウンウンそうだよと私。

「もっと多国籍な国になってたかも」そうそう私もそう思う~~~と、いちいち意見が同じなことに、なんだかとっても興奮(笑)

単なるファンとかを別にしても、こういうことちゃんと考えてる人に歴史上の人物は演じて貰いたいですねやっぱり。

あとあれですね。気になったとこは、花沢類で大人気になってしまった直後は、それに対し戸惑いがあった感じでたまに否定的なこと言ってたけど、時が経ったせいかトップランナーでは、類役に感謝してる的な余裕も出てきてた。

今、映画の監督もやっていて、とっても多忙で充実してるらしい。ちょっと前にも、ものすごい忙しい時があって、あの時はほんと見てる方が辛くなるほどストイックになってたけど、今の忙しさには心の余裕があるようにみえた。

ストイックと言えば、ムサシで共演の藤原竜也くん。竜也君の演技が好きで、旬はよく舞台を見にいってたわけだけど、以前はすごいストイックなイメージだったと。旬に思われるなんて、どんだけストイックなんだよ・・・竜也君と思った。でも今は、このお二人とっても仲良しで、ムサシの時なんて、ずっとふざけ合い?っぱなしで、「演技下手」なんて冗談で、ののしりあってたそうです。

そんな感じのノリのまま、竜也君がビデオで登場。旬に舞台中ずっと、下手くそとか、俺の演技を見て勉強しろとか言われていて酷かったと、発言(笑)

二人のじゃれ合いが伝わってきて面白かったよ。じゃれ合いながらも、お互いを高めあい、同い歳同士で未来の共通の夢を持っていたり、すごい深い二人の友情を感じられた。

ちなみに竜也君は、旬に負けてるとこはCMの本数で、勝ってるとこは演技力だと、悪戯っぽく笑って答えてたです(笑)こういうちょっとふざけてる竜也君を見れるのは貴重でした。

ムサシ特別版
ムサシのDVD9/16発売!

オダギリジョー主演 中国映画「狼災記」

かなり出遅れですが、狼災記がトロント国際映画祭へ正式出品だそうです。

ニュース記事→eiga.com

狼災記に関してほとんど無言だったのは、中国語サイト見ただけで、なんか面倒・・・的な(笑)

音楽関係でもそうなのねいつも私。英語だと、まだOK。だってPCってそもそも英語多いしね。でも日本のアーティストのブログを英語で読まなきゃいけないって、なぜ~~~!疲れてる時は勘弁してくれい!という感じでもあるけど(最近私の好きなジャンルの音楽がグローバル化してるんで、脳がついていけないとも言う・笑)海外のアーティストなら別に、最初からそういうもんだと思ってるから良いんだけどね。ドイツ語とかだと全く意味不明。でも基本アルファベットだから、まだマシ。一番困るのが、ハングルと中国語。見ただけで、わけ解からん!的な拒否感・・・今こうやって書いてる文字だって、元を辿れば、中国からきてるのにねーなんだか切ない。

そんなわけで(どんなわけ?)狼災記に関しては、ほぼ無言だったんだけど、コノ写真に興奮して(笑)書いちゃった。文字などどうでもいい・・・私には斎藤が降りてきたようにしか見えない(国も時も全く違うけど)

ココには、犬に微笑む斎藤が居る(違)

始皇帝崩御後の秦帝国というお話の設定で、中国の歴史物も好きなので嬉しい。歴史的なことが中心のストーリーでないのがとっても残念だけど現代の映画より、こういう古いものにワクワクする。

小栗旬トップランナー出演!

9/4(金)24:10~24:55
NHKトップランナー

普段、旬のはテレビ告知とか書かないんですが、何しろトップランナーなんで、書いてしまいました。三成で興味持った人などなど、ぜひ!仕事に対する想いとか聞くと、更にラブになれるはず。

観覧希望の募集がだいぶ前にあって、放送はずいぶん先だな~と、ぼんやり思ってたらもう9月。早いね(笑)

こうやって、はりきってトップランナーを見るのは、オダギリジョー、藤原竜也以来。

NHKなんで、マジメなトークが聞け良い番組です。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ