久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 日曜の夜は「JIN-仁」 | トップページ | オダギリジョー出演ドラマ「深夜食堂」 »

クローズZEROⅡ

今月DVD発売だったことをすっかり忘れてました。気分がまだ9月だったんで(笑)

ってことでクローズZEROⅡ

前作に続き良かったぞ~~~

漫画原作、不良映画、大型映画・・・・・どの条件見ても私が嫌いな条件ばかり(笑)なのに1作目見た時、映画館でこんなに集中して見れると思わなかった作品です。

条件とは裏腹にすごく面白かったのは、この映画がなんだか侍映画にみえたからです。

で2作目で、やっぱ侍映画だ~と確信した(笑)

1作目は鈴蘭高校という不良の名門?的な高校での内部抗争。ただ強いだけじゃ、ここのTOPにはなれない。中学時代は不良でTOPだったような生徒が集まる高校でTOPになるのは人格とか兼ね備えてなくてはならずそこに、強いだけでTOPになれると思ってた滝谷源治(小栗旬)が転校してきて、人格・腕力・統率力と全てを兼ね備えた芹沢(山田孝之)を倒す。

源治はけして人格者でもないし統率力もない。でも不器用でどこか純粋というか、気持だけは真っ直ぐな性格。それを見抜いた仲間が増え芹沢を倒せた。

が、二作目では芹沢を倒せたものの、まだ鈴蘭をまとめられず、そこへ他校の鳳仙学園が鈴蘭高校をつぶしにやってくる。

結果、源治=鈴蘭が勝つのですが、そこに至るまでのあれこれが、自分達の高校=城に見えてしょうがなかったです。

バラバラだった鈴蘭高校が、他校を相手にすると最後の最後に、学校のプライドみたいのをかけまとまるんですよ。大将が(源治)やられたら自分の負け的な気持で。城を守るもの達に見えた。

ところどころに、男は素手で戦わなきゃダメ!刃物とかは卑怯でダメ!っていう暗黙のルールも満載。

なんていうか・・・こういうの大好きです(笑)各不良派閥にはちゃんと軍師みたいなキャラも居て、あーこれが好きなのは、そういうのが根底にあるからだと勝手に確信した(笑)

そういうエッセンスも好きなんですが、主役の小栗旬が格好いいのは当然ながら、役者人がほんとみんな素敵すぎです。中でもパッチギチーム(高岡蒼甫&桐谷健太)の演技が、ほんと魅力的です。

そして何より三浦春馬の不良役はあまりに美しかった(おいっ!)

けっきょく最後はこんな感想になってしまうんですね。

普段は結末がなんだかわからないようなボヤっとした作品が、映画だと好物なんですが、こういうストレートな作品でこれだけ好きになれるのはかなり珍しい。

« 日曜の夜は「JIN-仁」 | トップページ | オダギリジョー出演ドラマ「深夜食堂」 »

小栗旬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クローズZEROⅡ:

« 日曜の夜は「JIN-仁」 | トップページ | オダギリジョー出演ドラマ「深夜食堂」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ