久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

オダギリ出演TBSドラマ特別企画「塀の中の中学校」

最近すっかりオダギリ話題が減ってしまってる私ですが、きましたドラマです。

今秋放送予定でまだ先なんですが、なんったって特別企画、ものすごい豪華な俳優さん達。

「塀の中の中学校」でオダギリが演じるのは、刑務所の中の中学校での先生役。

先生役なので、髭無しの(笑)綺麗なオダギリが見れます。

このドラマの題材となった学校の存在は知っていました。人が学ぶってことはどんなにも素晴らしく大切なことか!と思った記憶があり、学べない環境に陥ったことのない自分が贅沢にも思えた。

そんな題材にオダギリが出るとは・・・嬉しいな。楽しみだな。

秋が待ち遠しい・・・

オダギリ演じる先生の生徒に、大滝秀治や渡辺謙が居て濃い役者達。

渡辺謙の息子役が森山未来ってのもこれまた良い。本当の刑務所での撮影もあるらしく、豪華なドラマになりそうです。

ピスメ最終回&アサギ二巻

ピスメ終わってしまいました。池田屋は、主役の鉄之助中心で、わたし的には今ひとつ。

やっと人が斬れた鉄之助はこれからどうなるの?って感じですが、ドラマは終わりです。

4月からまた新選組アニメやるからあまり寂しくはないけど、ピスメの沖田と土方は、ビジュアルが好きだったんでもう見れないのは残念。

アニメより実写で素敵な方が嬉しいです。

見ていて嬉しくなるのは土方&沖田でしたが、違う意味で(笑)気になるのは近藤さん。なんかとってもへタレ近藤に見えた。

最終回も、斬り合いがお初でピンチな鉄之助に「すけだちする」と構え、おっ!ちょっとは見せ場あるか?と思ったら、なんか微妙で結局、鉄之助を助けたのは、咳き込んでた沖田だったよ(おいっ!)

んで

「新選組刃義抄 アサギ」のコミック二巻を引き続き読みました。一巻では斎藤の登場は無し。

二巻では???と気になり購入後速攻読む。

キタ~~~

100327_124512

斎藤だ!

江戸で人を斬ってしまい、突然試衛館から消えてしまい、みんなから行方不明扱いだったのに、突然京都で平助と再会。平助のピンチを助ける形で(鴨に斬られそうになってた)

その助け方が、軽くて素敵いかにも強そうね。

で、そのまんま新選組に入ることになるんだけど、それまで京都で世話になった道場に挨拶に行ってくると言って行った先に、なんと桂が待ってるの!桂の仲間?それとも桂の仲間のふりして逆に、長州を探ってるの?

二巻は、桂が待ってたとこで終了・・・どういうことか解らん!3巻は初夏に発売予定と書いてあった・・・待てねーーーーー(笑)

100327_124604

ちょっと新鮮だったのは、斎藤が平助と沖田と三人で河原で遊ぶの(笑)試衛館時代を懐かしがって。斎藤って年上風キャラ多いんで、この漫画だとそうじゃなくて、なんか嬉しかった。年上風も好きだけど。

あとまた気にいったポイント。

「新選組」の名って、会津藩に昔あった・・・ってのは知ってたけど、漫画なのに70年前とかちゃんと言ってるの。こういう細かいところがお気に入りポイント。

こういうのこそ実写化して欲しいな。

サラッとして、強そうで、年相応なお茶目?な斎藤のキャラも気にいったぞ~~~

頑張れ大ちゃん

オリンピック後テンション下がったようなこと言ってたけど、さすがです!

そりゃーそうだよね。あれだけの怪我があって、オリンピック目指し頑張ってきたんだもん。好結果で終われば燃えつきちゃうよね。

なのに、すごい結果出しましたね!

演技が、スケート選手とは思えないくらい色っぽい。素敵。

フリーも頑張れー

5月の連休に、高橋大輔を生で観れるアイスショー的なものがあって行きたかったけど、何しろ連休・・・

別件のチケのエントリーしてました。他にも届くチケあるし。

自分のスケジュールが無理(笑)

ピスメとアサギ

今週のピスメ今日見ました。

池田屋が始まり、鉄之助が参戦したじゃないの!

しかも沖田が、ゲホゲホしてピンチの時に逃げ腰の鉄之助(おいっ!)

沖田に「戦いますか?」って言われたとこで、終わってしまい来週が楽しみになったぞ。

近藤さんは、なんだか迫力無しで残念。池田屋に踏み込む時は、近藤さんの見せ場なのにーどうしてあのキャスト?

で・・・

日中にココで書いたアサギ。

さっそく買ってもう読んでしまった(笑)

100320_231623

我らが副長が帯に居ました。

いやーーー漫画だとあなどっちゃいけませんね~けっこう面白かった。一巻しか買わなくて残念。すぐ続き買います。

まだ斎藤出て来なくて私の謎は謎のままだし。

お話の区切りのとこで、山村竜也がちゃんと史実紹介してるコーナーがあって、そこが気に入ったポイント。絵も妙に乙女チックでないとこが(笑)好み。

最初は漫画だから中古でお試し・・・なんて思ってたけど、貰った図書カードがちょうどあったんで普通に本屋で買って良かったよ。お気に入りは新品のが良い。

コミック二巻しか出てないのが残念。連載のヤングガンガン買うの嫌だしなー。

なんであーいう表紙とかグラビア付きで漫画が載ってるんだ?こういう文化は日本の恥だよほんと・・・・・・しかも歴史漫画載ってるのに。

今更ですがコミック「アサギ」

あの山村竜也原作のコミックの存在はうっすら知ってたんですが、何しろ漫画じゃな~と・・・興味無しだったんですが

ふと気になり、ヤングガンガン「新選組刃義抄 アサギ」作品紹介ページに行った。

私がまず気になるのは、斎藤は居るか?(笑)とにかくこれ。

登場人物見たら居た!やったっ!

が・・・・・・・あれ???倒幕派の方に居る。

違う斎藤という名の人?と拡大してよく見るとやっぱり斎藤さん。人を斬ってしまったため江戸から京都に行ったと。

立ち読みがけっこう紹介のとこでできたんですが、斎藤のことは謎

これは気になる・・・・・

倒幕派の間者なんですか?それとも倒幕派の方に間者で行ってるの?

即効注文をクリックしそうになったけど、ネット注文だと今すぐ読めん!

本屋にGO!だな・・・今日(笑)

コミックなんかは(スミマセン)できれば中古で良いんだけど、あるかな~?

アニメ「薄桜鬼」

公式サイトできてました。

テレビ神奈川4月3日 毎週土曜 24:30~
千葉テレビ4月4日 毎週日曜 23:30~
テレ玉4月4日 毎週日曜 25:00~
サンテレビ4月5日 毎週月曜 24:00~
KBS京都4月5日 毎週月曜 25:00~
テレビ愛知4月6日 毎週火曜 25:28~
TOKYO MX4月6日 毎週火曜 26:00~
AT-X4月5日 毎週月曜 9:30~/21:30~
        毎週木曜 15:30~/27:30~

おー地方局大量にモーラ。我が家は地上波はケーブルテレビなんで、首都圏の全部見れるのね。だから見忘れも怖くないぞ(笑)深夜にやってるアニメってこういう系のアニメだったのね。きっと。

公式の登場人物見てきたら、斎藤さんと土方さんが格好良い!沖田にやや不満。早く動いてるとこ見たいけど、内容的に私に大丈夫か?(笑)

公式で隊服にしたり平服にしたりしてニヤニヤしちゃった~もちろん斎藤で。

斎藤がでるなら、もうなんでもいいっ!(必死)

新選組検定(最上級)

あさぎさんのとこで知り挑戦。

新選組が好きなんだから、最上級からだと思いやってみたら、が~~~ん!5問中2問しか正解できずに不合格(゚m゚*)

「あなたの新撰組愛はどれだけ深い?」と書かれていて・・・深いんですがね~問題が私が興味薄っ!なポイントばかりだから~と言い訳(笑)

で、上級に挑戦したら、90%正解で合格でき、ホッとした。

が~~ん!となっても面白かったです。

龍馬伝&ピスメ

まずはピスメから。

池田屋が始まりましたが、なんでだろ?

つまらなくなってきた(笑)

さーこれから乗り込むぞ~!と会津藩待ちの、新選組なのだけど、主役の鉄之助は押入れの中引きこもり。

この少年の苦悩がこの原作の大事なとこなんだろうけど、単なる新選組ファンが見ると、こんな時になにやってんだよーって思っちゃう。

あとあの会津藩の人。とても会津藩の人とは思えぬ容姿。なんだか、「越後屋おぬしも悪よのー」なんて言い出しそうなんですが(泣)おまけに、池田屋寸前のこんな時期に、長州藩の桂さんのとこに一人で会いに行ったよ!

無理だ・・・(笑)

マンガ原作と思っても、ちょと私には無理。と思った。もうすぐ終わりで良かったです。

龍馬伝。

土佐が湧いてましたねー

下士VS上士で危なかったですねー。龍馬の冷静かつ何かに囚われない行動が、格好良くみえた。

基本的に、こんなにキッチリ下士と上士と差があるのは、関ヶ原の戦いで西軍が敗れ、長宗我部から山内に代わったからよね。下士って長宗我部の時代から居た武士達で、上士は山内家と共によそから来た人たちよね。

なのになんだよあんな偉そうな感じ。下士の暴発の気持ちもよく解ります。単純に戦国武将と考えるなら長宗我部の方が、立派に思えるのでこんなに差別されてる下士は可哀そうです。

武市さんのとりつかれたような焦りとか好きじゃないし、弥太郎の歪んだ?ハングリー精神好きじゃないけど。虐げられてたからこそ生まれた何かなんだろうな。そういう意味では少し共感できるかな。

それにしても吉田東洋。迫力ありすぎ(笑)怖いです。この役者さん、メゾンドヒミコのヒミコですよね。相変わらずすごい存在感。確か役者が本業じゃなく舞踊家とかだった記憶が・・・セリフ回し云々じゃなく、その存在感で圧倒される感じ。まさか大河で見れるとは・・・

ピスメmusic

新撰組 PEACE MAKER オリジナルサウンドトラック
↑ピスメのサントラ出ますね。

ピスメブログで見たジャケットは、ど~んと「誠」で中身などどうでも良いから(おいっ!)欲しい衝動にかられるけど・・・

私が気になるのはこっち↓

風がめくる頁

和装と来ましたかっ!

和装男子のギターやドラム姿・・・これはいいwwww

龍馬伝

OPの曲を聴くと、もうあのお方の(笑)スケート姿が目に浮かぶようになってしまったこの週末。

攘夷の空気が一杯ながらも、今回は龍馬と加尾の悲しい恋の物語でした。

大義のためには個人など忙殺。こういうの嫌だなー

恋の行方などどうでもいいけど(おいっ!)大義が大事なのか?大きい何かのためには、個などどうでも良いという考え方はとっても嫌い。

でもそれが日本人気質なのよね。それは今でも変わらない。

そんな日本人気質が嫌いなのに、激しく佐幕贔屓な私は矛盾してるけど(笑)

言ってたじゃないの井伊さんが~外国を敵に回すなど無理!無理ですほんと。

なのに来週斬られちゃうのよね?桜田門外よね?

特に井伊さんに思い入れはないけど、あの時だったら調印するしかないと思うんだけど現実的には。でも斬られちゃう。

これからが幕末的に面白くなるはずだけど、龍馬が主役だけあって、なんだか佐幕派にはどうも物足りない展開になりそうな予感?

早く脱藩して下さい龍馬さん。

大ちゃん番組

見逃してしまったNHKの番組スポーツ大陸「夢をもつかぎり~高橋大輔 メダルへの軌跡~」

BS1で3月 7日(日) 午前 11時10分~放送されることが解り、ホッ!良かった。間に合った(笑)

私は見れないけど

関西テレビで3月8日(月) 深夜0:35~
「高橋大輔 銅メダルへの軌跡密着4年!歴史を塗り替えた男の素顔」

こういう番組もあるのね。「素顔」ってとこが気になりますが、関西テレビではどうしようも無い。

大好きなものとのお別れを控えてる時に、大ちゃんで現実逃避しています。

大ちゃんと龍馬伝

あいらさんのとこで知りました!(有難う)

素敵な映像(笑)

大河好きにはたまらない動画です↓

本当の(笑)エキシビジョンの時より、こっちのが私は好み!っていうか音楽と合いすぎ~これ。

今年は水戸藩でも極めようかな(笑)

芹沢さんラブになったわけではありません(笑)

斉藤に会えないから寂しすぎて、壬生義士伝の斉藤さんと大河の芹沢さんと混乱したわけでもありません(笑)

訳はコレに書いてありますが(笑)

ピスメのメイキング見たときから、弘道館行きたい衝動にかられてたらこれですもの!

なんといっても映画のロケセット見学できるのがすごい→桜田門外ノ変 映画支援の会

とっても幕末気分満喫できそうだよ。

あの仁先生がまた幕末映画でるんだな~と思ってたら、まさか好きな俳優の出演が決まるとはね。

今年は普通やっぱり龍馬とかで土佐ブームなんだろうけど、今の気分は水戸藩に詳しくなり、なぜ慶喜があんなにダ●なのかつきとめたいとちょっと思う(笑)

龍馬伝とフィギュアエキシビジョン

大河とオリンピック(フィギュア)というすごい組み合わせのお題になってます(笑)

まずは龍馬伝。

「攘夷」「攘夷」とやっと政治色濃くなってきましたね。

きっと「攘夷」という言葉が、知識人とか国を変えたい人たちの合言葉?旗印みたいな感じだったのでしょう。

ちょうど今週のピスメで、「狂気が勝つのか」「正気が勝つのか」というセリフがあり、私には日本中が攘夷というとても無理な狂気が吹き荒れたように思います。

攘夷実行・・・・・・それは無理すぎる。って、現代人だから思うけどね。

でもこの攘夷っぽい思想って深いとこでは昭和に戦争負けるまで、日本にはあったように思う。

大儀のためには仲間の切腹も仕方ないと思う武市半平太と、どこまでも人一人の生命をを大事に思う龍馬との対比が今回は興味深かった。

だから龍馬は人気あるんだろうな・・・すごい人とかもっと生きててくれたらとは思うけど、私は心惹かれないのが残念(笑)

でお次はフィギュアエキシビジョン!

女子の演技の時でも客席で観戦してる大ちゃんをじっと見てた(笑)私。

やっと滑れるとこ見れたエキシビジョン。

客席でお顔に日の丸やガンンバレの文字書いてるのも可愛かったけど、やっぱり滑ってるとこが好きです。

衣装がねー

なんていうか和を意識したもので、目の保養になりました。あれ好物だよなー私の(笑)

メダリストだから帰国したらきっと色んなとこに登場し、見れる機会増えそうでオリンピック終わるのがむしろ楽しみなのでありました。

エキシビジョンでの曲「ラブレター」↓

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ