久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

龍馬伝ちょっと高橋大輔?

今日は一番切なかったかも?

毒まんじゅう・・・

渡す方の弥太郎の手がブルブルで

毒入りと知りつつ食べようとする以蔵。

けっきょく弥太郎は取り上げてしまい・・・人殺しの手伝いはできないと苦悩。

でも以蔵の方は自分で死ぬ力も無いから食べたいと・・・

なんて切ない二人なんでしょう。下士の中でも下の身分で同じ下士からも恐らく下に見られてた二人。一人はお国のため?みたいな名目で使い捨てられ、一人はそういうことから離れ(武士云々とか)商売で成功していく。。。

あー切ない。

ドラマではまるで、武市さんが以蔵へ想いがあるように描かれてるとこが更に切ない。違うはずなんですがね。まー大河と言えどもドラマですからね。

こういう切ない回の時に、龍馬伝サイトで以蔵特集でした。いいぞ、かっこいいぞ、岡田以蔵!佐藤健!というお題に、NHKはどうしてしまったの?(笑)と思ったけど、拷問シーンはアザできたんだってね。

次の次の回では武市も以蔵も逝ってしまうらしい。号泣だな。

でもその次から高杉=伊勢谷が登場!伊勢谷さんの演技楽しみです。

でも私って期待して見た人より、期待しないで見てた人の方にウッカリはまるんだよね(笑)

話は変わるけど、高橋大輔の新演技。うっかりテレビ見逃してショックうけてたら、放送後にすぐ某所で見れ良かったです。

なんか以蔵モードなんで、大ちゃんの顔が以蔵に見えた(笑)病気です。

幕末にタイムスリップしてきました

ほんとだよ

Photo 鶴ヶ城とか

Photo_2 誠の旗とか

Photo_3 会津葵とか

幕末だったんで携帯もってる姿を周囲に怪しまれながら写真撮ってきたよ。ね?幕末っぽい色合いでしょ?

ってことでタイムスリップはウソですが(笑)

いつもお邪魔している、あいらさんのとこで知った幕末古写真ジェネレーター

自分の写真を一発でこんな感じに変えてくれます。よくあるセピアでも白黒ともいえないこの感じ素敵です!

私は、あいらさんと違って、ほんと超適当に写メ撮ってるだけの人なんで元の写真が悪いんですがね。

そして史実の斎藤も素敵だった(違)

Photo_4

本日の龍馬伝

早く以蔵を見たいな気持で見始めたけど、OPの慶喜と容保様の名に、きゃっ!ってなってしまい、慶喜と容保様と以蔵の出番を楽しみに見た。

まず慶喜VS勝先生のシーン。あれは良かった。慶喜がキレて怒った。今までそういう感情をはっきり出すシーンがなかったんで、ややビックリ。今後の慶喜の動向に益々目が離せない!

それにしても今日気付いたけど、龍馬伝って身分が上の人は、どことなくつかみどころの無い怪物っぽく描かれてるね。土佐の大殿に今日の慶喜見て思った。容保公がどの人なのか今日は解らずで残念でした。前回でた時はセリフ無くて知らない役者さんだったんで顔覚えられず・・・でもかえって良かったかな?容保公も殿なので、なんだか薄気味悪い人風に描かれるなら誰か解らない影の薄い人でいいや(笑)

そして待ってた以蔵の登場。

相変わらずの拷問。武市さんがほんと嫌いになってきたよ。逆に弥太郎の高感度アップ!下士の中でも身分が下だった以蔵と弥太郎。上士からの差別は当然ながら、同じ下士の中でも差別があったんだろうな。江戸時代の身分は士農工商なんていう単純な階級制度では済まされないものがいっぱいあります。私達には想像もつかないほどの階級社会。弥太郎が珍しく素直に優しい人になってたんで、そういうことに想いを巡らせてた。

そんなことを思ってたら、きました毒まんじゅう。龍馬伝では武市さんと以蔵の麗しい師弟の姿てきに描かれてるんで、毒は下手すると無しになるのでは?と思ってたら

「以蔵が可哀そうだから」だって・・・おいっ!違うだろ・・・口封じだよね?って、ツッコミ入れてました。

土佐藩に詳しくない私でも、口封じはなんとなくは知ってたことなんですがね・・・いや、逆に詳しくなると「以蔵が可哀そうで」もあるのか?

来週は予告で以蔵の涙シーンがあった。せつないなー

薄桜鬼

鬼話が盛んになってきた時に興味を失い見ないでいました。

が、先週と今週の見ました。

何回見てないか解らないけど、いつのまにか隊士がアノ薬飲んでる人が増えて驚いた!そしてついに今日は土方さんまで・・・・・・あと沖田もだ。

平助も死なないし、山南さんも生きてる。

これはこれで嬉しいかも?と思った。

でも山崎さんは、組!の時と同じで船の上で死んでしまい、源さんも死んだ。

アニメでもやっぱりこれは悲しいな。一瞬、みんな薬飲んで、生き残ってくれ~とも思ってしまったよ(笑)

ていうか内容よく解らないけど、千鶴って優秀な鬼一族の人なんでしょ?

私があの子なら薩長でろうと、鬼の人達であろうと新選組を狙ってくるやつらを皆殺しにしちゃうね。ゲームとは言え意味不明のキャラです。

井上源三郎の首

twitterで知った記事に驚いた。

知らなかった→「東西と~ざい」<その30>新選組(上)

源さんの甥っ子さん・・・たった12歳でなんて想いをしたのでしょう・・・もちろん今の12歳とは全く感覚は違うのだろうけど。

源さんの首が埋められたお寺が、たった二年半前に解ったということにはほんと驚いた。でもちゃんと解って良かった良かったという感じ。不明とか、●●だろう・・・みたいなの多いもんね。

最後の最後まで源さんに仕えた12歳の甥っ子さんは、昭和2年までいきたという・・・幕末→明治→大正→昭和と生きたわけだ。

昭和と平成を生きてる私だけど(笑)その変化とは全く違うよね。なんかすごい。

この記事にはサラッと大河のこともふれられていて、同じ幕末でも「新選組!」は明るく描かれていて、今年の「龍馬伝」は暗いと。←批判してるわけでは無く、歴史の描かれ方は光のあてかたによって暗くも明るくもなるということを書いてます。

龍馬伝を見ていて、そういう対比では見てなかった私。単純に、新選組(佐幕)主役か、倒幕が主役の違いにしか思ってなかったけど、確かにそうだな・・・と思った。陰の部分への焦点・・・見てるのヘビーだね。

泣きのシーンもたくさんあったけど、やっぱり組は明るい作品だったな。

cut 7月号

小栗旬、2万字インタビューだそうです→コチラ

この雑誌懐かしいな。ここの写真好きなんだよな。

オダギリがあっちこっち表紙に登場してた頃のお気に入り写真はこの雑誌率高かったな。

最近、映画とか役者とかの方向に気持があんまり向いてなかったんですがこの雑誌は読んでみようと思った。

とか言いつつ

←こんなDVDを購入しようかと迷ってみたり(笑)

以蔵がきてますっ!私の中で。三浦春馬と一緒だからよけいに嬉しいという・・・・・

「狼災記」モスクワ国際映画祭出品

久しぶりのオダギリねたです。

モスクワ国際映画祭に出品されるみたいですが、日本公開の日程発表はまだ無い。

すでに他の国の人が見ているのに、見れないって寂しいな。

そう言えばオダギリの主役映画って、ここのとこ日本の作品無いね。去年のドラマとか今年のドラマとかで忘れてたけど(笑)

やっぱり日本映画での主役のオダギリ見たいなー

龍馬伝 キュンキュンランキング(笑)

なんじゃそりゃ!なタイトルになってますが、確か去年の大河では放送後の写真チェックを完璧にやってたんですが(三成が居なくなっては終了)

今年は一度もそういうとこ見てないな・・・と。公式も細かく見てないし。

で、ふと見てみたあの写真のでかいとこ。

ここ最近の私は急激にこの人に、キュンキュンです。この写真も良い。実は土スタ登場の時もしっかり見てたという(笑)

放送始まる前は、この人にキュンキュン予定だったのですが、う~ん・・・役柄に今のとこ魅力なし。役者ってやっぱりご本人の顔が好物でも役によってはほんとダメですね。ちっともキュンとならない。

そして何よりこの人は絶対はずせない(笑)キュンキュンしませんが、ぐわぁんぐわぁんする誰より気になるやつ!写真あって良かったよぉ。天下の三つ葉葵も眩しく、なんでこんなに眉なしなのか意味不明なとこがよけいに気なる度アップです。

ランキングと言いつつ全くランキングになってませんが、きっとそのうち高杉晋作にキュンとする予感です。早く出てくれないと、私てきに恒例の大河中だるみ時期です。

生粋の佐幕派なのに去年は役者のせいで激しく西軍に傾き、今年は土佐藩(ここはまだ良し)そして、アノ長州藩の人にキュンとなったら嫌だよ~(笑)

今年は慶喜が砦だな(何の?)

龍馬伝感想&「龍馬におまかせ!」CS放送

う~ん予想通り新選組はあんまり登場なかった。チラッとセリフあったけどあれじゃもの足りない。史跡紹介の壬生寺、八木邸、前川邸・・・また行きたいなと一番興奮した(笑)私でした。でもちょっと、あれです以蔵にちょっとキュンキュン始まってるかも私。もうすぐいなくなる時期になんてことだ(遅)電王のイメージ強すぎて(笑)以蔵に合わないだろ?とか最初思った自分がなんだかとっても残念。

で新選組不足は、時代劇専門チャンネルでまた始まってる燃えよ剣で解消してたりします。

そして時代劇専門チャンネルでは、あの伝説の作品、三谷幸喜作品、龍馬におまかせ!の放送が7/19に始まります。

BS・CS初登場だそうで、嬉しい。すごい前の作品でその頃は幕末にも興味無かったのに、なんだか面白くて見てた記憶がある。新選組!好きになった時、ふとこの番組思いだして、もう一度見たいな~と思ってた。でも再放送やDVD(ビデオ)も無くほんと見たかった。

新選組!で斎藤見た時は、龍馬におまかせ!の以蔵(反町隆史)と感じが似てるな~と思った。今見てみたら全く違うかも?だけどね。そして何より、沖田のキャラが(大笑)すごすぎて好きだった。

いくら幕末興味無しといえども、沖田と言えばイケメンが演じるイメージがあったのに、間逆なんだもん!ほんと楽しみだ♪

騎兵隊内閣

すごい名の内閣ができましたね。

わたし的には、あーそうですか・・・という感じ。私は安易に時流になどのらないのだ。だってね一部着せ替えしたってね。

それより、いつもそうなんだけどこういう例えが政治家から出てくると、幕末酒場やんなはれで、幕末ファンはどう思うのか?とインタビューされてる映像が流れる(笑)

そのチャンネルでは内閣の名を「幕末ファンが歓迎」というテロップが出てたけど、幕末ファン=倒幕じゃないんだけど・・・と思った。

幕末酒場はジョッキがとっても小さく(笑)ビール派な私にはビール代が高額になってしまうんで、一度しか行ってないけど映像見てるとまた行きたくなるな。

「JIN」続編決定

ニュースに出てました!

来年の4月からみたいで、続編やるつもりは無かったらいしいけど「見たい」の声が多く決まったとのこと。

そしてなんと仁先生は西郷隆盛、徳川慶喜、皇女和宮という新たな人物と深く絡むとのこと!わぁぁ楽しみだよ。誰が演じるのか?慶喜。

映画化じゃなくて良かった。ドラマが映画化すると魅力半減するからドラマで良かった。

龍馬伝

本日の中身ほとんど上の空状態で見てました(笑)

慶喜の名が出た時はちょっと集中。いったい何を送ったのだ?と。

後はもう、いつ誠の旗が出てくるのかが気になって気になって・・・

でもなかなかでて来なくて、あれ???と思ってたらやっと池田屋。

だが、もう全てが終わっていて、「御用改めである」の声も、斬り合いも何もなく終わった後の惨状が映っただけ。あまりに残念すぎる。

沖田が歌唄いながら帰ってましたね。あの感じが、怖い団体度アップ。

私は新選組大好きだから、隊内の人間関係とか考え方とかそれぞれのキャラとかなんていうか中身を少しは知ってるけど

実際に京の町で、あーいうこと起こって帰っていく隊列みたら、何にも知らない周囲の人にはあんな風に、見えたかも?なんて思ってみた。火つけようとしてたなんてみんな知らないでしょ。

で、放映後にちらっと、twitterで呟いてたら、大事な会津藩一瞬の出番を見逃してたのを知り、BS再放送でその時間あたりだけ確認(何?)

三つ葉葵を確認!やった!一瞬すぎて、ちゃんと会津葵だったかまではあんまり細かい違いなんで解らなかったけど、満足。

Pさんツッコミ有難うでした(ってここで言ってもね)

来週も新選組出るので嬉しいけど、もっと長時間見たいよ~毎回8時半過ぎてるんだもん!

佐幕派をTV前にひきつけておくNHKの作戦?(笑)

新選組の出番終わったら見なくなりそうだもん大河。なんか話の展開がつまらない。

でも慶喜居るんでね、見るけど。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ