久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

一刀斎夢録 2011年1月発売!

やった~本発売です。
連載始まって、はりきって見てた貴重な斎藤主役小説。
でも
途中で読むの挫折(笑)
内容がつまらないとかじゃなく、毎週毎週立ち読み(おいっ!)ていうのに疲れた。
買ってたにしても同じく無理だろうな。よ~く解った自分の性格。
ちょこちょこ少しずつ読むのって、ほんとダメ。
本一冊買ってきても、絶対一気に読んでしまうし、買って来たその日に終了っていうことも多々有りです。

ということで待ちに待った本発売。今のところ日付不明だけど
こんなの出現してます↓
【送料無料】一刀斎夢録 上

予約開始してるってことは近いってことね。
私が連載読んでる頃は、明治時代の斎藤さんが、過去を振り返るみたいな感じでした。
本読めるのが待ち遠しい
そしてこれ映像化されないかな?
浅田次郎だし。され易い気がするんだけどなー

本の人気にもよると思うので
みんな買って~(笑)

ということで久しぶりのブログ更新でした。

大河ドラマ徳川慶喜で、どっぷり幕末に浸っております。
が、忙しくて感想書けないけどすごい面白いの。
ちょうど、桜田門外が終わったとこ。

あとあれね
坂の上の雲。
録画しておいて見てるんだけど
慶喜役の人と同じ役者だから、なんかやや被る(笑)
日露戦争始まりますね。

近代化を急いで急いで
がむしゃらになってた明治の日本。
パワーがあるな。
でも行く末を想うと、やっぱりなんだかなーだね。

和洋折衷な文化を目で楽しんでいます
確か乃木邸って残ってたと思うので見に行きたくなってます。
長州の人なんで魅力は感じませんが(そんな理由・笑)
明治天皇が崩御されたら夫婦で自刀したという想いをその場所に行って感じてみたいなと。
私には理解不能な想いなんだろうけどね。

大河ドラマ「徳川慶喜」

平日毎日放送されてるのを録りたまめて見ています。

いやー面白い。

徳川&幕末嫌いだったのに当時見続けられた理由が今は解る。

作品全体の面白さは今日は置いて・・・

慶喜像。
今は家定が亡くなった頃。
次なる将軍へ・・・と押されてる慶喜ですが、今のとこ本人は絶対嫌だと。
御三家ですら幕府を守ろうとしてない時期に自分が将軍になったとして、幕府を建て直すなど無理。将軍になってたとして幕府滅亡の処理をするだけだと。

いやー的を得てますね(笑)

ご幼少のころからの慶喜の性格を今のとこまとめてみると

・とにかく頑固
・好奇心旺盛
・あまり上下関係に拘らない
・一ツ橋家の養子になっても、江戸っ子の生活に興味深々で自分の立場を隠し遊ぶ(ドラマでは)
・刺繍やら絵やら芸術をこよなく愛する

ようするに大河では、当時の高貴な方としてはちょっと変わり者に描かれてる(笑)
面白いよねーこういうの。

いくら大河でもドラマなので話半分で見てるけど、ポンイトポイントが私が思う慶喜像に、つながっていて
ウケますっ!

いや・・・本当はうけるとこじゃないかも?ですが、好きとかでは無く慶喜の何考えてるか解らん感じが、私がひきこまれる訳だとよく解った。

よく解らない人に興味わく体質なのです。

穏やかな日曜日

坂の上の雲が始まりやっと穏やかな日曜日が戻ってきました。
でも、どーしても先週までの強烈さが残り、正岡子規が弥太郎に見えちゃったりしましたがね(笑)

こう見えても(?)実は、戦国より幕末より、明治とか大正とかのが先に興味深々な時代でした。
でもそれは、政治的なことより文化的なこと。好きなんだなー大正文化。
なので坂の上の雲は、そこに近いので軍がどうのとか政治がどうのより文化的なことで、なんかホッこりする。政治的には、ほっこりする時代では無いのですがね。
ちなみに、この時代から昭和初期まで教育が受けられるの人への教育は、半端なくつめこみ教育だったそうです。受験の倍率なんて、ものすごいことになてます。
自分が学生時代は、昔はのんびりしていて良いなーと何も知らない頃、単純に思ってたんですが、のんびりしてたように思えたのは
実は学校に行けないとかそういう人達のことで(こういう人の方が多かった)学業ができる志ある人は、とっても大変だったと知り
とにかく急いでた時代だと思えました。でも急いでる時代のエネルギーって勢いがあって、やっぱり憧れるというか魅力も感じます。

そして幕末の佐幕目線で見ると、どんだけ軍需費使ってんだよっ!って思ってみました。飲まず食わずで軍備費へ・・・て。まさに強兵政策ですな。

そんなエネルギー見てたら急に幕末もの見たくなり(おいっ!)うっかり白虎隊見てしまった。OPから涙目。穏やかな日曜に号泣。

失敗したなー(笑)と思いつつ新たな発見!
斎藤本でも、新選組は(斎藤本なので斎藤)若い白虎隊に憬れの的と描かれていて、んで今日見たドラマも土方さんが入城してくると、白虎隊士に「新選組だ~!」と言われ憧れてる。
このドラマでは土方さんを演じるてのが、近藤正臣で妙にうけた!だって先週まで山内 容堂ですから(笑)

斎藤さんの本で読んだ時は会津藩士の子供達が、新選組に単純に本当に憬れるのか?と、ストーリーは斎藤を格好良く見せるためのもの?と疑ってましたが、

ドラマで出てくる会津の穏やかな風景見て気付きました。
あの頃は京の都からはまるで海外のように遠く、江戸だってかなり遠い場所な会津。
大都会の京の都で会津藩お預かりとして忠義をつくし斬り合いではとても強く、しかもよそ者なのにピンチの会津のためにやってきた!
これは若者には憧れられるね!と今さら気付いたです。

穏やかな日曜が突然号泣になったけど良いこと発見できて良かった。
私が歴史好きなのは、こういう風に推理的にあれこれ自分なりに妄想するのが好きなんです。作り手や伝える側の意図には単純に騙されないぞーとね(笑)

あとついでに薄桜鬼。
函館になって、やっぱダメだ。
私はやっぱり会津で終わるのねと思った。もう見ないと思う。
どちらにしてももう終わるよね。

あなたの好きな大河ドラマに投票しよう!

1/2に「大河ドラマ50~見せます大河のすべて」 という番組が、Bshiで放送されるそうです。

サイトで投票を受付てますよ↑クリッククリック~

もちろんなんの迷いもなく「新選組!」に投票。
でもBshi見れない我が家。残念。Bs1とか2なら見れるんだけどな。
2日は新春時代劇とかぶってるから、ちょうどいいか・・・

再放送あるかな?

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ