久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

ウルトラゾーン@須賀 ネタバレあり

やっときました須賀君登場

どんなので登場かというと、ビーチバレー部の部長でした(笑)

んで怪獣に恋される部長役でした

カーネーション役のための髪の毛が伸びきってないせいなのか

笑いをとるためなのか

謎ですが、恐らくカツラを被ってたと思う

なので、うさんくさい部長でした(笑)

ま、こんな感じです

カーネーションよりやっぱり須賀君だーと思えた。

なんで???

あんなお笑いなのに(笑)

これから放送のみなさまは、きっと久しぶりに須賀君に逢えた~って気分になるはず・・・たぶん。



生男ch

血風録放送中に辻本君が出た時は、ナマで見ずにアーカイブで見ることにし、リアルタイム時は藤原君(総司よ)のドラマみてた(笑)

前回はリアルで見ようと、ものスゴイ勢いで仕事を放り投げて(いけません!)無事帰宅したのに放送は中止。ケガしたからしょうがない。

で、やっとリアルで見れたよ。

ロフトってあーいう番組撮ってたりしたんだね。ライヴハウスの方は、ご飯とかすごく美味しいので、あそこも美味しいんだろうな~と、飲みながら行きたくなりました。見てる人も飲んでいいんだよね?

感想は、箇条書きにします。須賀君のウルトラゾーン待機タイムなので急いで~なので(笑)

・辻本君は2時頃登場(待つのが長かった)
・辻本君登場前は、完全にお友達同士の居酒屋トーク(辻本君もこんなノリになるの?と心配)
・辻本君が登場すると、まともな番組になった(笑)
・服装はジャケットの下がピンク色で似合ってた(かわゆすぎ)
・髪型もセットされてて綺麗だった
・ちょっと、はぁーはぁー疲れた(イベント二つやってからの駆けつけだもの)
・真摯な顔で前回のドタキャンを謝ってた(キュンキュン)
・ミキティの名連発(すっかりミキティになってしまったのね)
・自分は短所が無いと言い切る(キリ!)←冗談でですよ
・青学5代目の他の人達には、優しくお母さんみたいだけど、気分屋と言われ、どこが?と本人あんまり納得できなかったらしい。(私もきっと気分屋さんと思ってたよなぜか・笑)
・翔太君セレクトで、1人だけノンアルコールでメロンソーダで乾杯(かけつけてくるとこ気遣ったんだね翔太君)
・普段は飲みにいくと、最初はビールらしい(お揃いだ私と)
・辻本君がZIMAを知っていた(ZIMAは嫌いではないけど、飲んだ気がしない私)
・周囲がどんなに暴走していても巻き込まれまずに冷静でマイペースな辻本君(そういう男子が好き)
・辻本君は、こーいう番組見てる人は年下ばかりと思いこんでるらしい。辻本君のことを「●●な子」な表現した言葉に反応してた。「子って!」って、そしたらMCの人が年上の人も見てるので・・・と即フォローする。(ゴメンよ思いっきり年上で、こーいう番組見てて)

まーこんな感じでした。
解らんねこれじゃ(笑)
アーカイブでも見れるので見逃した人は是非!

話は変わりますが
金八先生のサイトが残っていて(時代を感じるサイト)信太の通知表発見!コレじゃダメじゃ~ん!
サイトには他にも色々あるので探ってみて。BBSなんか初々しい書きこみとか残ってるよ。

新選組血風録DVDレンタルは開始してるよ

はいココ

なんだよ~ツタヤに信太を何度もお迎えに行ってる場合で無かった・・・信太に一直線に向かってたので全く気付かないでいたのでショック!総司が居たのね。

というのは、私は血風録は保存するほどでも無いなと(スマン!)最初の頃はJINのが面白かったんだよ~(^-^;だから前半ものすごい勢いでHDDから削除しまくってたのです。斎藤の活躍少なかったし(ここ超大事な斎藤ファン)

だから前半はけっこう手元に無いのです(泣)前半でも残ってるのは有るんだけどいったいどんな基準で消してたのか自分でもよく解らん。話が飛びまくってる私の血風録。

後半はしっかりあるし、沖田総司の恋とかはちゃんとあるけどね。たぶんこのあたりから保存しないと!って思ったと思う

DVD購入は考えてるけど特典映像しだい。放送されたまんまのアクターズファイルならどうも微妙な気分。

どちらにしても発売は来月なので、それまでのつなぎで(それほど飢えてる)レンタルチェックしてこなくては!何しろ一番近い店は、なぜかウォタ―ボーイズがずっと借りれ無かったというトラウマ(笑)
ライバル(いや同士)が近くに居ると思われ・・・
もう遅いかな?!

さて一部の信太とサヨナラと共に総司をお迎えできるか?!

信太キュン

ミキティを見れるまで我慢ができずにとうとう金八見出しました。
辻本君が出ている6シリーズのも、前作5シリーズのも放送中に見てた私。
でも未来の総司は全く気にかけてなかったな~

信太???
なんかちょっと情けない顔してた子だよな~的な・・・・
こういう記憶があるので金八になかなか手が出なかったんですが
5の方をよく知ってるとすごく面白いね!6シリーズ。

で・・・問題のノブタ
情けない顔
って思ってたのに

すげぇぇぇぇかわいい!
中学生役見て、きゅんきゅん(*v.v)。

もう終わってるよね自分・・・・

役柄が、両親が離婚して小さな子連れの新しいお母さんが家に来て、すごく辛いのに学校では明るくふるまい、おちゃらけてる。
が・・・段々それも辛くなってくるという複雑な役。

舞台で見た童美。
じっと我慢してた時の顔と、同じ顔してました。
信太の方が子供で、やや垢ぬけてないけど、この人表情とか全く変わらないなーと。

驚いたのはあの歩き方。
総司の時と同じなんですよ。
なんて綺麗な歩き方の中学生なんだ。
学ラン着て、関西弁喋って、すぐおちゃらけるのに歩き方が沖田総司って・・・・・

これ見てると、金八先生になりたい!と何度思ったことか
可哀そうなノブタをいっぱい抱きしめてあげるのです。
クラスの女子とかより、ある意味抱擁し放題でしょ?(何だソレ・笑)
んで、頭をヨシヨシしてあげたい(/ω\)

あとノブタって基本とってもいい子で(だから余計に苦しむ)
でもそこは中学生
我慢しきれず
明るい自分を演じることも、じっとこらえるのも無理になり
ブチきれる時がありました
総司の時も童美の時もノブタでも
そういう瞬間が激しく好物らしいです私

そんな変態(笑)目線はおいておいて。
金八先生の言う色々な言葉が、今の私に必要なこと満載でした。
辻本君に感謝です。

だから金八シリーズ好きなんだよね
大人になっても心に突き刺さる色々なことがあります。
いやむしろ大人が見るべき。
子供の問題は大人社会が反映されてのことなので。

今年の3月に金八が完結
すごく残念に思っていて、あの放送を楽しみにしていて、そこに辻本君居たんだよね~
血風録放送寸前だよみたいな(笑)

放送は見たけど、余震でソワソワしながら見た記憶があります。

武田鉄矢と言えば、大の龍馬好き。
その武田鉄矢に今度沖田総司を演じると辻本君が最初伝えた時に、おまえができるのか~?的なこと言われたらしいです。
だって武田鉄矢の中では、ノブタのイメージだもんね(笑)
でも血風録を撮ってるスタジオと、金八と一緒の時に沖田姿で挨拶に行ったら、「頑張って下さい」と、急に敬語になったそうです。

あの姿で来たら、沖田だ!ってなるよね。

さてさて今週中に金八全部見終わるぞ。
今のところベストオブ信太シーン
離婚したお母さんのアパートに行き
ややだらしないお母さんのお部屋を総司(じゃなく掃除)してあげて
お母さんにインスタントラーメンを作ってもらい
超嬉しがり
言いたい言葉を我慢して我慢して
やっと言えた言葉「今日は泊まっていっていい?」
で、OKを貰えた泣き笑いの顔が大好きです。

あと血風録で見れ無かった、子供と総司の絡み。
信太で見れます
連れ子が女の子で「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と信太の事が大好き。
私はもっと大好きよ(違)
最初は信太もよく面倒をみてたんだけど、いざ正式に結婚的なことになってくると、そこから色々複雑になっていくのですが。
小さな女の子と手を繋ぐシーンは完全に沖田フィルターで楽しみました♪

そう言えばMiss Boys!のサイトで、足見れるね。当然ガン見。スカートなのに!

暴走のなれの果て・・・曲レビュー♪


これを聴いていったいどうするんだい?と思いつつ聴いてみると

いやもう天使の歌声に癒されてます(/ω\)

あくまでも「声」にですよ~曲はけして好きなタイプではない(え?)曲作ったのが、超有名豪華な人ですが、その人の曲すらよく知らないし、いいと思ったことも無いし・・・ですが、聴いて癒されちゃってます。

とにかく可愛い・・・天使の声!とでも表現すればいいのか?(笑)なので激しい思いこみ妄想感想を・・・血風録の総司ヘビロテじゃないとちょっと意味不明なことになってますので。

1. ただ君のそばに
一生懸命、きっちりお口大きく開けてる感満載。これでは総司妄想はちょっとさすが無理でした。声にエフェクトかかっちゃってるし (^-^;が、題名の通り総司がそばに居てくれると思いこみ・・・・・・・・・・(以下自粛)

2. Let me go!!あの日の子供達に笑われてボクは行く
デビュー曲ですね。、
PVが余りに幼い(笑)が、超無理やり総司に脳内変換すると詞の「僕の道を行く~♪」ってとか総司っぽい。相当無理やりすぎますが(笑)PV見てると、沖田姿のPVが欲しくなる。

3. seasons
歌の出だしの「川沿いのベンチ」っていうとこで、あの川原で風に吹かれてる総司を妄想すると楽しい曲(え?)恋が成就せずお別れの切ない系の曲なので。いいの川原の総司で。

4. もう一度
これはもう千駄ヶ谷で療養中な総司がすぐ浮かびました(血風録にはそんなシーンは無いが) 縁側で、夕日の空見上げながら過去を思い出してる切ない総司です。

5. ずっと君のとなりを歩いて
恋文みたいな朗読です。これは~歌よりかなりヤバいです。やっぱセリフ?!のがいいよね。残念ながらipodに入れる時はこれだけ外した(笑)もし誰かにうっかり聴かれてしまったら、喋ってるの聴いてるって・・・・・ちょっとね(笑)家でいっぱい聴いてますよ。TVやなんかで聞くより、声がたまらんですっ!喋りかたの癖は完全に総司と同じ(当たり前だ)

6. 「明日」へつづく歩道

↑これでかかってる曲
この曲が一番好き、切ない初恋の歌みたいなのが多い中、恋愛絡みじゃない夢に向かっていく前向きな歌。これが一番総司に似合う。上の映像見てると総司より御本人ガン見しちゃうけど(笑) なのでそんな時は自分のPC内の総司姿写真をスライドショーにして、この曲流して満喫しています。

以上無理やりすぎる感想。

超癒されて優しい気持ちになれるCDでした。あの声に包まれるのは幸せな気分になる。好き~や妄想が悪化しますが(笑)

さてさてもうすぐミキティですね。メイキングDVD予約しないと。

さすがに、アレではもう総司妄想無理か?!限界に挑戦したいと思います(笑)

暴走は続くのです(笑)

ずっと迷ってたものを購入してしまった。
血風録放映してた頃からやや気にはなってたんですが、こんな子供みたいな顔と姿見てどうするの???
と思ってるうちに最近段々品薄感がでてきてしまったので、後で後悔しない様に有るうちにと購入。

八犬伝のDVDが和装だから欲しいなーと迷い、注文した時は在庫有だったのに、注文成立の時点では在庫なしとなってしまい悔しい思いをしました。もうどこにも無い八犬伝(泣)
こんな風にならないようにと、中古でかなり安めのあったので、即効注文。

YUKI TSUJIMOTO MUSIC CRIPS & OFFSHOT ’02 [DVD]

10代とは言えまるで小学生のような感じ・・・17歳位の時だよね?普通の17歳位よりかなり幼い。衣しょうとか髪型のせいなんだろうけど・・・

時々こんな子供に見える映像見て喜んでる自分が怖くなりましたが(笑)表情とか、しぐさの癖とか、声とか全く今とは変わってないので、超癒された~。

最後のソーラン節の場所が(ファンの集い)私のよく知る場所なので、えっ!あそこでこういう集まりがあって、あのステージで辻本君踊ったっんだ!と

私が見てる光景とは全く違う会場の様子に(笑)笑ってしまったゴメン。

ミュージシャン好きとしては、レコーディングの様子とか発売イベ?で、スタンドマイクにしがみついて一生懸命唄ってる姿は貴重でした。むしろオフショットとかより、ニヤニヤ感倍増。

こちらも↓以前より品薄感きてるので焦って購入

これを聴いていったい自分がどうしたいのかよく解らないけど(笑)絶対他人に見つからない様に隠して聴きます(何故?)

とにかく声が好きだからいいのだ!

沖田が唄ってると思いこむと楽しいよ♪

 

新選組検定

ちょっとビックリしました
よくあるネット上のお遊び検定では無く本物の?検定ができたようです。

新選組検定 公式ホームページ

まだ詳細は解りませんが、内容は?とか教材は?とか・・・
来年3/18(日)実施で、3級と2級があるのは決まってます。

普通の検定の感覚からすると3級からの受検って難しい気がするのですが・・・どんな内容なのでしょう?(謎)

新選組だけの検定ってスゴクないですか?
やっぱり某ゲームアニメとかのお陰で新選組人気がある証拠?
かなり受ける気満々(笑)
検定内容とか対策教材とかによりですがね。

話は変わりますが
さっき童美の、おうどん食す写真ガン見後に(何度も見てる・笑)
今11月なので、去年の辻本君の11月の過去記事見てたのです
(なんだまたそっちの話しかいっ!)

この「泣きそう」っていう記事
役名はまだ出してないですが沖田オーディション受かった報告記事になってます。
嬉しさとプレッシャーな感じが伝わってきます。

この頃辻本君に関しは全く知らない私
去年の11月何してた?と
自分の去年の11月の過去記事見てみたら
すごいの発見(笑)→ココ

龍馬伝の新選組の扱いに怒り爆発させていたので11月に龍馬を見廻組がバッサリやってくれたので、拍手喝采しています。
自分で今見ても、ものすごい勢いの記事。

実はあの頃、私のツイッター上は龍馬が亡くなり惜しむ声でいっぱいでした。続編希望ツイも凄かったなあの時。
その中ポツ~ンと、「見廻組最高!」と叫んだ記憶があります(勇者すぎる)

超楽しみにしてた大河での新選組登場の描かれ方に超ガッカリしてムカついてた頃、辻本君が沖田決まってたんだね・・・と、赤い糸を感じました(違)

さて検定の詳細発表が楽しみ

時代劇専門チャンネルが幕末いっぱい

いや~うっかりしてる間に時代劇専門チャンネルで

大河ドラマ徳川慶喜

大河ドラマ獅子の時代

が放送されていました!慶喜の方は去年堪能したので、獅子の時代はまだ全部見たことが無く見逃しが残念。

で、先月前半を見逃した 壬生義士伝 新選組で一番強かった男
壬生義士伝のドラマの方ね
ずっと前に見た時は録画もしなかったので、映画よりダメだったのと、斎藤に原因が(笑)今度はちゃんと保存しようと、今月始まった前半部分を録画して、見出しています。

過去にもう2回見てるんですが、以前と私は違う(笑)
斎藤さえ良ければいい視点ではありません。

そう・・・沖田

金子 賢が演じてたのは覚えてたんですが、以前は沖田にそんなに興味無かったのでどんな感じだったかあんまり覚えてなくて、金子 賢はけっこう好みの顔だから、きゅんきゅんするか?と期待したら・・・

以前より沖田登場を楽しみにしてる自分がいるんですが、きゅんきゅんが全く無く残念
(;ω;)

代わりに、伊原さんの土方さん・・・すごい格好いいなと、初めて土方さんに、きゅん(おいっ!)

前見た時は、大河の佐々木只三郎のイメージが強く脳内にあって、しかもすごく格好良くて好きだったし、土方さんとして見れなかったんだな~きっと。
クールなのに時々、江戸っ子っぽい感じがチラッと見えたりして、いいなー。

新選組作品としても、隊士のバランスとかを冷静に見れたりしてるので、新たな発見もあって面白い。壬生義士伝は完全に映画派だったのですが、いやこれもいいなみたいな。

斎藤を探さなくて良いと、全体が見えてきていいですね。

つーか斎藤出過ぎ!沖田より目立ち過ぎ!と思うのでありました(笑)この斎藤だから思うんだよ。うん。

ドラマの壬生義士伝の方が、隊全体が荒くれ者的な感じが強いなと思った。

こういう沖田を見ていると、長年沖田ファンだった方々が、辻本総司を見た瞬間、「やっと沖田に逢えた」って思えた気持ち、ちょっとだけ解る気がしました。

金子さんがダメとかではないんですがね。
なんかシックリこなかったんでしょうねきっと。沖田は本とかいっぱい脳内のイメージ材料あるから、大変だね。ピッタリ合うのって。

あっ・・・土方さんも同じか。

その点、斎藤ファンは楽で良い。大量の材料などない。小説なんかよりオダギリ斎藤だけでいけます。←ハードル高すぎだけど(笑)

やっと逢えたとか他で思える気が一生しないのは気のせい?

マイウェイ

オダギリ主演映画マイウェイ

まだ先まだ先と思ってたら、もう前売り買わないとねーな時期になった。

辻本君で頭湧いてて、ボンヤリしてる場合ではない(笑)

もう何度も見たマイウェイの予告映像。

辻本君で湧いてる頭で見たら

わぁー!この映画って

なんか演じ方が斎藤っぽい叫びとかがあるーって気づいた。

戦争だからかな。

今の辻本君に沖田沖田を重ね合わせてるように、オダギリにも斎藤斎藤と斎藤っぽさを探してた頃があったけど、見事になかったもんな(笑)同じ感じが。

唯一の和装&殺陣が見れるので真っ先に見たのは、あずみの変態ちっくな美女丸で全く違うし(笑)その後和装はあったけど、若殿だったし
大河放送中、私が好きになってからの初めての公開映画は「血と骨」で、あんまりにも強烈過ぎで(好きだけど)

そう言えばあっという間に斎藤っぽさは探さなくなっちゃったな~と、ふと思い出してみました。作品にすぐのめりこんじゃったんだな。この人が出る映画なら面白いと。

ふとマイウェイで、久しぶりに斎藤探しでもしてみようと思ってみました。

だがしかし
マイウェイは来年1月で
辻本君のかわゆす映画は12月と1月で
この全く傾向の違う作品を両方見るんかい!自分・・・って思ってみた(笑)

全く違っても私の中では、新選組繋がりなんだねこれ

贋作 水滸伝〜Outlaws〜 追記

あんなに長文感想書いたのに忘れてたー

舞台のパンフに載ってた

沖田ファンにはたまらんこと

辻本君が来年挑戦したいことに質問に、乗馬と答えてました。
乗馬・・・
馬に乗る総司・・・
馬に乗って、山南さんを探しにいくシーンがパッと浮かぶね(血風録ではない総司だけど・笑)
是非馬にのる姿見たいです!
あと、今年は歴史上の人物を演じるのが一層好きになったと。
ありがと(泣)

あとあのケガのこと。
正直、ネット番組とは言え、ナマ番組寸前に突然中止な事態になったんだから、もう少し本人から説明あってもいいんじゃないの?
って思ってた。もしくは、そんなこともできない大けがで、舞台も危ないのか?ってね。
そしたらパンフの役者の座談会で判明・・・
1人で勝手にけがしたとかではなく、けがさせてしまったお相手が居たのですね。そりゃーあれこれケガに関して言えないよね。
お相手の方こそ凹んでるもんね。気持ち的には。

鼻血だらけで倒れながらも、「大丈夫だからね」って何度も何度も気遣ってたらしい辻本君。なんて優しいんでしょう。足や腕ならまだしも、顔ですからね鼻ですからね・・・脳直結ですからね相当痛い。気遣いの余裕が普通は無くなるよな。

沖田で辻本君に興味を持ち、ブログとかチェックするようになり、この役者さんって、どんな人なんだろう?優しい人柄はすごく伝わって来るんですが、それってほんと?なんて、少しは思ってたりもしました。

だって営業トークなんていくらでも書けるじゃ~ん!
って思ってしまうほど、
ステージと現実のギャップを散々色々見てきたからね(笑)

お見送り時に感じたこと、この人本当に素で誠実な優しい性格なんだと思った。

パンフでは役者以外にやってみたい職業という質問もあって、あいかわらず他は考えられないと言ってました。
他の人はあれこれ答えてるんですがね。

他には考えられないほど一途なのに、よくありがちな自分の役者感がすごい偏っていてすごい拘りがあってとかじゃなく、ひとつひとつの作品に一生懸命なだけ。

これって、勤王とか左幕とか、そんなの全くどうでも良かったような、史実の沖田にも通じるな~なんて思ってみました。

あ~馬に乗る辻本総司が見たい・・・
どんだけ似合うのでしょう・・・


贋作 水滸伝〜Outlaws〜@童美中心感想

スタンダードソングの舞台
アクションがきついきついと事前には聞いてましたが、いや目の前で見たら予想を遥かに超える迫力でした。何か興味の湧く内容だったら、今後も見てみたいと思いました。

役者さん達が客席の方でもたくさん登場する事があり、何度も後ろからの突然の演技に、おっ!とビックリしたことか(もちろん童美も走りぬけてた)

俳優座劇場は、私好みの良い造りでした。
ステージ低くて、かつ客席からは見やすい。これ理想ですよね?(ライヴハウスも同じ)

童美以外の気になる役者、翔太君・・・黄金コンビ見た時から、この人私の好きな顔だよな~となんとなく思ってたんですが、目の前で見たらその理由が解った。
見た瞬間、某ミュージシャンとそっくりと判明し笑っちゃった。翔太君が変とかでなく、某ミュージシャンが演技してるように、どーしても見えちゃって・・・すまぬ。だからこれ以上はラブは無いなと、ホッとした(え?)

代わりに史進役の兼崎さんが目にとまりました。
長身で格好いいなー
好きだなー
プロフィールに戦国鍋あったのですが記憶に無いので、何で出てたかこれから調べます。

水滸伝に関しては何の知識も無く観に行ったけど、あっという間に物語にひきこまれました。
てっきり童美は、悪いやつらをやっつける側と思いこんでいたら(笑)
なんと、俺は偉いんだとばかりに権力をふりかざし庶民の事など虫けら程度にしか考えてない極悪役人の側近でした。

童美のことだからきっと途中でこんな役人のことなど、裏切るだろうと信じてたら裏切りはしなかったです(え?)
でもそういうセリフこそなかったけど、非道なやつの側近であることに童美の苦悩の表情はたくさん見れました。

え?あの童美が悪役?あんなに、かわゆい外見なのに・・・

って、こんなヤツの側近になったのは訳があったのです。
武芸の兄弟子てきな存在の林沖にどうしても勝てない童美はいつも二番手(それでも十分強いポジションなんだけど)
おまけに好きな女性も林沖と結婚してしまい、二人は超ラブラブ。
恐らく(笑)何も告白もできずこんなことになってしまったと思われ、可哀そうな童美。

なので童美は二人から距離を置き離れるために役人になったのです。
ラブラブ二人見てるの辛いよね・・・
超らぶ~な二人を見て、辛そうな顔してるシーンありました。
その顔見て、キュンキュンした私(*≧m≦*)

でも童美ラブな私にはそれで、いいんです(え?)童美の恋が成就して、目の前で見せつけられたら、斬りますか?その女・・・って、なってしまう(笑)

あんな悪い役人など、やってしまえ!と善の仲間が集結しかけた頃に、林沖の奥さんが、なんと童美の目の前で自決してしまうのです。しかも夫への愛、純潔を貫くため・・・

この瞬間ずっと感情を押さえてたキャラの童美だったんですが、女性の名を叫びます
いや~切なかったねこれ、こういう役似合いすぎですよ、きゅん

極悪役人を倒すため林沖達、武芸の強い者たちが戦いを挑みにいきます。そこで林沖に戦いを挑んだのは、童美。
欲しいものは全ておまえに奪われ、しかも愛する女性が、おまえのために命を絶ったと感情を吐き出します。
この瞬間の童美はほんと好き。更に惚れてしまったー総司に・・・え?

でも結局負けてしまい林沖に抱かれ死にそうな童美(泣)
初めてぼくが勝ったと・・・先にあの人に逢いにいけるから・・・僕が先に行っていいの?兄貴・・・って・・・
おぉーーーーーーい!なんてかわゆく純粋な童美
鼻血決壊か?自分・・・と思ってたら
鼻の下完全にのびてました私
目じり下がってました私
鼻血出てるより酷い顔状態。薄暗い客席に怪しい女1名みたいな(笑)

その後の物語などどうでも良い。ここで終了。ひたすらご遺体ガン見な私でした(殴!)

童美の中国武術てきな殺陣はほんと素敵だった。
剣を構えるのがこんなに似合うって、どういうこと?
あと辻本君の
白虎隊の時の母とお別れの時の哀愁後ろ姿
菊一文字の時の階段登る時の後ろ姿
大好きなのね
それが舞台上で見れたよ!後ろ姿は顔は見えないのに、すごく嬉しくて印象的だった。後でピョンピョンとジャンプして降りてくる段を登ってたよ何度も立ち止まりながら・・・たまらんですこれ。

ツボ満載舞台だったなー。
あとあれね。舞台ってリアルな内容より、時代が全く違う別世界が好き。超現実離れしてるのがいい。リアルな何かが欲しいなら私にはLIVEあるしね。それにも私にピッタリだった。

初めて見たナマの辻本君には驚きました。
何がって、ふつうTVで見て好きになった役者さんを初めて舞台で見る時って、そのドラマや映画には無い迫力に圧倒されます。声の出し方から全く違うから・・・
でも辻本君は同じだったの
舞台なのに迫力無し、とか声通ってないとかではないの
でも同じだったのビックリした。

あの凛とした辻本君がそこにそのまま居て驚きました。
だからこの人、まるで小説の中から抜け出してきたような沖田と、言われるのかなー?他の沖田役でこういう評価された人居ないもんなーなんて考えてみました。

そしてスタンダードソングの舞台が好きになったわけですが
舞台に関して騒いでるツイ中に
須賀ファン先輩フォロワーさんに教えて頂いたのですが
(有難うございます!)
須賀君過去に出てるのね(ビックリ!)
スタンダードソング作品。しかも主役
イケイケだった頃の須賀君です。
そして林沖役の佐伯さんは、須賀君の兄役だったらしい。
おいっ!佐伯さんは私の好きな人を2度も弟にしてるんかいっ!って、ほんと驚きました。

はいココ
2003年のページ残ってます。
やっぱ須賀君は、今の髪型よりこっちのがいいね。
佐伯さんもだいぶイメージ変わりましたね(役の違いもあるだろうけど)

2003年の頃の私は、役者とは無縁。はっ?映画?舞台?ドラマ?な人でした。
映画の面白さはオダギリで知り
舞台初見をさせてくれたのは須賀君です。しかもいきなり蜷川作品。あの時は、蜷川作品の意味も解らなかったけど
う~んなんか不思議。
また繋がったね私(笑)

あれ話それてしまった。

沖田後のナマ辻本が、沖田と全く違うある意味アイドルチックな内容なものでなくてほんと良かったです。
いいタイミングでした。
女装映画がアイドルっぽいんで、う~ん次の何かは違う方向がいいな。
とか言いつつ予告画像で、女装時のおへそとか足とか腕とかガン見してますが(笑)
顔に合わないあの腕は、ほんと何とかならないでしょうか?(無理)
だからお着物がいいんだけど・・・
血風録の時の医者のシーン腕映ってないもんね。あの腕では労咳には見えん!ってね(笑)

あーまた話それた。

贋作 水滸伝〜Outlaws〜ほんとに良い舞台でした。
今までで一番好きな舞台は、小栗旬の「お気に召すまま by蜷川」でした。元々シェイクスピアの好きな言葉がこの作品から出てたと知り感動。
あの「人生は舞台・・・」ってやつ

その次に好きになってしまいました。
最後の「想像力」っていうセリフ
相手の立場にたって考えられる想像力
それが人にはとても大事だ的な最後のセリフ感動しました。
今年の日本には特に必要なことだと思ったです。

贋作 水滸伝〜Outlaws〜は今必要な作品だったと思います。
炭鉱で事故が起き災害拡大防止のため鉱夫水で生き埋めってこと、日本で実際にあったんですよ~水滸伝から見ればかなり最近のこと←歴史好きの血が騒ぐ

妄想力だけでなく(笑)想像力で、相手の立場になって色々考えられる人になりたいです。

映画『Miss Boys!』予告編

予告編アップされた日はなんだか見れ無かったのですが
見れるようになってます
コチラ

いや~童美の余韻ひきづりまくってる時に
この映画(笑)
すごいキャラ

映画館いくのに勇気がいるなこれ。
DVD発売まで待つか?
まつ毛のエクステ顔の可愛さにいってしまうか?

ある意味
悩ましい予告編でした。

童美が色んな意味で素敵過ぎて
ギャップ激しいすっ!

や可愛いよー

こんな映画、ニヤニヤして見てる自分が怖いだけです(笑)

贋作 水滸伝〜Outlaws〜@沖田妄想感想

私にとって初めての辻本君の舞台。沖田で好きになったんだもの辻本=沖田。
でも違う童美という役をナマで見て、何か自分の中で変わるかな~?変わってしまうの寂しいな、なんて思っていきましたが

劇場のロビーには誰よりも目立つ山村竜也さんからのお花
(大河の組!好きにも、血風録好きにも、たまらん名前です)

辻本君が舞台に登場したとたん・・・・総司が居る!~~~となってしまいました。まるであの沖田総司が目の前に立ってる気分でした。

ちょっと今日は化粧濃いですよ沖田さん。みたいな。

なので新選組てき妄想感想から書きます。まともな舞台な感想は後で書くので、新選組妄想が×な人は読まないでね(笑)

目の前に現れた総司は、事前の写真やパンフ達とは髪型がやや違って、もっと普通に髪を一つに縛ってるだけの感じで。。。武士風(笑)水色っぽい着物も、隊服を妄想させてしまいます(もっと青っぽいけどね)。
月代無しの総司いやオダギリ斎藤好きにはむしろ、月代無しのが好物です!

お話の内容は、私には菊一文字の沖田みたいでした(本当は全く違うけど・笑)
前半は自分の感情を押し殺して押し殺して、苦悩&哀愁たっぷりの総司。目じりを下げ唇を噛みしめたあの哀しい顔をいっぱい堪能できました。

とにかくかわいすぎるのですc(>ω<)ゞ

が、途中で感情を抑えきれずブチキレますっ!キタ~~~!鬼総司~~~この瞬間がたまりません。鬼総司大好き、まさに菊一文字の金平糖ガリっ!の瞬間

そこからは剣振り回します

くるくる回ったりするアクションは、やっぱり中国の方が激しいです。ものすごい迫力で大興奮!総司のあの華麗なクルクルなど地味に見えてしまうほど、他もすごいのです。

でも剣を相手に向けて動く前の一瞬の立ち姿は、総司が一番綺麗。←これしか見てないともいう・・・(笑)

あのアクション思い出すとこれ書いてる今も、夜のやつ当券で行ってしまいたい衝動ですが、何しろもう今日はグッタリ(笑)してるので我慢・・・我慢・・・。今月の予定がこなせなくなってしまう(;ω;)

総司が戦いを挑むのは、新選組で言えば土方さん。え???でしょ(笑)兄弟子、義兄弟に挑むのです。なので哀愁なんだな。憎くてやるわけではない。これも菊一文字だね(笑)

でも水滸伝の土方さんは(誰だよそれ)元々少しだけ総司より強いのです。なので、負けてしまいました・・・・・ガ~~~ン!総司が負けるだなんて・・・・・でも最後の言葉からするとそれを望んでいたような・・・・土方さんに抱かれて逝ってしまう総司。

泣きそうになりました私・・・

が・・・そうはいかなかった。

舞台だとそこで動かずにご遺体で寝てないといけないじゃないですか?もうお話もクライマックスで終わる寸前なのに中心見てないで、ご遺体ウォッチングな私。

お腹の上に手がある感じで寝てるのですが、その手が上下に激しく動いてるの(爆笑)超激しいアクションの後なので、息が、はぁーはぁーしてお腹が動いてるから載せてある手が激しく動いてるんだね。

おもしろすぎる・・・・・←すまぬ

総司の前には他の人が立ったり、いったり来たりだったので、演技的には全く問題ないけど、席も近いし、しかも他の役者さんの足の間から(変態か?)じっとそこだけ見てる私だからね~ゴメンよ。

そして私は見た~

自分の寝てる場所にスポット当たる瞬間だけ、ちゃんと息はぁーはぁー動き止まってた!
さすが!役者一筋辻本祐樹!

もう笑いをこらえるのが大変だったよ。ほんとゴメンよ。あんな良い舞台でこんな妄想女で変なとこ見てて。

目の前で沖田満喫して舞台も終わり、さーお見送り。どうしましょ?
いつもの私なら、隣の翔太君にでもニコっとして通り過ぎます(こういうやつなんです私)

辻本君自体が「声かけてね~」と何度も何度も言ってくれてるので、どうしましょ?ドキドキ・・・

ロビーに行ったら衣しょうのままの総司が居る~~~

私は、あの「沖田総司の恋」の時の総司てきな行動に走ってしまった~人影からジッと見る。柱の影からジッと見る。気付かれそうになると隠れる・・・・・

とうぜんあんなにかわいい私ではありません。目線は、まるで刑事(怖)鋭い眼光で総司をジッと見ます。

こんなことしてたらだんだん人が減ってきて、逆に出る時目立ってしまう~~~と出るタイミングを激しく逃してしまい

翔太君と辻本君に誰かが話してる瞬間に横も見ずに前だけ見て通り抜けてしまいました。翔太君にだけはニコっ!辻本君チラ見したかったのに~

ってことで抜けてからも、劇場前の人影で見てました(笑)

とんでもない妄想感想失礼致しました~

ほんと良い舞台だったんでまともなのも書くね。

とりあえず水滸伝

1320421766803.jpg
舞台のパンフとプレゼント写真

1320421771446.jpg
愛おしい童美のページ

とりあえずなので感想は後日(笑)
いやーここのとこ休日の度に何かが有り
疲れてます
遊び過ぎ~
仕事忙しい過ぎ~
なとこに休日出勤な土曜日

感想は盛りだくさんなのね
妄想もあるのね
だからゆっくり書くね

Twitter覗いて貰えれば
リアルな呟き感想あるので
妄想のヒントになると思う。

ではまた(^O^)/

辻本総司

キャーキャー騒いでいるので今さらもう書くことも無いですが(笑)

総司のお姿では無いけれど辻本君に逢えるんだな~

嬉しいな~

でも本音はやっぱり辻本総司に逢いたいんだな

殺陣では無いけどアクションの中で

総司を発見してきます

総司妄想できるとこあるらしいので

コレが新選組血風録の第一回の感想・・・

テンション低いです(笑)

沖田ナイス!って言葉も、あの中ではナイスなだけで

けして高いテンションではありませんでした

4月中は、JINのが面白いと思ってたし(おいっ!)

テンション低っ!感想からちょうど7ヶ月

まさか舞台観にいくまでハマると思ってなかった。

テンションMAXで舞台観にいってきます♪

11月になり今年も残り僅か

今年前半は幕末祭でしたね

その点に関してだけは楽しかったな。

えっと映画のプレミア試写会は

欲しいDVDの方の回は、思いっきり朝早いので挫折

休日の朝9時半のイベント行く気になれない

いつも夕方とか夜だからねLIVEは

フェス的なので1度お昼頃からのLIVE行ったら

昼だと心身共に調子狂ってた

演奏する方も同じこと言ってたけど(笑)

昼から夜まで長時間だったのに

後半の夜のが元気だったもんなー

やっぱり役者さんのアレコレを追うのは体内時計が私には無理なんだなと、思ったのでした。

「鼻血出てるで」by須賀

数日分まとめて観たカーネーション

須賀君がヒロインに向かって

「鼻血出てるで」って言ってました

え???私のこと?

ってドキッとした(笑)

ハイ。私の鼻血がヤバい舞台「贋作 水滸伝~Outlaws~」

いよいよ明日初日~(日付変わってしまったので今日とも言うけど)

私が見て、鼻血が出るおそれのある人は大阪出身なので、声を脳内変換してしまいました。ゴメンよ須賀君(笑)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ