久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

miss Boys!友情のゆくえ編&辻本君舞台挨拶

行ってきましたー
今日のおでかけは、自分のスケジュールをかなり追いつめることになりますが、何しろ「決戦は甲子園編」の時は、
舞台挨拶は別によくて映画だけで。。。だったのに、自分の予定の都合で辻本君は居ないのに舞台挨拶を見るはめになり辻本君居たらな~って気持ちが強かったのと

あれですね
「来て来て」に
背中押されたね
これから、来て来て詐欺または買って買って詐欺と呼んじゃうよ!
いや詐欺ではないですが(笑)

そして「決戦は甲子園編」の時も地震で起こされ
今日も地震で起こされ
んで
初めての童美の時は、舞台始まったとたん照明がグラグラ揺れて、揺れてる音響いてるし・・・でも役者さん普通に演じてるしという怖い思いもしました。

なので今日行く前から
舞台挨拶の日地震あるかも?って思ったら
ほんとにあった(笑)
もーうどういうことですか?
いつでも帰宅困難者覚悟で逢いに行けということか?歩くのとか大行列嫌です。
地震そのものより全ての交通ストップが恐怖でもあるのです。

って、こんな話ではなく

舞台挨拶での辻本君
出てきて、きゃ~と舞い上がってたとたんやらかしてくれました。
「パート2」と言うところを
いきなり
「パート チュー」と・・・・・・

いや~ん
「ちゅーですかっ!」←興奮

ゲラゲラ笑っておきましたがね。
心は、ちゅー

鎌刈さんに即効
芸歴長いからわざと間違えて、笑いをとってかわいこぶってると、突っ込まれてましたが。

トーク内容は
とにかく撮影が楽しかったと(楽屋裏も含め)
某ダンスは元々やる予定で無かったのに、辻本君は自然に覚えてしまい、馬場君も一緒に突然ダンスシーン参加となり、あまりに突然過ぎて馬場君は覚えが悪かったと。
MCの人に辻本君、元々やる必要もないのにダンスを覚えましたね。と、ダンスシーンにつては、ふられてました(笑)

それにしても鎌刈さんの声好きだなー
前回の時も思ったけど、さすがヴォーカルさんってことと、あのハスキ―気味で高音も通る声、これ超ツボです。

そんな声ばかり好きだから真逆の、辻本君の声に癒されちゃったんだけどさ(笑)
音楽的にあのバンドさんは全く私の趣味ではないけど、ちょっと興味抱いてしまいました。映画の主題歌くらいはダウンロードするかも?!

あっ!主題歌の話題を辻本君から、ふる時に辻本君華麗に
腕クロスさせてドラム叩いてるようなマネしてましたね。
あーいうとこが一番落ちる
しょせん、何がなんでもバンドマン好きな私w

友情のゆくえ編の内容は
こっちのがおもしろかったです
決戦は甲子園編があっての、この話になるわけですが

健気なミキティが
健気でかわいい!って思えたミキティが
団長になり変貌してました
3年生になり、やや大人になってしまったのでしょうか?
あの必死さ健気さが消滅

まさか、こう来るとは思わなかった。

でも最後はやっぱりミキティだった

メイキングDVD見てれば
パート2の主なあらすじは予想できると思いますが
主なとこは予想通りでしたが
色々意表をつかれました
だから最後まで夢中になって集中して見てしまった。

何よりミキティのおもしろさが更に、さく裂してましたね。
ほとんどのお笑いを微妙な表情やしぐさなんかで、持っていってました。
滑稽な演技も似合うのね。

迷ってる人いたら残り少ないですが是非見に行って下さい!
↑ツイッターやブログでmiss Boys!を広めて下さい、と、辻本君が言ってたので任務遂行(笑)

私てきには
目の前で見た辻本君より、スクリーンの中のミキティのが何倍も魅力的で素敵に見えた。辻本君にガッカリとかでは無く、やっぱり役者さんは演じてる時が一番輝いてるね(これはオダギリに須賀君にも同じこと思った)
他二人がバンドもやってる人なので違いがハッキリ出てた。
バンドマンはLIVE中もMC含めてLIVEなので、役者さんとはちょっと違うんだよね。トークが単純に上手いとかそういう意味では無くね。

だから普通なイベントとかだったら今後も行かないなと思った。

って思ったとたん
そっと(笑)呟いてた
舞台の告知御本人からありましたー

コントンクラブ~image6~

2/3より早速先行発売です

情報解禁まだなドラマについても、ベテランさんに囲まれてると言ってるので、期待大だな。このままだと総司の影が薄くなってしまうので、お願いします!ちょっと重い役を!

ということで以上!
としたいとこだけど・・・実は、舞台挨拶で、え???ってガン見したいけどチラ見しちゃったとこあるんです。具体的は書けないけど、御本人ブログの写真でじっくり検証してしましました。どうやら、恐らくあれやこれやで良かった(何?)
実物目の前にさすがの私もそれはガン見できなかったんで。
なんで変なこと気づくんだろ?
以下自粛・・・・・・

さてさて
やっと血風録DVD2に集中できる
総司待っててねー(待ってないが)

「10代最後の日」を見た

角川ホラービデオ大どんでん返しのからくり絵巻の中に入ってる「10代最後の日」が辻本君主演となってるので見ました。

探す必要がないのでね

本人も10代の頃なので完全に顔が信太
ヒョロヒョロです(笑)

この前見た「絶食」と全く逆で、彼女一筋な純情な役です

それにしても絶食の時はイケメンになってたのに、この頃の辻本君は信太顔。いったいいつイケメンに変化したのでしょ?不思議です。
信太は信太でかわいいんですがね。イケメンのがいい。

このお話は、辻本君の彼女が辻本君を好きすぎて離れたくない永遠に居たいという気持ちが強すぎて(お気持ちはお察し致します)やや騙された感じで、彼女の思惑通り最後は一緒に死んでしまいます。抱き合いながらです。羨ましいです(おいっ!)

そして最初はすぐ気付かなかったんですが彼女役の人が、血風録では土方さんとラブだったお美代さんでないの!

ビックリ・・・
血風録でお美代さん登場するとどんだけテンション下がったか・・・
お美代さんが居なければもっと他に描けることあるのにと
思ってるので
こんなところでまた目撃するとは(笑)

途中から、もーう土方さんラブでいいよ
総司から離れろっ!
って思ってしまいました。

血風録のシーンで、お悠さんと総司が医院の前で病気のことで揉めてる時に、影からお美代さんが覗いていたのは偶然では無いかもしれない。ほんとは総司を・・・(違)

と妄想はおいておいて、ホラーと言っても何も怖いシーンは無かったです。大学生役なのに高校生にしか見えない純粋系な辻本君が見れます。

あと、今週の舞台挨拶チケ取りました。
見てきます。

ドラマも何か出るみたいですね
情報解禁が楽しみ

あと、4月にはまた楽しみがあるかもみたいな・・・・・・・オフィシャルであがってないものはブログでは自粛しておきます。

平清盛

初回は見てなくて2度目から見ました

期待してなかったんですが
内容いいですね
役者がいい!いい味出してる・・・・そんな感じです
大河はこうでないと。

去年がほんと全く見なくなってしまったんで久しぶりに大河が見たいと思う日曜日。妙に落ち着きます(笑)休日終わって、明日から仕事だー!みたいな。
一昨年のは、途中から怒り爆発大河になってしまったので、やっぱり落ち着き無しだったし。いいなー日曜8時に普通に歴史に浸れるって。

清盛の弟役を演じてる大東俊介に注目してたんですが、意外に和装が似合わなく、かつ役柄も魅力的でない(今のところ)残念・・・クローズゼロで見た鬼顔好きなんだけどな。

平清盛に夢中~とまではなってないのでよく解らないけど、副長いつ登場ですかね?
最初は藤原頼長役と知った時、お公家さんかよ!鬼の副長が!
と思ったら、やんわりしたお公家さんでは無いようなので楽しみだな。

源平もの大河はどうしても挫折傾向にあるのだけど今年はいけそうな気がします。

新選組血風録DVD感想 第8回「臆病者」&特典メイキング映像


いきなり「臆病者」の感想です(笑)
DVD来て真っ先に見た一番好きなお話

長坂小十郎役の綾野剛君
やっぱりいいわぁ
ってそういう理由なだけで好きな回ではない。沖田登場も少なめだしね。

長坂小十郎みたいな人が好きなんだな
強さを全くひけらかさない感じ
一見、見ようによっては弱そう、でもいざとなると、すげぇー強いっていうの。

綾野くんを初めて見たクローズゼロでは、外見は色白でいつも傘さしててひょろっと細くて、文学少年みたいでヤンキーに全く見えなくて、どこか浮いてる。が、いざ喧嘩が始まると恐ろしいほど強く汗もかかずスイスイと相手を倒していく感じ。だから惹かれたんだ。

ギャップという面では長坂小十郎と共通してるね
副長や組織にも媚びずに自分の信念を貫き、強さを全くひけらかさずイザという時に無敵なこの感じは、白黒の血風録の斎藤一がこういうキャラだったなと。
こういう群れないキャラが好きなのになんで華やかな沖田に惚れたんだ?(笑)

DVDで見たら綾野君、斎藤役やっちゃいなよぉーって思ったのは内緒です。
これはカーネーション効果と、あれだね
尾関さんが、NHK-BSプレミアム4月期の時代劇・手塚治虫 原作「陽だまりの樹」に、山岡鉄舟役確定したから、ややスネてるんです(笑)

幕末ものだし剣豪なので嬉しいですが、これで続編遠くなる・・・みたいな気分(笑)斎藤と同じく山岡鉄舟って確か、座したまま亡くなったんだよね?

Dvd2

はいこれが今回の入れ物。このお写真も素敵。

「臆病者」での沖田は、長坂のお話をじっくり聞いてあげてる天使君臨。穏やかな優しい目をしています。「人殺しをしたくない」という長坂の言葉に、一瞬複雑な目をします。

天使君臨中は、やっぱり人斬るの嫌なのか?←妄想です

が・・・・長坂の真剣での道場での勝負の時、もうワクワク☆しちゃって見てます。しかも「場合によっては死ぬでしょうね☆」って、もうどんだけ悪魔。目がワクワクしてるんですが!声が天使ちゃんなんですが!

とまたまた撃沈されました。

特典映像は事前に何にも知らなく、下手すると無いのか?くらいに思ってましたが、やっときましたメイキング。

演じて無い時の辻本君の可愛さもいいですが(沖田の髪型でパーカー姿とか・笑)何と言っても本人が言ってた、あの緊張の初めての撮影&殺陣のやつが見れました。スタッフの拍手喝采の様子が見れました。

これだけで私はDVD購入のかいがありました。録画してあるからいいや・・・な人も。2だけ購入とかも有りかと思います。

あと最後に永井さんとかスタッフの言葉がいかにも続編ありそうな言い方で期待するような感じで終わってます。

期待していいのかなー?

DVD-BOX2の方は後半なので割と録画保存してあるものが多いので、ゆっくり見進めたいと思います(たぶん)

それより、今週は映画「Miss Boys」の舞台挨拶のチケ取りがあります。公開初日が何かと都合良かったんで公開初日に行く予定だったのに、突然の舞台挨拶決定のためモンモンと悩んで、忙しい思いをしつつ舞台挨拶の方にしました。この日チケ取れなかったら、映画館で見るのは無理かな?どうせDVDも欲しくなるだろうからDVD鑑賞になっちゃうかな?

運試しです(笑)

楳図かずお恐怖劇場 「絶食」見てしまった

以前楳図かずおの作品で、役者目当てだったのに映像凄過ぎて(泣)DVD早送りでしか見られなかったという経験ありなので、避けてたんですが見てしまいました「絶食」

ものすごい覚悟で見てたら(笑)
普通に可愛いイケメン高校生役の辻本君堪能
物語が数回見ても意味不明なのですが
辻本君が演じてたのはやっぱり悪い男?女の敵?
(手が早い高校生らしい・・・これも意味不明)

が、最後のシーンだけは楳図かずおらしい映像有ります
しかも辻本君が・・・・・・(ρ_;)

その映像にいく寸前はもう
なんていうか
とっても音つきでエ●い辻本君が見れ、最後の悲惨なシーンなどすっかり忘れるほどガン見←鼻血

いやー参りました。。。
沖田だけ愛したい人は見ないほうがいいかな?(笑)
私はマンショの色気に撃沈されたので
こっちもOKだった。

というか映像で鑑賞するには
悪い男のが惹かれるんだな

でもこれ悪い男なのかな?
お話の初めに主人公をふったわけが
よく解らん(謎)
なのに最後なぜ気楽に一緒にお出かけしてしまったのかも解らん

下心満々だけだったのか?

えっと下心満々で優しく一緒に遊びにいってのかは謎だけど、主役の女の子とゲーセンで遊んでるシーンで、ミキティ入ってると思ったハシャギかたがね。

また見てみよ
見ても解んなそうだけど

ミキティと次の血風録DVDまでは
他には見ないでとっておくぞ!と決めてたのに、けっきょく我慢ならず見てしまった「絶食」ホラー系が嫌いで避けてる人居たら、最後の最後だけなので大丈夫と思う

ということで突然の舞台挨拶情報にまたまた翻弄されてます。辻本君のあれこれって、ほんと急だね。

新選組検定申込終了

あとは入金のみだけです
けっきょく無難に3級にしておいた
恐らく何も勉強する時間は無いと思うので
仕事でも大量に勉強抱えてるし

申込の時(ネット申込)
一番好きな隊士の質問があるのですが
何にも迷わず
いや他に誰も浮かばず
斎藤一
と入力してた



沖田は?
と後で自分で思った

やっぱり私は辻本総司が大好きなだけで普通に一番好きな隊士としては、沖田の「お」の字も浮かばないんだなと思った。
いや確認できた(笑)

誰かこれはまるで斎藤だ!という格好良い斎藤を演じておくれ(切実)

オダギリ主演「マイウェイ」感想

ちゃんと公開日に見にいけました
マイウェイ

チャンドンゴンと共演、カンジェギ監督
ということで
この映画決まった時、え???
オダギリがこういうタイプの作品によくでたな・・・と思った。
やっぱり最初は躊躇したらしいですね(笑)

カンジェギ監督と言えば、シュリをぱっと思い浮かべます
そんな感じの中にオダギリ???と
想像つかなかったんですが

すげー格好良かった
オダギリ演じる長谷川辰雄は、エリート軍人
典型的な日本軍人でした
エリートっぽいのがすごく似合ってた
きゃっ素敵!

が・・・そんな風には話は終わらない
スタント無しの戦闘シーン(役者さん相当きつそう)
見る側がまるで戦場に居るかのようなカメラワーク
音も映像もものすごい迫力でした

内容に関しては公開したばかりなので詳しくは書きませんが、これモデルとなった人が実際に居たのだから、すごい人が居たもんだと思った。日本兵、ソ連兵、ドイツ兵として戦ったなんて(そうせざるおえなかったんだろけど)

長谷川辰雄はエリート軍人なので、最初はとっても嫌なやつ(笑)
でもそこが好きなんだな
プライド高くで強い
軍国主義教育に素直に綺麗に染まってしまった人

戦闘が負け気味になってくると
銃などに頼らずに刀振り回す

斎藤好きにはたまらないシーン満載でした
介錯のシーンも一瞬あったよ
まるで鬼斎藤見てるみたいだった(妄想発動・笑)
部下に山本太郎居たし(サノ役者に戻っておいで~)

オダギリが突然マラソンやりだしたりサッカー(フットサルだっけ?)やりだしたのは、この映画か・・・と、ほっとした。
随分前だったんですが突然そんなスポーツに目覚めてどうしたの?と思い、大好きなイメージが~と、ちょっとガッカリしてたんです実は。
いや健康的な方がいいですよもちろん。
でもやっぱり何ていうか、お家に引きこもって芸術的なことしていて欲しいというコチラ側の勝手なイメージ。

長谷川辰雄は
ソ連軍の捕虜となり色々変わっていくのです。
自分のしてきたことを逆にされる・・・みたいな。
自分のしてきたことに気づいた時、横顔なんですが涙がス―っと流れ・・・その顔がなんとも印象に残ってる。

クール鬼顔が大好物で、哀愁な目も大好き。
両方満喫できました

なんたって軍服好きだし
しかもソ連とドイツの好きなんだな
ソ連とドイツでも上官軍服が見たかったな~←あり得ないし

内容もいい映画でした
戦争のことも、どっちがいいとか悪いとかという単純な内容では無かったです。

それにしても改めてまたオダギリジョーという俳優のすごさを見せつけられました。

チャンドンゴンは韓流ということで、よく居るアイドルチックな人?と思ってたんですが(韓流作品ほとんど見たことないので)いい俳優さんですね。
この二人だからこそ良い作品になったんだなーと思った。

今公開中の「山本五十六」も気になってたんですが、マイウェイ見ちゃったらお腹いっぱいでもういいやと思ったです。
DVD出たら見ます

今週はミキティの友情のゆくえ編、公開だけど大丈夫か?私
こんなお腹一杯映画見た後に・・・
全く土俵が違う作品で良かったよ(^-^;



BS歴史館「新選組 時代を先駆けた最強軍団~近藤勇・新たなる真実~」

BSプレミアムBS歴史館で昨日放送されて見ました

辻本君の誕生日だということにフワフワしてたもの
最近、新選組そのものより、天使な総司に頭浸食されていても、やっぱり史実研究が一番おもしろい

最近歴史ブームで番組増えたのは嬉しいけれど、でもあれもこれもなんていうか物足りなく、時にはくだらない・・・って思えるものも時々あったけど、さすがBSプレミアム見応えのある番組でした。

あっ!くだらない・・・って戦国鍋とかは別ですよ。あーいうのは、元々笑うために見てるんだしね。よく「知られざる新事実が!」てきなお題にして、そんなこと好きなら知ってるし・・・みたいなこと並べただけのがあるので。

新発見の史料を通して、俳優の高橋英樹さんをゲストに、大河ではお馴染みの竜門冬二や大石学が出てました。
大学の教授達の解説もありました(名忘れた)

歴史はいつも新しいものふれてないとダメですね。
研究はどんどん進化しています
もっともっと色んな史料が発見されて欲しいな

「近藤勇の意外な実像に迫る!」というのがテーマで、新選組というとまるで時代に乗り遅れた組織という印象だけど、実は近代的軍事組織をつくった先駆けだったというテーマでした。

自分がうっすらと思っていたことが、研究者達にきちんと解説されたようでいちいち納得。
スッキリした~

なかでも近藤さんの解釈は良かった
近藤さんにはこうあって欲しい・・・という自分の理想像がありつつも(新選組ファンなので)後半の近藤さんは、きっと変わってしまったかも思ってました。

が・・・
「英雄ではないものが 英雄である」
という近藤さんの漢詩が彼の哲学であると
新しく発見されたあの掛け軸が、ど~んと紹介されてました。

そうであって欲しかったんだな近藤さんには
後半は出世欲にかられてたのでは?という
論調もあったので、そうなのかなーなんてチラッと思ってたりしたんですが

この番組ではなんと、斬首すら
切腹こそが武士の死に際・・・なんていう形式的には拘らず
斬首でもかまわない全く恥ではない!
と思ってたのではないか?
という豪快な近藤さん像を言っていました。

良かった
素敵です近藤さん

そして言われてみれば、身分に拘らずにあれだけの組織をつくりあげた人だもの、「武士になりたい」というのは、表面上の形式的なことに拘るのでは無く、やっぱり「心で武士になる」という人だったんだなと。(組!のセリフ?笑)

あの時代の武士なんてもう戦など知るはずもなく、形式武士だもんな~
江戸時代というのは武士に限らず色々なものが形式的なものに固たまっていく時代でもあったし。それだけそれまでと違い平和だったということだけど。

「英雄ではないものが 英雄である」
周囲にヒーロー扱いされることなどどうでもいい、自分が何を思いどう動いたか、派手な脚光を浴びてる人よりもそうじゃない人の方が、本物が居ると考えてるような人だと思いました。

言葉で表すの難しい(笑)
更に新選組が好きになった。

でもでも
斎藤完全スル―にやや不満(慣れてますが何か?)一瞬組織表の登場だけ

あと池田屋でのことを書いた近藤さんの手紙
沖田の刀が割れた
ってとこにキュンとしたのはなぜ?

そう言えば戦国時代に確か多摩で、あの武田軍を押し返したことあった記憶が・・・なんとなく知っていたものの(いや記憶怪しいか?)脳内で新選組の多摩と繋がらなかってなかった。他とは違う多摩地方の人々の考え方も目から鱗の番組でした。

辻本君お誕生日おめでとう

今日はお誕生日です
夜には新選組の番組もやります
なんだか嬉しい日

御本人にむけてのお言葉は
日付超えたとたん
ツイッターやアメブロのプレゼントでしたので
ここでは書きませんが

来年もハイテンションで祝いたいな
俳優さんって
やっぱり「役」が大事なポイントなので
役が好みでなくなると
テンション下がっちゃうんだな

でもあの一生懸命さに心惹かれているので
役でテンション下がっても
大丈夫かな?とも思う

元旦の時のブログ記事なんて
も~う
なんてかわいいんだろ!頑張れぇぇぇ
って、ほんと思ったもん
この感情は役には全く関係ないし(笑)

今度舞台があったら
期間にもよるけど1度だけじゃなく
数回行きたいと思ってます

今まで舞台は一つの「作品」としか見てなかったんで
一度に集中して大事に見たいと思ってたんですが

LIVEと同じで
その時々のリアルな違いを感じたいと思ってます
LIVEなんて同じツアーでも何度も行くもんな
そう思うとなんで1度でいいや?と今まで思ってたんだろ

こんな風に思ったのは舞台では初めてだ
童美があまりに素敵すぎたからです

あんな可愛い素直な一生懸命なこと書いたりしてても実際は実は違うんじゃねーの?という疑いも、柱の影からの鋭いウォッチングで晴れたし(笑)

いやこれからも全てを本気にしてると生活に支障がでるくらいハマってしまうので、抵抗するよ時々。いやこれ営業トークだしって←無駄な抵抗(笑)

それにしてもまた総司に逢いたいな・・・

カーネーション@須賀

ほとんど感想書けてませんでしたが録画してあるのは、まとめて見ていました。

須賀ファンの勘(笑)予想通り、イケメン枠(ライダー枠?笑)交代のため戦死←ストーリーには全く関係ないし!

泰蔵兄ちゃんお目当てで見てたので、居なくなってしまったのでまとまった感想書いておきます。

朝の連ドラ決まった時はすごく喜んだ記憶があるのですが、いざ撮影が始まった頃は辻本総司熱が沸騰状態で(笑)超ワクワクして見始めた感じでは無かったです。(それより血風録終わってしまった寂しさが・・・)

朝の連ドラをまともに今まで見たことは無いけど、けっこう面白いんだなと思いました。
ただ時代が大正時代からだ!・・・と、超期待して見始めた単なる歴史好きには、やっぱり朝の連ドラは物足りなさ満載。
朝からヘビーな社会状況や戦争状況はキツすぎる(笑)のは解ってます。

だから一番印象に残ってるセリフが泰蔵兄ちゃんの母が、糸子にキレたあの暴言セリフ。
これひどいな~とストーリー上は思うものの、私が糸子に感じてた印象感情そのものだった気がする。
あの時代に女性が好きな職業を貫くのは相当大変だったと思うけど、けっきょく色々恵まれ過ぎてるなこの人と思った。
だからヒロインにずっと感情移入が全くできなかったな。

どうも鼻につくヒロインと思ってたら、映画で辻本君に超惚れられる役やってた人だったんだね。全く気づいてなかったけどコメントで教えて頂き、あっ!だから無意識でも鼻につくのか?とも思ってみた(所詮そんな理由w(゚o゚)w)

泰蔵兄ちゃん
大正ロマンな素敵なお姿が見れるのでは?と始まる前は期待してたのですが、ずっと大工姿。1度紋付袴があったのと、出征軍服のみ。
ん~~~物足りないすぎた。
でも意外にあの爽やかな大工姿は、好評だったらしく嬉しいです。
誰?この格好いい人?って。
私が爽やか&短髪が苦手なだけなんですが。

役柄があくまでも憬れの人ポジションなので、ちょっと遠くからの目線で描かれてるから感情をだすようなシーンも余りなくこれまた物足りなかったものの、出征の時の顔は、そんなに喋らなくても目の演技満喫できた。切なかったな。

けっきょく憬れの素敵な人のままわけわからんまま居なくなってしまった訳だけど
本来ならもうドラマ見ないけど

もうそろそろ綾野剛くん登場です!
見るでしょ見るでしょ
綾野くんはクローズZEROで私の目にとまり(笑)その他小栗旬と須賀君との共演映画が2度。
ゴールデンタイムな民法ドラマにも出てたけど、この人は映画のがいいなーと思ってました。

が、辻本君のツイで
血風録にゲストで出ることを知りビックリした
あの「臆病者」の長坂小十郎が綾野君です。
総司キュンを抜くと
「臆病者」が一番まともなストーリーだったと思ってます(土方さんに賛否両論が湧いたけど)

クローズでの喧嘩シーンの動き見てから、武士役で殺陣見たいよと密かに思ってたのでストーリーの良さと外見の格好良さにあの時だけは総司がややかすみました。

ということでまだまだ
カーネーション鑑賞は続きます。

が泰蔵兄ちゃん、サヨナラ~

早く撮影してる情報解禁お願いします。

またまた暴走

マンショ様の踊りが目に焼き付いて
沖田総司の恋を見ても(また見てるんかい!)
あの純情な真っ白さが
雪が似合うあの透明さが
うさんくさくなってたお正月(笑)

また暴走してしまいました

>

「GO!天正遣欧少年使節」 を購入♪

貼ってあるのはCDですが さすがにアルバムは要らないので アップルで1曲だけダウンロード ついでに信長と蘭丸の曲も(笑)

このCD出た時から実は一瞬欲しいかもと思ったんですがさすがにね(笑)

ハイ 音源は辻本君ではないですよ 解っています。

でも マンショパートのとこで脳内変換できるんだもの←得意技(笑)

いつでも せくすぃ~な辻本マンショが妄想できる

自分の過去記事探したら もうココではっきり天正遣欧少年使節の名出してる。その前の七本槍の頃から何となく番組は見てたんですが、天正遣欧少年使節で完全に番組好きになった。

過去記事で書いてあるディケイドのゴダイ君って、ディケイドでのクウガなのね。

そう・・・オダギリ斎藤に落ちた時(笑)DVDでクウガを必死に見た私。

これが初めてのライダー鑑賞だったな。

ゴダイ役の村井君は、テニミュにも出てて辻本君と共演しててこれはもしかしてゴダイ君でないの?と思った。

それが天正遣欧少年使節でも一緒なんだもの~

自分の知らないとこで、なんかこう辻本マンショにハマる準備ができてた気がしてならない(笑)

ipadの良いとこは、ダウンロード購入での音源がド~ンとでかくジャケットが出るとこ。ダウンロードよりCD世代なのでね。大きさがないと(笑)でも、このCDと同じジャケットがド~ンと出ると何故か隠したい衝動にかられるのです(コソコソ)

ipdの中にROCK以外の曲が今まで全く無かったので、御本人のCDのと鍋だけがかなり浮いてます(笑)シャッフル再生だとちょっとあり得ないことが起きるので、テンションの違いに全くついていけずシャッフル再生を最近できない(笑)

今月はミキティの公開と血風録DVDの2が出るけど、その後のお仕事情報早く解禁して欲しいな。もう飢え飢えが始まってます。

個人的には舞台がいいなー。

BS歴史館「新選組 時代を先駆けた最強軍団~近藤勇 新たなる真実~」放送

NHKBSプレミアムで放送されます
1月12日(木)午後8:00~8:57
詳しくはココでご確認を

組織論みたいですね
おもしろうそう

検定はまだ申し込んでませんが、受けます
級に迷ってますが
ツイッターで
例題みたいの何問か出て2級でもそんなに難しい気はしなかったけど、たった5問だったのでたまたま簡単だったのかな?

1/6発売の歴史街道に検定のことが載ってるらしいですがまだ買いにいけてない。
急がないと割引の期間に申し込めない早くしないと。

伊東はマンショ〜♪♪♪

明けましておめでとうございます
記事の題名で
解ると思いますが(笑)
今年も引き続き、総司&辻本熱が冷めそうもない
ブログとなりそうですが
呆れずに宜しくお願い致します

1325474238487.jpg
雑誌なら良いだろうと
奇跡のツーショット(笑)
この組み合わせ本気で見てみたい今日この頃です
組!ファンの皆様、血風録ファンの皆様
ゴメンなさい*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

年越しは辻本様
でカウントダウン
生中継でやっと歌うところ見れました

大好きなアノ伊東マンショを
まさかするとは思ってなかったので
ほんとビックリ
絶対似合うに違いないと写真等で確信
してたんですが、

実際動いてるとこみると
あのユニットでは爽やか、イケメン、王子的
キャラなマンショだったはずだったのに
辻本マンショは
なんか、妙に、せくすぃー、ややエロ
を感じました

なんで?
辻本君は元々可愛らしく爽やか奈のに
せくすぃーに(゚O゚)\(- -;

いや嬉しいけど←おいっ!

TVでのマンショとはキャラ被ってなくて
良かったのかな?
でもTVのも大好きなんだけど

生中継はもう一度だけ時間内なら
再放送を無料でできるので
昨夜は
マンショだけヘビロテしてました

最初はニコ動に2000円課金って
高いよ!
と思ったけど歌ったので満足です
明治座では無かったから歌

生でなくても課金すれば
まだ見れるので迷っている人居たら是非!

セクシーな感じって
今のところ他の役でみたことないよな辻元君って

踊りは綺麗だった
あのユニットはむしろ
ちょっと危ういような踊りと歌が
魅力的だったんですが
完璧すぎでした
辻本マンショ♡

踊り中の剣の使い方は抜きん出てました
さすが沖田です
西洋の剣でも問題無し

でもちょっと歌ってる時
顔恐すぎでした

TVマンショは
爽やか笑顔ふりまく感じだったんで。。。

でもエロマンショやっぱ大好き

最後に出演者が全員で餠投げしたのですが
辻本君
手渡しとかしてたね
優しいね

でもこれ
バンドマンだったら
この優しさが
やっかいな揉めごと作るタイプだな
なんて思ってしまいました

さて
今年は平和な一年となるよう
更に強く願った元旦でした
元旦早々、やや大きめな地震が連発してます
皆様と笑顔いっぱいで穏やかに過ごしたいです

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ