久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« BS歴史館「新選組 時代を先駆けた最強軍団~近藤勇・新たなる真実~」 | トップページ | 新選組検定申込終了 »

オダギリ主演「マイウェイ」感想

ちゃんと公開日に見にいけました
マイウェイ

チャンドンゴンと共演、カンジェギ監督
ということで
この映画決まった時、え???
オダギリがこういうタイプの作品によくでたな・・・と思った。
やっぱり最初は躊躇したらしいですね(笑)

カンジェギ監督と言えば、シュリをぱっと思い浮かべます
そんな感じの中にオダギリ???と
想像つかなかったんですが

すげー格好良かった
オダギリ演じる長谷川辰雄は、エリート軍人
典型的な日本軍人でした
エリートっぽいのがすごく似合ってた
きゃっ素敵!

が・・・そんな風には話は終わらない
スタント無しの戦闘シーン(役者さん相当きつそう)
見る側がまるで戦場に居るかのようなカメラワーク
音も映像もものすごい迫力でした

内容に関しては公開したばかりなので詳しくは書きませんが、これモデルとなった人が実際に居たのだから、すごい人が居たもんだと思った。日本兵、ソ連兵、ドイツ兵として戦ったなんて(そうせざるおえなかったんだろけど)

長谷川辰雄はエリート軍人なので、最初はとっても嫌なやつ(笑)
でもそこが好きなんだな
プライド高くで強い
軍国主義教育に素直に綺麗に染まってしまった人

戦闘が負け気味になってくると
銃などに頼らずに刀振り回す

斎藤好きにはたまらないシーン満載でした
介錯のシーンも一瞬あったよ
まるで鬼斎藤見てるみたいだった(妄想発動・笑)
部下に山本太郎居たし(サノ役者に戻っておいで~)

オダギリが突然マラソンやりだしたりサッカー(フットサルだっけ?)やりだしたのは、この映画か・・・と、ほっとした。
随分前だったんですが突然そんなスポーツに目覚めてどうしたの?と思い、大好きなイメージが~と、ちょっとガッカリしてたんです実は。
いや健康的な方がいいですよもちろん。
でもやっぱり何ていうか、お家に引きこもって芸術的なことしていて欲しいというコチラ側の勝手なイメージ。

長谷川辰雄は
ソ連軍の捕虜となり色々変わっていくのです。
自分のしてきたことを逆にされる・・・みたいな。
自分のしてきたことに気づいた時、横顔なんですが涙がス―っと流れ・・・その顔がなんとも印象に残ってる。

クール鬼顔が大好物で、哀愁な目も大好き。
両方満喫できました

なんたって軍服好きだし
しかもソ連とドイツの好きなんだな
ソ連とドイツでも上官軍服が見たかったな~←あり得ないし

内容もいい映画でした
戦争のことも、どっちがいいとか悪いとかという単純な内容では無かったです。

それにしても改めてまたオダギリジョーという俳優のすごさを見せつけられました。

チャンドンゴンは韓流ということで、よく居るアイドルチックな人?と思ってたんですが(韓流作品ほとんど見たことないので)いい俳優さんですね。
この二人だからこそ良い作品になったんだなーと思った。

今公開中の「山本五十六」も気になってたんですが、マイウェイ見ちゃったらお腹いっぱいでもういいやと思ったです。
DVD出たら見ます

今週はミキティの友情のゆくえ編、公開だけど大丈夫か?私
こんなお腹一杯映画見た後に・・・
全く土俵が違う作品で良かったよ(^-^;



« BS歴史館「新選組 時代を先駆けた最強軍団~近藤勇・新たなる真実~」 | トップページ | 新選組検定申込終了 »

オダギリジョー」カテゴリの記事

コメント

予告編のオダギリジョーがあまりにかっこよかったので、見に行きました。素晴らしかったです!
でも、日本軍があまりにひどく描かれているので、複雑な心境。軍隊はどこも人を変えるということが描きたかったのでしょうか?
山本太郎さんも頑張っていたけど、血風録の浜田学さんも、よかったですね!
(どんな目線で見てるんだ・・・)

書き忘れてました。鶴見辰吾さんも、渋くてよかったですね!

睦月さん☆
見にいかれたのですね!

新選組!と新選組血風録と
作品別ですが
ついつい隊士として見ちゃいますよね(笑)
かなり隊士妄想湧いてました私。
マイウェイとは関係ないけど、隊士祭だなこれ・・・って。

日本軍に関しては韓国の作品ということで、私は覚悟してたので
意外にそうでもなかったという印象でした。
ソ連軍のこともドイツ軍のことも描かれてたし。

監督は、戦争の加害者、被害者という一方的な立場や視点では無い
戦争の背景などを描くのではなく、人間を描きたかったと言ってるので
その通りだったと思いました。

オダギリファンとしては、韓国作品で日本の軍人という微妙な役を演じ
エンドロールトップが、チャンドンゴンでは無くオダギリだったのが
やっぱりオダギリって、すごいな~と感動してしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オダギリ主演「マイウェイ」感想:

» [映画感想][オダギリジョー]「マイウェイ 12,000キロの真実」(カン・ジェギュ監督) [流れるままに徒然に。]
 1928年、京城。両親と共に将校である祖父(夏八木勲)の元へ引っ越してきた少年・長谷川辰雄は、使用人の息子で同年代の少年・キム・ジュンシクと出会う。どちらも走ることが得意な二人は出会った時から競争を始め、やがてマラソン選手としてライバルとなっていく。しかし... [続きを読む]

« BS歴史館「新選組 時代を先駆けた最強軍団~近藤勇・新たなる真実~」 | トップページ | 新選組検定申込終了 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ