久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

明日は新選組検定

こんな多忙な時期に受験とは無理過ぎと
思いつつ、二度と出会えないであろう容保キュピーに
つられて受験するのですが、
予定通り何もできてない(笑)

おまけにバンドさんのことで嬉しいお楽しみが
重なってるので
祭は来週から本格的になるし
テンション自体が新選組に興味無し状態
キュピーも受験当日には貰え無いと知り
よけいにテンションが~

気持のオンオフがほんと激しいなと思う。

が、ずっとハイテンションでは長く好きでいるのは無理だしね。

話は変わるけど
今週であの日から1年が過ぎ
その節目としての今の自分の想いはあっちで書いた
あの日から一日一日を悔いなく過ごすというのが
テーマになってた私ですが、それは日々の
仕事だったり遊びだったり諸々なんですが

地震への備えも同じなんだなと
数日前に気付かされました

自分が今できる限りの
備えや心構えをしておく
それは必要以上に大げさなことをすることでは無く
あくまでも自分ができること。
もし自分なりの最善をつくしておけば
もしもの時に、後悔が無いと思いました。

人間が頑張って頑張って出した
自然の動きへの数値
どんなに研究が進んでも自然界のことなど
人間が全て把握などできる訳では無いし
自然をも支配できると思うのは大きな勘違い。
でも、その頑張りはちょっとした物差しにはなるかもしれない。

なーんてことをお楽しみフワフワ中に
考えた今週でした

本日の頼長様

出番少なくて寂しかったです
新キャラ登場の日ですから仕方ない

朝廷のグダグダ愛憎劇に嫌気がさしたようでさっさと居なくなってしまった頼長様

そして、あの後白河法皇も
あんな強烈キャラで登場
でもビジュアルはとてもきれいな親王様でした

どんだけ今年の大河は主役がいっぱい?
って思ってしまう。

今のとこ当然源氏はパッとしないわけだけど
ここに源氏が色々加わってきたらどんなことになるんでしょ?
楽しみだー

こういう面倒くさいお話大好きです

あとあれね
子供の時から歴史は好きで
平安時代終わったらテンション下がったり
世界史ならフランス革命でナポレオン登場するとテンション下がったり
な、ご幼少な頃の王家や貴族好きーな
あと、中国の愛新覚羅溥儀な頃にも相当ハマったしな。
なんだか、あの気持ちがまた湧いてきていたりします。

だから、組!見る前は、ほんと江戸時代&幕末大嫌いだったんだな。
大河で「新選組!」って、なんだよこれ!ふざけんな!と思った2004年スタート時
今ではすっかり変わり果ててしまった。

愛新覚羅溥儀にものすごい興味抱いた時点で私は時代の変革時が好きなんだなと今は思う。

いつも滅ぼされる側に興味を持つ習性は変わってないかもしれない。なんでだろ?

銀のエンゼル


辻本君が出てる映画の中でこれが作品としては、これが一番好きだろうと思ってたので、見ないように大事にとっておいた作品
辻本不足発作時のために、ゆっくりゆっくり過去作品を見ないとねという感じでね。

我慢して我慢していたのに
見た結果
え?これ見たことある~でした(笑)

なんだよ我慢しなきゃ良かったというオチ
過去に見た時は辻本君など知らないで見てたんですがね
でもね
主人公の娘が(辻本君の同級生設定)家出する時の駅での辻本君のセリフ、めちゃめちゃ覚えてたんですがっ!
何これ!こんなに覚えてるのに全く眼中に無かった残念な私(;ω;)
金八もそうだったノブタなど全く眼中に無く見ていて、でも辻本君お目当てでDVD借りた時、わっ!この一瞬のシーン限定でキュンとしたなという記憶が蘇った。キュンは一瞬で、キュンしたこともすっかり記憶になかった状態。
えっとその時のキュンの心の中は、え?こいつこんな意外に可愛い顔するんだ!でした。普段は自分の好みから遠い顔と思ってたので焦った。←なのに沖田を見ても全く思い出せなかった(笑)

映画としてはやっぱりいい映画でした
「水曜どうでしょう」とか「おにぎりあたためますか」を知っていると映画とはまた別のとこで楽しめたり。笑えたり。

北海道の綺麗な風景や、そこに暮らしてる人々のどことなく温かいお付き合い。
いいなーのんびりしていてと思っちゃうのです
時間がゆっくり過ぎてるように見える
それに対し主人公の娘と同級生の辻本君、高校生は、やはり都会に憬れているという。

辻本君の役は牧場の息子で高校生
今とは違い(おいっ!)リアルな高校生姿です。
ダンスが大好きで仲間たちと主人公のコンビニの前で踊っています
ダンスシーン見れますよ(マンショ様のが激しかったけどダンスは)
高校を卒業したら東京に行ってダンスをしたいと夢を抱きつつも、やはり牧場を継ぐという現実的な選択をするどこにでも居るような平凡な高校生の役でした。

ちょっとクスクス笑えて(NACKS知らないとクスクスできないか?)ちょっとドキドキして、ホッとする映画そんな感じです。

この感じは絶対洋画では出せない邦画ならではの空気ですね
邦画好き好きー
大型邦画は嫌いだけど(笑)

映画いっぱい出て貰いたいなー
もちろん大型じゃないの

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ