久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

映画「とびだせ新選組!」2013年初夏公開予定

いつもお世話になっている あさぎさんのところで知りました

映画「とびだせ新選組!」
↑映画公式サイト

現代にタイムスリップしてくるお話らしいです

撮影開始ニュースはコチラ

隊士が現代にタイムスリップしてきたら・・・という妄想けっこうするので、自分の妄想が映像化されるみていでそこの部分は楽しみです。

映画としてのクオリティーとかは全く期待しないでおく。

あと、役チェックしたら斎藤一の名があったのでうん、宜しい(何?)
誰が演じるか解らないけどねまだ。

タイムスリップしてきて若者に忘れ去られた侍魂を教えるという設定なので、名のあがってる役者さん達がちょっとご高齢でイケメンは期待できそうにもないけど、とりあえず公開が楽しみです。

書にしたためました(笑)

殿、綾野で興奮してましたが(笑)

いや待て!

肝心な

斎藤・・・

出てくれぇぇぇ

ですよね?

キャスト発表のとたん、斎藤!!!

で盛り上がってたのですが

やっぱり殿は最重要ポイントでもあるし

斎藤はスル―かもしれないし(しょせん新選組・泣)

携帯からの方には解りませんが(スマホはPC表示でヨロシク)

左サイドバ―の掛け軸

今の気持ちを書にブチ込んでみました

見たいよね!斎藤

斎藤出れば、正直

他隊士いりません←ここまで思いつめている

他は他で何かで見れるからいいでしょ?

斎藤こそ

真っ直ぐな会津魂に通じるのです

忠義を尽くす武士道の人なのです

人にも何にもブレないポリシー。そこが大好きで

結果、新選組も好きになったわけで・・・

何が言いたいのか

よく解らなくなってきたけど(笑)

るろ剣とオダギリ斎藤と薄桜鬼で3トップに次ぐ人気者になってきたけど、もっと映像物見たいのです!少なすぎる!

どの隊士よりも作品としては、ドラマチックと思うんですがね。



「八重の桜」の出演者追加発表!

やばいです興奮してます
「八重の桜」キャスト
ツイッターから即効で飛んできました!

綾野剛が松平容保なのです!
胸がドキドキしてます(笑)

自分の好きな人を好きな人が演じるのを待つのはきっとお初な経験?

綾野君なら組の殿より
もう少し悲劇の会津藩主っていう哀愁部分が出ると思います。
個人的好みで言えば、時々激しくキレてくれると嬉しいな(笑)
組の殿はお育ちの良さに満ち溢れていて、一番好きでしたが、さーどうなるか?

他のキャストも照姫以外は
みんなイメージ通りに感じません?
白虎隊の時と被ってる役者さんも居ますね。

もう楽しみすぎるぅぅぅ

さて綾野君と言えばあのお方・・・
同じく元ライダー
映画で共演
綾野君と同じくカーネーションも出てた
須賀君・・・
天地人の宇喜多からだいぶたったので、私の悲願の幕末いかがかしら?半次郎は敵だったし(誰の?)桜田門外の変では、安政の大獄ですぐお亡くなりになってしまったし・・・新選組か会津藩士希望です!と、勝手に考えてみる(笑)

ヒストリア@藤原頼長

以前放送されたものが今週再放送されました。
これその時見たことあるかも?
あの時はそんなに興味のある人物では無かったのですが

いやー

今は大好きです!(え?)

山本副長が大河で演じると知った日から軽くは色々調べていました。演じる御本人の言葉と合わせると

「悪佐府」なんて言葉は、きっと悪人だからとかでは無く、きっと当時の貴族達には真っ直ぐすぎて、自分達に都合悪くて「悪」というあだ名ついちゃった?なんて思ってましたが

ヒストリア見たら、正解でしたね

色々な決まりごとは形だけになってしまい守る人も居なく、政のことなど真剣に考えることなど居なくなってしまっていた当時の役人(貴族達)に

法律を守れ!もっとちゃんと仕事しろ!

ってやっていただけなんだな・・・と。

現代で言えば国会でずっと寝てるオッサンに、ゴラっ!ってした感じ?(笑)

ちなみに番組では、遅刻したら家を焼いたとだけ紹介されてましたが、遅刻と言っても朝廷の儀式、つまりとっても大事な時のことなんだそうです。番組のつめが甘い・・・

天皇家の戦で闇討ちなどという卑怯なことはできないとして負けてしまった頼長。なんて素敵なんだろ?こういう人好きです。

つまり

新選組好き

副長好きを狙ってのキャスティングか?とまで思ってしまう(笑)

自分の子供にあてた手紙には、とにかく朝廷のことを思い仕事をしなさい働きなさい。自分の私利私欲は求めてはいけないと書かれてたそうです。

藤原摂関政治復活を狙ってただけの人なイメージでしたが、そんな単純な人では無かったのですね。だから最後は藤原家からも嫌われた?

最後があまりに悲しすぎます。

どうして周囲に染まらない真っ直ぐな人は、いつもこうなんでしょ・・・

今週の大河が更に楽しみなったー!←そのためのヒストリア再放送(笑)

頼長の日記な「台記」読みたくてしょうが無いのですが、パッと調べただけでは無かったー1960年代位に発売されてたんですね。どっかで売ってないかな?

また後でじっくり調べてみよう。

舞台ニンギョヒメ 感想その3

グダグダわけわからん感想におつきあい有難うございます
これで終わります

↓これパンフの中の写真

1337585992730.jpg
最初、舞台の記者会見写真がこの髪型だったんで、笑ったね(ゴメン)焦ったね。なぜかギリシャを思い浮かべます。ギリシャは今大変なのです。本番もグッズ写真もこんなにチリチリじゃなくて良かったです。悲しいお話で笑いこらえるのどうしよう?まで思いつめていた私(おおげさ?)

さてアフタートークです。舞台終わったら感動をそのまま持ち帰りたいので、トークは苦手なのですが、見ないで帰るわけにはいかん!観てきたよ。

さっきまで泣き顔だったリンネちゃんが、笑顔で出てきました。あーいつもの辻本君だ・・・リンネちゃんはもう居ない(笑)みたいな。

役と似ているか?の質問に、全く似ていないと全否定。リンネみたいに女性に自分からいけないそうです。

十分リンネも想いを伝えるため相当ウジウジしてたんだけどな。それよりダメなんだ?フーン・・・ウソでしょ?←私の心の声

今日の舞台前に、トーク一緒の榊原くんのカップラーメンにぶつかりこぼしてしまったそうです。

榊原くんかわいそう・・・食べようと思ってたんだよね?←私の心の声

稽古で笑えたエピソードを質問され、いしださんが最初のダンスシーンを合わせる時に、上半身裸だったので、おかしくておかしくて・・・と、辻本君が言いかけたら

西の魔女が魔女のまんま後ろを通り過ぎる(かわいい)

辻本君ビックリ!慌てています

そして笑えることなどなかったと、裸での練習を否定(笑)

裸での練習むしろ見たかったな←私の心の声

あとなんだっけ?

あっ榊原くんとのお互いの第一印象は、お互いに「イケメン」と言い合ってた。辻本くんはイケメンにイケメンって言われたくないと言ってたな。

MCが関西弁だったんで辻本君もちょっと関西弁になってたな。

稽古中に榊原くんから、声かけて貰って嬉しかったと笑顔で言ってました。人みしりですからね。

良かったでちゅねぇぇぇ←私の心の声

それから、稽古はいしださんが入ってから、ビシッと引き締まったそうです。

解るなそれ。あのオーラだもんね。勉強になったかな?←私の心の声

だがしか~し!

↓いしださんが居るであろうパンフの稽古の様子

1337585996262.jpg

このイチゴの模様はいかがなものか?

これで、ビシッと練習できたのか?いいのか!

な~んて思ってみたり(笑)

超超超ご丁寧に頭を下げて、リンネ辻本は去っていったアフタートークでした。

舞台のそででもう一度頭下げるもんね。

さすが計算男だ!騙されないよぉ(なんだそれ)

いしださんが自分の名が出ると、悪戯っ子みたいな顔して何度か後ろに登場しては去っていったとこが面白いアフタートークでした。

舞台「ニンギョヒメ」感想 その2

続きを明日に延ばすと
絶対違うスイッチ入って書く気無くなると重い連投

「俺こんなとこでなにやってるんだろ?by早川正義」
こんな心境です
一番大切なことが待ちかまえてるのです

ってことでリンネちゃん舞台

舞台の始まりは静でした
ギリギリまで近くでお茶してたので
ちょっと慌てて着席したので
落ち着かないまま舞台は静で始まりました

正確なセリフは全て忘れてるけど
苦しい苦しい・・・これで良かったのか?
どうしてこんなことになってしまったのか?
と迷う苦しい気持ちの葛藤から始まりました

薄暗いはじっこ下手にリンネ様は立っています
セリフも無く、光も当たらない場所に居ます
なので顔は見えません
でも姿をキャッチー!←壊
そして無言のまま上手に移動
同じく真っ暗な場所

物語は悲しいお話と思っていたのでここは想定内

だがしかし
突然爆音ROCK調の曲がかかり全員ダンス

え???

やっと辻本君の顔見れたー!

爆音ROCKで好きな人の顔見える・・・
ここは、咲きたい
ゆぅきぃぃ~って!
注・実際はライヴで咲きはやりません。オバギャのプライド(笑)ネタで咲く時はあるけど。←なんだそれ

何が言いたいというと
ほんとジッと見てるのって、かなりストレスなのです。疲れるの。じっと椅子に座ってるの。これだけは治らん習性

辻本君のダンスは綺麗でした
そんなに激しいわけではないですが(コントンの後だから)
姿勢とか腕の伸ばし方とか綺麗なんですよね。
とにかく線が綺麗。
子供の時から劇団に通ってれば当然なことではあるけど、ウットリします。

しか~し!
ここで西の魔女にやられる
主役魔女なので
みんなと同じフリはしないけど
なんでしょ?この存在感
まさに魔女だぁぁぁ

いしだ壱成さん
男に見えず
魔女にしか最初から見えませんでした

役者が役者本人でなく
その役にしか見えない。個の顔が見えない。これ大好物なんですがっ!

とテンション上がったー

んでリンネ様

前半は
無邪気な少年
ニンギョヒメもまだ無邪気
大人になって許される、人間の世界を見れる事にワクワクしています
人間のことも全く知らない無知な子供
でも未知なる世界への興味は深々

思春期寸前な感じです

御本人もブログで言ってますが
これは演じ易かったと思う
かわゆい辻本君全開(笑)←かわいく見られるの好きだよね?

そしてまた私は西の魔女に釘付け・・・
前半は声を無くしてるので
全てセリフ無しです
なのに

すげぇぇぇ
圧倒されました
何あれ?手話と表情と動きだけで伝わってくる複雑な感情(´;ω;`)ウウ・・・

弱いのこういうの
これこそ役者魂
それをするっと軽くやってるんだもん
必死だと、ひきますが
天性のものとは、こういうことなんだね

天才モーツァルトは
音楽以外は、かなりおかしな人でしたが、音楽に関してはまさに天才
作曲中の楽譜にひとつも間違いが無いのです
でも、世間的にはおかしな人
好きなんですこういうの
歴史上の人物での初めての恋はこの人でした
どんなに素敵な人~と思ったら病んでるんですもの
ショックだったー
私生活のあれこれに
だいぶ凹んだ小学生だった私・・・でも好き
頑張りを意地でも絶対見せない天才

そんな天才のイメージが湧きました

はい
相反する必死に努力方のあなた
リンネ様

後半は
感情爆発

得意だよね?
うじうじしてたのに
ぱつっとキレる役は

気の弱い感じ
そして
弱さから激情へ・・・
THE辻本王道パターン?

好きです

泣き顔似合うよね
ぶちっとキレて叫ぶの似合うよねー

あの沖田が
グチャグチャな顔して泣くの
辻本くんだから許されると思うの
他の人だったら
そんな弱い総司は絶対見たくない!と思う

ちょっと脅し(え?)をかけたら
だからなのか何なのか偶然か解らんけど
今回は役と作品についてちゃんとアップしてくれました

複雑に考える役ではなかったと
だったら・・・・・・・何故にあんなに大変大変と言ってたのか?
いつものことだけど(笑)
いつもより大変そうだったよね?

他の人もそうだけど
1人で妄想チックに言うセリフが多かったね
お話が
色々並行して進んでいるので

リンネは
薄す暗いとこで動きもセリフも無くじっと立ってるとこけっこう多かったね
でもちゃんと見てたよ
拳を握るかのような手の動き
悲しい辛い表情・・・

あんど
足の指(殴!)

前半から中盤は西の魔女との絡みなく
(色々なお話が並行して進んでいるので)
これで終わっちゃうのか?と思っていたら

キタ―

天才との絡み

激情は西の魔女のきっと得意技

最高でした!

リンネの真っ直ぐな激情に
複雑な西の魔女の激しい鎧が溶けていく感じが最高でした。

憬れの大人の未知なる世界は
無邪気な時よりずっと素敵ではなく
でも
やっぱり色々なことを知って
色々な感情が湧くのも辛いけどやっぱり素晴らしい

成長とか
自分の壁を破るのは
勇気が要ることであり
辛いことではあるけれどもそこをつき抜けないと
やっぱり前に進めない

リンネを
漢字にすると輪廻(笑)
同じとこをグルグル回っていたのでは進めないのです
輪廻突破には勇気しかない

祐樹でいいけど

進むことは痛みもあるけれど
その痛みは意味のあること痛みなしでは成長できない

んーーーどんだけ考え過ぎ自分!(笑)

解っているけど
やめられん!


こんな感じでした

どんな感じかよく解らないね
まさに混沌とした私(笑)

つーことで次は
トークだね
はい












舞台「ニンギョヒメ」感想 その1

チケ発売後に告知された舞台
慌てたね
考える暇無かったね
夏の方のは日程が厳しそうだし、ここでと
(夏は激務なんと夏の終わりってだいたいライブがある)
チケ取る時まだ出演者名にチケ会社に辻本君の名がなかったけど
勝負で購入
もし出なかったら?出ない日だったら?
よし!いしだ壱成を見ることでも楽しみにしようと・・・←じゃっかんヤケクソ

結果
とった日が、辻本君がトークの日となり
トークは要らん!派な私がなんで?当たるかな・・・と
思いつつ堪能してきました(おい!)

http://p.twpl.jp/show/orig/8KCOU

↑パンフと個人写真

噂通りすごいグッズ満載でした。衣装Verの個人写真もパス。だってニンギョ衣装は・・・・・・・以下自粛

個人別にクリアファイルに顔どーん!缶バッジに顔どーん!シールもあったかな?買うのは無理でした。クリアファイルもよく使うし缶バッジもバンドさんのロゴとかのは集めてたし・・・でも顔アップのは(爆笑)

ROCKに免じて許してくれよ!と、某正義さんの言葉を心の中で叫びました。はい。ROCKでないものは買えません←なんだそれ。

童話の人魚姫は誰もが何となく知ってるお話だと思います
ニンギョヒメもほぼ同じで
王子に恋したニンギョが一途な恋を貫き最後は恋は叶わず海の泡となってしまう
この大まかな流れは一緒でしたが舞台はもっと複雑でした

辻本君が演じたのは
ニンギョヒメの幼なじみで、かつニンギョヒメに一途な恋をする役
ニンギョヒメと同じ光の海に住んでいるのです

人間と人魚という手の届かない差だけでなく
海の中にも
光の海と海の底という自由には行ったり来たりできない
大きな大きな差がありました

その海の底に
かつて人間と恋をして、自分の声とひきかえに人間となり、深く結ばれ、ハッピーな生活をしつつ、人間の寿命は人魚に比べととても短く、愛する人だけ老いてゆき、自分はまだまだずっと生き続けるという悲しい思いをした西の魔女が住んでいました
光の届かない海の底です
その西の魔女が、いしだ壱成さんでした

西の魔女は
愛する人がもう長く無いお爺ちゃんになった時
愛する人の心臓をナイフで刺しその流れる血で、人間から人魚に戻れていました
それは、相手も望んだことでした
自分が居なくなった後、人間のまま1人にしてはおけないと・・・

でも
ずっとこれで良かったのか?と
暗い海の底で悩んでいました
何百年も寿命があるのはなんて不幸なんでしょう
若いままの自分
老いていく愛する人

そんな時に
光の海に住む若いニンギョヒメが、人間の王子に恋をするのです
西の魔女は
ちょっと悪戯したくなります
自分と重なった・・・
そして羨ましかった・・・
想いは複雑です

ニンギョヒメに簡単に人間になる方法を教えてしまい
まだ若く深く考えないニンギョヒメは
安易に、声とひきかえに人間になることを選びます
とにかく王子に夢中だったのです

幼なじみだったリンネは
無邪気にニンギョヒメと遊んでいたのですが
成長と共に
ニンギョヒメが恋したように
ニンギョヒメに恋をしてしまうのです

王子に一途な片思いのニンギョヒメ
ニンギョヒメに一途な片思いのリンネhttp://p.twpl.jp/show/orig/hke3K

ニンギョヒメは手の届かない陸の上の王子をじっと見てる
リンネは陸の上に行ってしまい手の届かないニンギョヒメをじっと見てる

現在と過去と
そしてそれぞれの立場から
場面は並行して複雑に進んでいきます

この他に、差の象徴である海の底の東の魔女も居るのですが
そこまで書いてると、ものすごい内容になってしまうのでカット(笑)

人間になれたニンギョヒメは王子と結ばれることはありませんでした
声を失い喋れないニンギョヒメを
まるで都合のいい人形やペットのように
ただそばに置いておくだけでした
恋ではありませんでした
けっきょく他のお姫様と結ばれてしまいます
それでもニンギョヒメに側に居て欲しいという王子

アホかっ!←ダメ男と、アホ女と思った(笑)

そしてリンネはもうこの頃大変です
ニンギョをじっと海から見ていて
こんなアホ男と居るんですもの

イラつくし
なんと言っても、王子とニンギョヒメが結ばれないと、ニンギョヒメは海の泡となり消えてしまう。愛しい人の幸せを我慢しつつ願ったけど、幸せになりそうもなく消えてしまうかも・・・
やっとリンネは変わります
想いも伝えられなかったリンネ
だたニンギョヒメと隣に座って、綺麗な景色を見ていたかった勇気の無いリンネ

勇気が欲しい勇気が欲しいと何度も言ってたな祐樹(笑)
私も祐樹が欲しい(違)

愛する人が消えてしまうかもというとこまで追い詰められ、強くなり成長するリンネ
西の魔女に
人間になる方法を聞きにいきます

簡単には教えてくれません
西の魔女も
これで良かったのか?これで良かったのか?
と悩み中

でも、愛する人と結ばれただけでもいいじゃないか!
その時は幸せだったではないのか?
僕なんて、想いさえ伝えられない
ただ遠くから見てるだけの片思い
隣に居ることすらできない!
と、リンネ気持ちを爆発

片思いがにあいますな~リンネ様

結果、西の魔女の固く閉ざした心が溶け
人魚に戻る方法を教えてもらえます

リンネはニンギョヒメにやっと想いを伝えられ
王子の胸をこのナイフで刺し
その血で人魚に戻るのだと言うのですが
ニンギョヒメは愛する王子を刺さずに海の泡と消えてしまいました

この頃に
海の底での、差というのが段々無くなってきて
人魚達に変化が起きるのですが
そこまで書けない
長過ぎてしまうので、カット(笑)

こんな物語でした
いやもっと色々複雑だけどさ

私は恋なとこに注目しないで見てたので
泣きませんでした
泣いてる人多かったな

どこに注目かというと
アンデルセン童話に多い
どうにもならない身分の差ってとこに注目
そこをどう舞台では描くのかと・・・
海には海でまた差がありました

そしてアンデルセンの某病的部分にも注目
もはやもう舞台に全く関係ない(笑)
童話読んでろっ!って感じですが・・・
ここはもうね個人的趣味嗜好

アンデルセン自体が投影されてるのはやっぱニンギョヒメだよね
自分を見て貰えないのに
ただただ一途に思い続ける
これは一見、純愛に見えますが
一歩間違えるとこの感覚はストーカー化します。
あと、結ばれる保証も何も無いのに自信満々で人間になってしまうこの感覚も危ない。
相手の愛を確認してから人間になるよね?

むしろ王子が自分を癒しのために利用し、結果裏切り他の女性と結婚してしまったのなら、あんちくしょう!と人魚に戻るのが普通な感覚なんだな。

それから東の魔女のとこに居たネット
これはもう!興味深いキャラNo1だった。
童話には居ないキャラだろうけど、もうお母さんの想いに必死になって応えようと頑張るあの感じ、あれは病みます。唯一海の底と光の海とを自由にいったりきたりできる身体は自由人なのに、苦しいねあれは。

なんて
舞台に関係ないことの妄想で忙しかったです
ちょっとは
どんな話か伝わったかな?

最後は海の中で、注目してた
差を
無くそう的な方向に行ったので
ニンギョヒメが泡に消えても
私にはハッピーエンドに見えた

周囲泣いてるのに
笑顔な私

いしだ壱成さんが
演じ終わっても、泣いてるとこ見て
泣きそうにはなったけど(そこかい!)
だって、西の魔女は辛すぎると思うの
例え幸せな思い出があったとしてもさ

リンネごめん・・・
きっとあなたはきっと誰かにこれから恋できるよ
片思いで想いでなどほとんど無いんだもの
でも西の魔女はもう無いと思うの

つーことで
妄想感想はここで終わりで
次からまともなの(え?)書きます

つづく!






陽だまりの樹&平清盛&新選組血風録再放送&家族のうた

ブログ更新してませんでしたが、しっかり楽しんで見ています
日曜日にこれだけ集中してしまうと感想書くのは無理(笑)
なので見ながら、いつも呟いてますが・・・

まずは陽だまりの樹
これ本当は金曜の放送だけど、帰宅が遅いので見るの無理でついつい日曜へ・・・日曜のがBS時代劇としては馴染みもあり、大河と続けて見れるので良いのですが、途中から挫折して録画にした。無理です!このスケジュール。
これほんと面白いですね
何がいいって、原作知らないので先が解らないのでどうなるの?万二郎?って、続きが楽しみになる。
初時代劇で主役。いいですね~万二郎!
あの熱いとこと頑固な真っ直ぐなとこ。
そしてなんたって鉄太郎さんが素敵で、激しい殺陣稽古とか見れたし良かった。
今ちょうど、蘭方医と奥医師のバトルが描かれていますが、同じ幕末ドラマのJINよりも当時の蘭方医の立場っていうのが、きっちり描かれていていい。ドラマでは描けないことも、知っている人ならピーンとくるシーンがあったりします。そんなマニアック目線で楽しんでます。

で平清盛
こんなに大河に夢中になれたのはいつ以来?
去年は半分も見てなく、一昨年は私に喧嘩売ってるような内容だったし・・・
清盛おもしろい!
大河の源平ものは私には鬼門だったんだけど、いやー今までの単純な源平とは全く違います。豪華過ぎでしょ?色んな意味で。
複雑すぎるということで低視聴率と叩かれていますが、むしろ単純な源平ものだったら、今頃飽きてたと思う。
演出もこの前、まるでミュージカルみたいなすごいのやってましたね。舞台か映画見てる感じですごい集中して見てしまった。中世のイメージに、とっても合っていた。ドラマでここまでやるのすごいな。
残念なことに、そろそろ副長頼長様も終わりですね。名残惜しい・・・

新選組血風録総合再放送
DVDあるのになんで見てるの?自分・・・と思いつつ。今週は私が沖田総司に落ちた(笑)沖田総司の恋ですね。
きっとリアルに見るまた。
テレビ見ながら、辻本君を沖田と勘違いしてたあの頃に戻りたいと、切実に想う今日この頃・・・今週また舞台行ってきます。
沖田のまま冷凍保存しておきたかったよぉ

家族のうた
これも当然面白い。
が・・・これ、俺のROCKがテーマで、メジャーな事への抵抗とか心の葛藤とか解らない人は全く意味不明だよね?家族がどうのとか、子供がどうので見た人はちょっと違うよね。
私には予想通りでしたが(笑)
普通の家族ドラマな連ドラに、オダギリが出るわけないじゃんとね。
あと小ネタが、ただテレビで見てオダギリ好き~程度のファンじゃ解らない(笑)オダギリワールド全開だよね。
たまんないですこれ。
ギターいじってるオダギリとかオダギリとか見れるし。
ただちょっと時々、正義の言葉とオダギリの過去の発言諸々と被って胸が痛くなる瞬間があります。
正義がどうなるかはまだ解らんけど、オダギリは俺のROCKをずっと貫いて欲しいです。
貫くだろうけどさ(笑)
私も正義のような葛藤をものすごく抱えてた時があったんで、彼の言葉がすごく突き刺さり他人ごとではない(笑)いや今でも抱えてるけどさ、少しは大人になって、周囲に対する表現方法がちょっと柔らかくなったのです。
ミジンコで生きていた方が色々楽だよな。うん。でもなれない(涙)

だからさ
オダギリファンは、いちいち外からの言葉に、一喜一憂しない!
気持ちは解るけどさ
ゴールデンタイムなオダギリを見たいのですか?違うよね?
私は見たくない
一番輝くところで見れればいいじゃん。

以上
まとめて、ざーっと書き意味不明でゴメンなさい
ちょっと4月期はキツイです(笑)


歴史ヒストリア~新選組 土方歳三の生きる道~

5/9(水)に放送だそうです
ご存じの方多いですよね?

歴史ヒストリア~新選組 土方歳三の生きる道~

ちょっと残念なのが永井大さんが御出演とのこと

NHKならば!
山本副長でしょ?と思うんですが・・・

山本副長は5/12の土スタに登場とのことで、ここで過去の大河映像も出るよね。うん。

その次の週が井原剛忘さんゲスト。佐々木只三郎ですな(笑)

今、新選組血風録がやっとNHK総合での再放送やってるのに、今一つ盛り上がってない。
某DVD持ってるような人がまた見てるような状況にしか思えない(それは私か!)

ツイッター上でなんか首都圏限定某地方番組より、ずっとずっとずっと反応の無い有り様(泣)
ちなみに今年の大河はかなりの低視聴率が話題になってるけど、新聞に掲載されたほどこんなにツイッターで盛り上がってる大河は無い。あの龍馬伝の時より、ずっと流れが速くものすごいことになってます。新聞ではマニア向け大河と掲載されてたらしい。

で、何が言いたいかと言うと、永井さんの土方がもうちょっと良ければもっと人気になっただろうなと。やっぱりなんだかんだ言って土方次第で、新選組作品は決まりますからね。血風録は近藤さんより土方メインなわけだしね。

あーヒストリア山本副長に出て貰いたかったな・・・と思いつつ、土スタが楽しみです。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ