久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

模様替え

ブログを模様替えしました

いったいいつぶり?

以前はけっこうちょこちょこ変えてたんですがね

もう今は更新率も低くて

が!

幅が大きく変わってしまい過去記事が読みにくいではないかっ!

面倒なので直しません(笑)

デザイン変えただけで後悔しました

だってココログってひとつひとつデザイン反映していくシステムなんだもの!

まるでHPの更新時みたい

1000ページ以上ある自分のブログに気が遠くなったなう(笑)

全く好きかってには色々できない某A

平気でデザイン崩れ起こして悲惨な状態になる某F

使ってる人居るのか?と思う某g

ブログなのにタグとかスタイルシートとか多少わからないと無理だろ?な某J

色々使ってたりしますが(お仕事含み)

デザイン変えた時の反映時間を除けば総合的にココログが一番いいな。

デザイン涼しい感じにしてみました

「陽だまりの樹」最終回&「平清盛」好きなキャラ

陽だまりの樹終わってしまいました
いつも、こんちくちょう!悔しい!!悲しい!!!
で終わりがちな幕末ドラマ
佐幕なんでね(笑)

あの挿入歌で流れているサックス曲のように
ゆるい終わりかたでしたね

万二郎にばかり注目してたんですが見る前は良庵に注目~!でした。真っ直ぐな万二郎キャラは大好きで市原さんの意外にも時代劇あっぱれ!な姿に意表をつかれ注目してしまったんですが

良庵は予想通りの安定感と、あのチャラい役きっちり演じてましたね。チャラい良庵も最後すごくいいこと言ってたな。
「名もなき人」
ドキっ!としました。歴史の何かを見る時はいつも何か活躍した人ばかり気にしてしまいます。名もなき人探せないし・・・(笑)
このドラマはここが中心だったのだと最終回に気づきました。だから最終回の、はっきりしないゆるい終わりかたがすごく良かった。壮絶な死をとげるわけでも無く、生き残ってパッと表れるのでもなく。

万二郎が上野で、敵のとこに旗持って向かって行く姿に函館の副長の姿をウッカリ思い出してしまいましたが(え?)名もなき武士の生きざま、こういうのも面白いね。しかめっ面で見なくて良いこういうタイプの幕末ドラマ新鮮でした。

えっと武士A辻本君気づかれましたか?元斎藤、尾関さんと同じシーンでしたよ。
すっかり総司オーラが無かったですが、彰義隊として立派に・・・・・・
あれ???あの武士Aの最後はどうなってしまったんでしょうか?誰か教えて下さい!(笑)千駄ヶ谷で上野に行きたいと言ってた総司(by小説)魂が本当に上野に行って参戦してしまったのかしら?だから影薄かったのかな・・・・・・・・・・

これ以上書くと怒られそうなので(笑)
平清盛
先週より第二幕という感じに変わりました。キャストも色々登場。これまたもう・・・・私を惹きつけるまだまだ見続けそうです

そこで前半の方の好きなキャラランキング!
某Yさんが大河でだいたい書いてる物真似(笑)
キャラ濃いので前半で一回まとめて見る
ベスト7になりました

1.藤原頼長
けして長い時期の出演ではなかったものの強烈な印象。そして誤解されやすい頑固で真っ直ぐなとこに惚れました。悲劇すぎる・・・

2.崇徳上皇
こちらも何て悲劇・・・・始まる前から役者が好きなので注目でしたが、予想以上の演技っぷり。貴族でもない武士でもない、普通の人ではない感じがよく出てました。儚く悲しげでお上品・・・大好物です

3.平家盛
大河初出演をドキドキ待ってました。兄が暴れん坊だったため前半パッとしなかったけど、後半は複雑な弟の気持ちがでてました。しかもこっちが嫡流・・・なんていい子だ。いい子過ぎる。

4.西行
ここは外せないでしょ(笑)ちょっとよく解らんなとこに惹かれます。でも出家前の家族へのDVはダメだな。このよく解らん感が逆に興味をそそる・・・

5.平忠正
ずっとアンチ清盛風なキャラでしたが、最後が良かった。清盛を認めたんだよねきっと。どこまでも「平家」を思う真っ直ぐさに心打たれました。

6.源為義
ナイスお父さん。お父さん色々な哀愁がとっても出ていました。あまりに可哀そうでいつも「大丈夫!源氏の世になるから!」と心の中で話しかけていました。

7.由良御前
基本男子にしか注目してないんですが(笑)このドラマでなくても、どーーーしても
常盤御前はいつも嫌い。だから由良御前の、妻として夫を支える姿に好感持てちゃうんです。戦に出る時も武士の妻として立派に見送ってたです

だいぶ役者で選んでる感ありますが
下半期は、重盛が急上昇するのはもう確定だと思われます。

でも源氏が好きなんだよ(笑)

世田谷駐在刑事 浜野真彦様感想

辻本君が出てたのでみました
浜野で役名あってるか?(笑)
舞台だのなんだの見に行ってるので感覚ボケてましたが、テレビでは沖田後のお初の現代ドラマだったんだね。
再放送とかDVDとか過去作品見漁ったからそんな気がしないけど、衝撃の(笑)先週の陽だまりの樹は、沖田以来テレビお初ってことだったのか!

そんな貴重な時にお仕事のため大遅刻
後半から見だして、意味不明。
後半の内容からすると自分の好みのお話ではないので、録画してあったやつの前半は真彦様登場のとこだけ見ました(ゴメンなさい)
こういう事件的な2時間ドラマみたいのもっとも苦手です・・・

なので話はよく解らんが

真彦さまは
超おぼっちゃま

豪華オープンカーにまで乗っていました
でも家の家政婦と、しっかりできちゃってます。身ぶん違いの恋(ダメじゃーん!こらっ!)
朝食のシーンで、豪華テーブルで新聞を読むシーンがあったのですが・・・・・・

新聞読んでるの似あわねっ!って思ったのは内緒

回想シーンで得意?の高校生役も
いじめられっ子でした
ひどいイジメでした
でも助けてくれたお友達が居たのですぐイジメは終わり、助けてくれたお友達がいじめられるという最悪な事態・・・でも真彦さまはお友達を助ける勇気(祐樹)などございません。

はい。いいのです。もう今や沖田は幻覚だったと思ってるので(笑)そいういう弱弱おにあいです真彦様

大人になっても、不良っぽい男にお腹をバスっ!と殴られてたな。

こんなに弱っちいくせに、女には積極的なんだな・・・
そこは、なかなか告白できずジッと木の陰から見てないと!そうだったら殺人事件までは起きなかったんだよね?

事件ごまかしのため自演で切腹・・・・ちが・・・ナイフでお腹刺して入院した真彦様は、超豪華特別室でお花にかこまれ入院しておりました。

早送り鑑賞だったんで違うかもですが、真彦様をとりこにした、女家政婦は見舞いにもきてないよね?女の行方はどうなってしまったのでしょうか?(笑)気がかりです・・・

そして入院した真彦様のお怪我が治ったかも解らず事件は解決されドラマは終わってしまいました・・・

先週の陽だまりの樹の登場があんまりにもチラッとだったので、それよりずっとずっと見応えはありましたね。

舞台とかなかなか行けない人はどうでしたか?ドラマ。
真彦様の活躍にドキドキだったのでは?

今週の陽だまりではもう少し活躍して欲しいな
泊まってまで撮影してたよね?
ワープステーションに見学にくれば?とかまで言ってたよね?
(見学できない日だったけど・笑)

武士Aのままだったら、ファン呼び出すなんて(一瞬いきたくなった自分・殴!)しかも休館日で、これシャレにならいよ(笑)

次のドラマも撮影中らしいので、夏の舞台はパスします
その時期は死にそうなほど忙しいので
LIVEのための体力と時間の温存です

辻本君が出る舞台がどんなもんか解らなかったので、あまり深く考えず行ってましたが、
3種類見終わったとこで、舞台の内容や自分のスケジュール等々を考えるという余裕ができました。

今のとこ舞台と同じ日に、お隣のブリッツでLIVEとかいう最悪な事態にならなくて良かった怖いよねーあそこは(笑)

平清盛が本気!

色んなメインキャラが居なくなってしまい、もう私ダレるか?頼長ももう居なくなってしまったし・・・・と思ったら

いやー次から次へ来ますね

平家の長男次男
お二人とも役者さん的に要注目人物でした

特に次男さん・・・
去年見たROCKミュージカルで音楽関係枠でチケ取ったため、うっかり最前になってしまい、とあるシーンで、目ガン見されて演技されて超焦りました。
ROCKミュージカルだし、テーマがテーマだったし
演奏してる人達はいつも見てる人達だし
その挑発的な目線、LIVE中の「かかってこいやーー!」と同じと思い、私もかかってこいやー!な感じで目線反らさず、かかっていった一瞬がありました。
普通の舞台ではやらないですよ!こんなこと。
どう見ても役者ファンでない最前の私の、かかってこいや~!に、更にかかってきたので(何だそれ)役者魂を感じとりました。

それが大河俳優ですもの
嬉しいです

って!話それた・・・

昨日は
解りづらいと世間では不評な清盛なので
ツイッターで、リアルに解説を入れるという試験が行われました
すごくおもしろかったです
ずっと続いて欲しいな―

清盛ほどツイッターで盛り上がってる大河はないので
けっきょく好きな人が更に面白がるということになりそうで、視聴率底上げには結びつかない気がしないでもないですが、トレンドワードに登場してましたね。

平家主役なら平家中心に描かず、朝廷(朝廷の中でも色々)源氏、それぞれをここまで対比し並行して描いていくのって、大河でお初じゃない?

この並行的な目線、今の日本人に欲しいな。並行してあれこれ冷静に見比べる感覚。こっちのここは良いがここはダメ。こっちはダメだけどここは良いみたいな感じ。いったいいつまで、ひとつだけが正解でヒーローで後は全てダメ、悪、みたいな水戸黄門文化なのでしょう・・・(水戸黄門がいけないわけでないですよ)

ひとつだけが正解ではないんだけどなーとか思ってみる今日この頃。

だから、清盛も解りづらいという不評なのか?なーんて思ってみたり。でも清盛で超盛り上がるフォロワーさん達は、日頃から片方だけの意見に熱狂してそれだけに単純に夢中になってる感じがしない。色んな意見を取り入れそれを冷静に分析する感じがあり、国内のことでいっぱいいっぱいでは無く海外での大きなあれこれにちゃんと心を砕いてたりします。私の小さな小さな周囲の傾向ですが。はい。

まーこんなこと言ってる私も幕末絡みになると、激しく激しく佐幕野郎になってしまいますがね。

あっ・・・もちろん内容云々でなく平安末からのこの時代は苦手、興味が無い・・・で、不評な場合もありますね。時代は大事です。

あっまた話しそれた・・・

そして大河お初ツイッター解説
チラッと出てくる、官位の違いや役目や、それによる衣の違いなどなど
興味深いツイートばかりでした。

史実はこうでした・・・にものすごく拘る人多いけど
そういう感じではなく
あくまでも、ドラマに出てくる範囲内でのその時代の解説的な感じでした

史実は大河でなくて、後で本とか読んだり史跡いったり史料見ればいいんだからさー。そういう行動へのきっかけだと思うの大河は。
だから解説の度合いが、バランスよくて良かったな。
ドラマ邪魔するほどでも無く、でも歴史を知れるという・・・いやもっと知りたいという欲もでた。

それにしても私の御贔屓、崇徳上皇・・・あまりにも悲運すぎる。今まで天皇関係に全く興味はなかったけど、もっと知りたい欲にかられてます。まぁーあんな繊細なイケメンでなかったことは確かでしょうね。讃岐か・・・

陽だまりの樹 11回

残り1回となっていまいました。

面白かったのでとっても残念。
大河が盛り上がる面白い時期とオダギリのドラマとか重なってしまってたのでもっと集中して観たかったなー

が・・・薄桜記も控えてるしね。

11回は久しぶりの鉄太郎さんの登場
稽古シーンがありました。万二郎を一喝!素敵でした。政治的なことで活躍する鉄太郎は見れるのかな?
12回のドラマというのは、幕末の色々を知っているとものすごい足早に進んでしまう感じで、ひとつひとつが消化不良に陥ります。
BSなんだから12回とかに拘らずマニア向けに(笑)じっくり描いても良いのでは?なんて思ってたりもしますが、今年のNHKさんは大河がマニア向けになってうから(笑)

万二郎は相変わらずとにかく真っすぐで、ほんとブレないですね。
これぞ理想の武士・・・という感じ。母にも女性にも優しい。

が・・・次回の予告のあらすじ見たら
なんと万二郎は彰義隊に加わるために家を飛び出すとあり
「最後まで幕府のために戦いたい」
真っ直ぐすぎる・・・・・

その真っ直ぐさ熱さ素敵過ぎなので、新選組の隊長やりませんか?←違

新選組と言えば
11回から血風録の沖田、辻本君が出てたの気づきました?
撮影の頃から服装とかでどんな役か妄想してたのですが

「天誅」

ダメだろ?沖田がそれは!キャラ違うだろ?
と若干ショックだった←違

血風録では斎藤が沖田にあっさり稽古で負けるという、斎藤ファンとしてはそれあり得ないぜい!っていうのを存分に見せつけられたので

鉄太郎さん!万二郎にコソコソ逢いに行ってる武士A(沖田)をばっさり斬って、あの時の悔しさスッキリさせて下さ~い!やっちゃって~!

こんなことを一瞬の出番で思ってました(笑)
沖田ファンの皆様ゴメンなさい・・・(._.)

話は変わるけど、鍋で振り付けまでだいたい覚えた
殿中~♪byAKR

まさかの吉良が混じるという大笑いな状態になってたけど、今日から新ユニット登場らしい。さぁどの時代からのユニットかしら?楽しみ過ぎる。

鍋意味不明な方はコチラで↓

家族のうた

最終回を迎えました
正義が正義のままで良かったです
よくある
子供とふれあって、大変革みたいなのは苦手です

このドラマの正義の吐く言葉か
あまりにもオダギリとかぶってしまい
時々ほんと胸がしめつけられ
ドラマを純粋に楽しむという目線で見てなかったなー

役者個人のことなど知らなくて良い
その作品のキャラの邪魔になるから・・・
どうしても知りたいのなら
その役のほんの少しのかけらに、自分自身が出てるから・・・
そんな風にかつて言ってたオダギリ

かけらを探すのが好きだったのと
御本人言う通り
こういう役やっていても本当はこういう人だよね?違うよね?
みたいなのはオダギリに関しては全くなかった。
いつもその作品を楽しませてくれた

なのに胸が痛くなるほどの
本人とかぶりまくるセリフ達
貴重でした

かぶってると思うこと自体が
違ってるのかもしれないけどね。

正義の毒舌と
実は純粋なとこ大好きでした

最後の月光の正義Verはどうしても、御本人様より私には好物でした。御本人の王道な感じは私は興味がわかない。正義のがアレンジが素敵だった。

オダギリは今CMで
オダギリペーになってご活躍していますが
例えペーでも好きです(笑)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ