久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

来年の新春時代劇は、白虎隊

嬉しいニュースが飛び込んできました
毎年恒例の正月の時代劇がなんと白虎隊!

最近のだと山Pのだったんで
ドラマとしては、ちょっと微妙な感じもあったんですが
いや見れば集中しちゃうけどさ…
こういう新春時代劇の方がいいに違いない!

土方さんでますねー
誰が演じるか気になりますね。

あと、斎藤出るかな?
大河意識で幕末ネタだろうから(笑)
頼む!

詳しくは
コチラ

お楽しみが増えすぎー!

7年前も重衡にハマってたと発覚

ほんとあと一週間は意識朦朧お仕事なので
更新できないと思うので寝る前にまた更新(笑)

忘れもしない
2004年の「新選組」の次の大河は「義経」でした
新選組終わってしまったショックははかりしれなく
でも大河を観るくせはもうずっと前からあったので
見て、神木くんの牛若は超かわいく
後で小栗旬を探せ!と後でDVDで見直すはめになった作品
かなり見てない期間があった記憶のある義経
何故か最終回の演出に大笑いした記憶が強烈に残っています。

どうだったけ?
と、自分のブログ記事探したら
コノ記事で、あー重衡贔屓だったんだと知る
すっかり忘れてたよ

これ見て思ったのだけど
この頃はまだ幕末よりこっちの時代のが好きと
言い切ってるよ私!
でも途中で大河は挫折(笑)
ハイそうです
前は幕末と古代史は大嫌いでしたから。

重衡とは縁がありますね。
なんか
という事でした。

辻本祐樹、大河「平清盛」で平重衡役で出演

情報解禁まで、チラチラ呟いてはいましたが
やっと叫べる!

大河ドラマご出演おめでとう!

ニュースはコチラ
公式サイトのニュースはコチラ

ちりとてちんメンバーが大量に出演する中、辻本くんは?辻本くんは?とずっと思っていました。
去年の沖田役で、沖田前とは違う感じの仕事にも期待していました。
でもなかなか、今までの延長的なのが多く悔しい(なぜ?)想いをしていましたが、大河ドラマとはほんと大きなチャンスです。

そして今回のドラマでの重衡のキャラは、戦を知らないぼんぼん。後先考えなくて屈託なく生意気なことを言う。、平家一門の中で貴族的な優雅さを最も体現する。

って、もうこれ大好物です!
なんか再び沖田と逢える気がしているのです。
はい。
清盛では、副長がマロになり平安の世でも粛清しておりましたが、真っ白いお顔の奥にしっかり、副長を感じられていたので、今度も同じだと思うの。

何見ても、けっきょく新選組脳(笑)

情報解禁まで
辻本くんの烏帽子姿をずっと想像していて、想像通りでもう嬉しすぎるぅぅぅ
この人はほんと和装が一番です。

9/16から登場とのこと
平家一門の華っぷりを早く見たい!

オダギリジョー「八重の桜」新島襄役で出演

休みだというのに午前中に雷の音で起こされ(笑)
不機嫌な気分の時に(低血圧なので)
飛び込んできたニュース

重要な役であるはずなのに
ずっと発表が無く誰?新島襄は???と
思ってたら

まさかのオダギリジョー

嬉しすぎる

なんて素敵な「八重の桜」

会津出身の女性が主役で、会津藩士がいっぱ出るだけでも、会津贔屓にはたまらないのに、殿に大好きな綾野くんが決まり、これだけでも嬉しすぎたのに、その後、斎藤も出ると決まり

今度はオダギリですよ

欲を言えば斎藤役が良かったけど、新島襄の方が絶対いっぱい見られそうだし、この人物オダギリに絶対合うと思うの。

そして斎藤とオダギリがもし同じシーンが一瞬でもあったら、もう喜び過ぎて心臓止まるかも(大げさ?)です。

オダギリファンに多いクウガから・・・ではなく、大河「新選組!」からオダギリが好きになった私なので、再び大河で観れることがとっても嬉しい。

映画やドラマや役者やなんかに、ほとんど興味無かった私が、豹変してしまったんだもの。あと会津大好きもね。

「新選組!」の斎藤がもしオダギリでは無く他の人だったら、会津にも新選組にもそんなに興味が沸かなかったと思うのです。私の場合は。

来年は2013年。組終了した時点で、ずっとずっと大河で逢えることを夢みてました。ご本人はテレビやドラマより映画に出たい人なのので、映画もだんだん海外作品が多くなってきて、もう無理か?とまで思いつめていましたが、ほんと嬉しいな。

あーでも斎藤で逢いたかったな~
でもでも違う役の方が面白くはなる。うん。

どんな素敵な新島襄を演じてくれるのかしら?
早々と妄想が止まらないー

「ちりとてちん」総集編再放送と「薄桜記」感想

昨日の記事で大事な事を書くの忘れていました!
辻本君が出ていた「ちりとてちん」総集編が再放送されます
自分の録画機器に閉じ込められる(笑)チャンスです

BSプレミアム
前編8月18日(土)15:00~
後編8月25日(土)15:00~
の予定となっています

でついでに
「薄桜記」の感想を・・・
2週分忙しくて録画してあるのを見てなかったんですが
見てみたら
あれーーー!
浪人になった山本さんの髪型が完全に土方さんになってる!
外見が完全に土方さんで
長屋とか浪人とかの中身の方は今のところ
どうも「陽炎の辻」と若干かぶります

そのうち吉良邸のこととか出てきて
色々変わってくるでしょうが・・・

元奥様役の柴本幸さんは
ほんと時代劇おにあいですね
初めて見たのは確か「風林火山」の時の諏訪の姫でした

丹下典膳は千春に「生涯嫁はお前一人」とか言いつつ、離縁したままの状態・・・これ切ないよ~一途な純愛っぽくお話としては綺麗だけれど、こんな男嫌だな(笑)

外見土方さんだから許す!みたいな感じです。

良いドラマとは思うのですがお話の展開が今のところ、まったりしているせいか、なんだか薄桜鬼のが毎週楽しみだったりしてますです(笑)

さて、忘れないうちに「ちりとてちん」予約~予約~

辻本くん出演のNHK-BSプレミアム「巨大戦艦 大和」と 映画「わたしの人生」我が命のタンゴ

夏休みに入ったとたん疲れをとろうと
温泉&海に逃亡しましたが
休みってすぐ過ぎ去るね~残り少なくなってきたぞっ!
逃亡後の昨日今日は辻本くん祭でした(笑)

「巨大戦艦 大和」
これは辻本くんが出ていなくても見たと思います
今年の夏はオリンピックのせいで
原爆の日とか戦争関係の報道含め番組がかなり少なく
ガッカリしてたんです
「巨大戦艦 大和」見る直前に
Eテレで戦争の番組やっていてそれも見てしまったので
長時間戦争について見入ってしまいました。

戦争絡みに関する思いや感想はこの記事ではふれません
アホか!お前は!
と勘違いしないで下さい
近代史に関しては何かの番組見て軽く感想言うほど単純なことでは無いので、辻本祭に徹します。

辻本くんは川崎勝巳さんという方の再現ドラマで登場
辻本くんは映画の「大和」にも出ているのですが
その時はまだ若い気弱なキャラ
それがもう、ご立派な海軍士官さんになっていて
妻や子供までも居ましたよ←物語が全く違うからっ!

子供を抱く時の手つきに溶けそうになり
軍服姿で歩く細い後ろ姿に撃沈され
腕の筋肉モリモリを完全にかくした浴衣姿で、マントを羽織ったとこでは鼻血決壊致しました
モリモリを隠しているとほんと線の細い軍人さんで、子供にも奥さんにもそして部下たちにも優しかったという人柄が、とってもお似合いでした。
海軍士官の奥様ともあろう人が、超でかい国旗を振って毎朝夫を見送るというシーンがありましたが(笑)
あんな素敵な旦那様なら仕方ない・・・私なら巨大な旗を二つぐらい持って
吹奏楽のマーチングバンドのように華麗に振り回してやる!とライバル心を抱いてました。

総司後の現代ドラマにかなり物足りなさ(出演時間の問題ではない)を感じていたので、いやもう軍服好きーにはたまらんかったです!
また見たいな~軍服
ビジュアル的にはドイツ軍が好物なんだけどな~←どんな話だよこれ!

辻本くん君のお顔はなんであんなにレトロが似合うのでしょう。
最後の最後にけっきょく逢えない家族を旅館で待つ姿に、も~う代わりに飛んでいきたい衝動にかられました。

私が行くから待っててね・・・・・
↑部屋に勝手に侵入したら、投げ飛ばされそうな気が(笑)

そして映画
家族がメインであんまり出番ないだろうと思ってたらけっこう出てましたね(ゴメン)
だって最後は
家族の一員的な・・・・・・以下自粛
親切な優しい風の介護職員は実は女の敵・・・以下自粛
おまえってやつは!・・・以下自粛

これはおいておいて(笑)
いい映画でしたよ
問題を投げかける感じで描かれていて、後は自分で考えるみたいな押し付けがましくないお話好きです。
介護に関してはほんと、女性への負担があまりに大きく、子育て終わって今度は介護・・・これではあまりに切ないし、仕事をしたい有能な女性でも家族のことで仕事を諦めなければならない社会って本当に変だと思います。

で辻本くんは
元々癒し系(ウソくさいが・笑)なので若い介護職員の役は普通に合ってましたよ。
タンゴを踊るシーンは急に顔が引き締まり(笑)木下君で無く、辻本君になってだぞっ!
主人公の子供世代なので、介護職員の中でも一人目立つ役どころは、主人公の親、そして主人公、そしてもう大人な孫、と三世代を表現したかったんだな~と思いました。
いつかはみんな順番で直面する問題です。

北九州で撮られる映画には
いつもその風景に癒されるのですが
残念ながら内容的にそういうショット満載ではありませんでしたが、ちょっとしたあれこれに映画人達が北九州で映画を撮りたがる素敵なかけらは見れました。

そんな中に大好きな辻本君が居て良かったです。
できれば、こういう映画いっぱい出て欲しいな。
やっぱり舞台よりドラマより映画が好きだな私は。

だがしかし
秋には大河で辻本くん観れるよ~ん!
と楽しみにしております
今年の大河は映画並に集中してみないといけない内容なのでね。
うん・・・
頑張れぇぇぇ

平清盛ファンの皆様
あの総司が出るので宜しくね。
血風録の山崎さんと同じ
「ちりとてちん」枠だね。
まだ情報解禁にはなってませんが。
第三部は成長した神木義経見れるし、岡田頼朝観れるから、源氏に戻ろうと思ってたたのにどうしましょ?

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ