久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

平清盛

なんでしょ
本日の悲しいお話は
えっとー
元々源氏贔屓で清盛は好きでないので
(この作品の清盛は嫌いではない)
吠えちゃおうかな・・・・

おいっ!重盛がかわいそうすぎるだろっ!
いい気になりすぎ平家ごらっ!

失礼致しました・・・ゲホゲホ

私は重盛の筋の通った子供への対応は立派だと思います。子供ごときが、平家のなんちゃらとかいい気になってるのもどうかと思うし、相手は摂政だよ?お血筋、身分重視社会だよ?
平家の力が大きくなってるからこそ、奢らずに通例に従った態度は大事だと思うんだけどね。

深夜まで書物を読む勤勉な重盛
妻にも優しくその妻も重盛のそっと寄り添う
平安の絵巻物のような素敵な夫婦シーンが見れたと思ったら
後半に重盛若干ご乱闘(笑)
仕方ないです奥様にだけでも本音吐けて良かったね(ρ_;)

重盛は声の出し方変えてきてますね。棟梁となった感じが声でも伝わってくるってスゴイ!清盛もスゴイ!と思ったけど、スゴイがいっぱいだな。

そして重衡
残念無念の並んでる姿のみ・・・
重盛に夢中だったんで今回はいいんですがね。ハイ。どんなキャラなのか未だ不明・・・妄想の中ではキャラをガッツリ作り上げてしまったので(笑)早く答え合わせしたいんだけど~襟足からキラキラ☆彡と、ビーム出てましたよ←無理やりすぎる

以上ドラマ感想終了

なので
頼盛
え?
土曜の深夜に「アーティスト ドキュメント AAA 西島隆弘」
というのがやっていて張り切って見ました

もーうなんてストイックなんでしょ
そしてなんという過酷スケジュール
歌入れのときのシーン涙でそうになりました
諸事情により音楽が絡むと判定厳しくなるんですが(笑)
あの喉でレコーディング無理すぎると思いつつ、あの頑張りは音を超えて心に絶対突き刺さってくるはずと思った。
しかも喉悪化の原因はLIVEとのこと。
LIVEならしょうがないよね。

蜷川さんが
歌なんか止めて早くこっちこい!とか言って
超お気にで西島君にデレデレでした(珍しすぎる)
西島君とお仕事したくてしたくて仕方ないらしい。

役者きっかけで彼に興味を持ったし演じてるとこ好きだしいっぱい見たいけど、音楽の魅力を十分に解る私には、音楽で納得いくまでがんばって!と思った。

ROCK意外全く興味無い私なので曲達はあれなんですが
番組内で瞬間的にぐっとくる詞があって
番組終わったら速攻その曲だけ購入(ALBUM全部は聴くの無理・笑)
詞の内容がちょうど今週悶々と悩んでいた事をスカッとさせてくれ、今の自分にピッタリ過ぎてビビリました。音楽の神様がこの詞に合わせてくれたんだと思いました。

またまた音楽の力に感謝です♪背中いっぱい押されたぁ~
これ↓

遥昔に見かけた時、ほんとゴメンナサイよ~と、またまた反省するのでした。

NHK正月時代劇「御鑓拝借~酔いどれ小籐次留書~」辻本くん出演

2年ぶりに放送されるNHK正月時代劇「御鑓拝借~酔いどれ小籐次留書~」 に主演が決まりました。
元旦からこれはヤバイ!
時代劇は何より嬉しいのでありました。
どんな役なんだろ?
殺陣見れるかな?
楽しみです・・・・
辻本くんにはずっと歴史の中に居て欲しい(笑)今日この頃です。

平清盛 重衡登場

お話は重盛ピンチなところを
やはり清盛がきて収めるという内容でした

悩める重盛を見るのは憂い顔が個人的には嬉しいのですが、妻と妻の兄との板挟み・・・しんどいなー
来週はまたまた重盛ピンチ?

んであの
奥州藤原秀衡登場?
ここのとこ王家の方々や摂関家の方々が
以前よりパンチ効いてる(笑)キャラが減ってしまった感があるので
秀衡はその物足りなさの起爆剤になるかな?

しかしあの滋子もすっかり変わってしまったね
権力になど一番興味無さそうだったのに。
代わりに
暴れん坊政子がチラチラ登場し
女子ということを抜かせば
汚れっぷりや破天荒なところが、若い頃の清盛にかぶる。

一族を大出世させるきっかけな人は
出世前は暴れん坊で共通なのかな?(笑)
北条って後々を考えるとある意味一番の勝ち組だしね。

で~重衡様
セリフのあるあのシーン
実は事前に知ってたので、あーやっぱりこのシーンか・・・に
なってしまいました
兄弟が並べばあそこに座るはずとか事前に妄想しすぎて
逆にフレッシュ感がなかった←なんだそれ(笑)

大河ドラマのOPに名があったとこが一番興奮したみたいです私。大河っていつもそうだけど、あのOP曲と名の出るタイミングがほんとゾクゾクする。

大河に辻本くんでないかな~とひっそり願ってたのでほんと嬉しかったOP←ここかよ!

お姿は

あの顔は合うに決まってるし
あとは台本だな~(ここ大事)

並んでるシーンは末っ子なため奥なので緑色の着物は、目立たん!黒っぽい影になってしまうので、目立つ頼盛おじ様の紫色などいかがかしら?
それとも同じ緑でもあーいう濃いのでは無く、もっと草色のやつとか(笑)白虎隊で探してた時は草色目立って良かったぞ(違)
なんなら浅葱色でも・・・そうとう目立つぞ。

今回は雅な重衡様が味わえず
表情がお武家さんキリっ!で、関ヶ原の戦にでも参戦しそうな武将な感じに見えたので

雅な舞など早くみたいな~

でもえりあしには十分雅なオーラは漂っていましたよ。
人物相関図のコノ顔いいですね~この顔で生意気なこと早く言って欲しいです。

しかしこのドラマは誰か一人に注目!とかはかなり難しいですね
あっちこっち気が向いてしょうがない

平清盛 遮那王登場!

散々待たされて最後の最後に
まるで都でのドタバタなど無縁のような
真っ白な着物で登場

なんて可愛いのでしょう

義経の時も
神木くんは、遮那王で出番終了し
滝沢君に変身したから
同じ遮那王からの出番ってなんて素敵な演出だったのでしょう

期待を裏切らない成長の仕方をしてくれて良かった

しかし色んな人が相当ソワソワして待ってたのに
あれだけで最初は終了って・・・
消化不良ですが、これからへのワクワクってことですね。

で、そんなソワソワの中で昨日のは頼盛が
久しぶりにジックリ見れるという
このお話はお話でまた面白く
一瞬家盛パート2になってしまうかのようなドキドキが
ありながらも、ちゃんと丸く収まって良かったです

何より興味深かったのは
平家メインが清盛の息子たちになってる中
落ち着いた叔父になるだけでなく
ちゃんと末っ子5男の、甘ったれ?ちゃん風な感じを
残してきましたね。

これはツボでした。
落ち着きまくっては面白くない!
清盛とは一回り以上年齢が違うので、二人は親子ほどではないけど、兄弟にしては歳が離れてる微妙な感じがすごく上手くでていました。

髪を剃った清盛
最初の頃のヤンチャを思うとものすごい貫禄になってきた
役者さんって凄いな・・・と本当に思う
こうやって一年かけての変化が見れるのも大河の楽しみでもあります。

さて今度は
清盛の5男、末っ子ちゃん重衡が大人に変身します
予告では出てなかったけど゚(゚´Д`゚)゚

あの辻本総司が
辻本重衡ですよ
牡丹の君ですよ

そんなシーンがあるかは解らないけど、宮中女子にキャーキャー言われ、貴族的なことにドップリで育ったにも関わらず、戦上手。

キャラが沖田とかぶる気がして楽しみでならない!

子役重衡君は、いつも空気読めない発言をしておりますが、これ合うよねー辻本くんに(笑)

PS.頼朝様早くお元気になって下さい、あのお姿はあんまり過ぎです・・・

須賀貴匡「八重の桜」出演

ゲホゲホもう疲れた(;´ρ`)
次から次へ飛び込んでくる嬉しすぎる大河情報

会津が中心だけでも嬉し過ぎる大河なのに、綾野くんが私のだ~い好きな容保公とか、斎藤一が出るとか、そしてオダギリの新島襄・・・もうこの時点で頭パンク状態で・・・

さ~今年の清盛
待ってた義経登場!な今週
念願の辻本くんの初大河、重衡来週登場!な今週

須賀くんが「八重の桜」決定ですもの!
ゲゲゲの脚本家だから出ないかなぁーとは思ってたんですがね。
何しろもう気分的にお腹いっぱいでしたからね。私てきには(笑)

宇喜多の時みたく
人物相関図のとこ「五大老 宇喜多秀家」字のみ役者の顔無しとかやめてね~NHKさん。
いやもうむしろ無しでもいいや・・・
大好きな役者さんだけでで録画しても、まさかの人生初、大河ドラマ1年間かかさず録画とかなるのか?
これ大変だぞ~

HDD残量との戦いが始まる~
いつも残り少ない状態なのに・・・どうしましょ。

戦わなければ生き残れない?

あっ役名はまだ発表されてません。
うっすら知ってますが、確定したらね。

あーあっ
クウガと龍騎の共演見たかったな残念過ぎる・・・(これヒント・笑)
555とも有り得ないな、同じとこにいるのは。

同じ画面には出なくても、撮影終わった後とかに酒好きな龍騎と555の人が呑みに行ってる姿が脳内で見えるのはなぜ?(笑)

平清盛 好きなキャラランキングⅡ

感想ここでは書けてませんが、毎週ツイッターで暴走しております。清盛8時放送時には、前代未聞の大量のツイが次から次へ流れ、追えなくなってしまいぐったりしてるところに、プロデューサーの解説もあったりとかで、ここの感想まで気力が残らない。

ここまで夢中になれる大河は、新選組!以来と今はキッパリ言えます。

さてさて、思い入れのある神木義経や、辻本重衡登場前に好きなキャラランキング改訂版Ⅱをあげておきます。

このくらい分けておかないと1年の総括とか無理っぽい。濃すぎるキャスト達。

初回時のはこれ↓自分の記事コピペ。

1.藤原頼長
けして長い時期の出演ではなかったものの強烈な印象。そして誤解されやすい頑固で真っ直ぐなとこに惚れました。悲劇すぎる・・・

2.崇徳上皇
こちらも何て悲劇・・・・始まる前から役者が好きなので注目でしたが、予想以上の演技っぷり。貴族でもない武士でもない、普通の人ではない感じがよく出てました。儚く悲しげでお上品・・・大好物です

3.平家盛
大河初出演をドキドキ待ってました。兄が暴れん坊だったため前半パッとしなかったけど、後半は複雑な弟の気持ちがでてました。しかもこっちが嫡流・・・なんていい子だ。いい子過ぎる。

4.西行
ここは外せないでしょ(笑)ちょっとよく解らんなとこに惹かれます。でも出家前の家族へのDVはダメだな。このよく解らん感が逆に興味をそそる・・・

5.平忠正
ずっとアンチ清盛風なキャラでしたが、最後が良かった。清盛を認めたんだよねきっと。どこまでも「平家」を思う真っ直ぐさに心打たれました。

6.源為義
ナイスお父さん。お父さん色々な哀愁がとっても出ていました。あまりに可哀そうでいつも「大丈夫!源氏の世になるから!」と心の中で話しかけていました。

7.由良御前
基本男子にしか注目してないんですが(笑)このドラマでなくても、どーーーしても
常盤御前はいつも嫌い。だから由良御前の、妻として夫を支える姿に好感持てちゃうんです。戦に出る時も武士の妻として立派に見送ってたです

ここから↓改訂Ⅱ版

1.藤原頼長
不動のポジションです!粛清!

2.崇徳上皇
こちらも不動。役者さんの役への深い愛情も知り更に想いは深まる。忘れもしません最後の出演の回、オリンピック柔道延長でなかなか見れず上皇様の呪いか?と、清盛待機中の人々とじっと興味もない柔道を見て待ってたあの時(笑)「日本頑張れ」とか最も苦手な想いですが、このときばかりは「頑張れ!」と本当に念じた。。。勝負決まれば延長終わり・・・な感じで。そんな邪な念が大量発生したためか?この時の選手メダルとったね。

3.後白河上皇
こんなおかしな上皇をなぜ?と思われるかもしれませんが、好きだな~こういう素直でない人(笑)こういうツンデレキャラ大好きです。

4.平重盛
前回の予告通り急上昇。役者さんの哀愁っぷりが大河以前より気になる存在でした。先週の放送では、叔父のコソコソ話を聞いてしまい顔豹変しましたね。たまらん!自分は平家の後継の器では無いと迷ってたあの頃には考えられない顔でした。好きだー!

5.平家盛
出番が無くなってしまったので、重盛より下になってしまった
(;ω;)でも桜のシーンは忘れられません。

6.平頼盛
え???なぜ今頃?ランクイン。自分でもよく分からんが、役者に興味を抱いたただそれだけ(おいっ!)お髭が無いと超かわいいの(殴!)次回また頼盛がなんかありそうですね。楽しみ。


7.源頼朝
やっと源氏きたー!源氏贔屓ですから。なんでしょ・・・もう今のあのヘタレぶりは・・・もうすぐ政子と何かありそうで、予告では政子のキャラもすごいねあれ(笑)頼朝キリっ!が、もうすぐ見れるねきっと。頑張れ~!

8.西行
お元気でしょうか?でも好きです・・・

9.藤原基房
藤原家の方々のイヤミっぽい感じ大好きです。義経の時の重衡の時にこのお方にキュンしてました。

10.藤原兼実
新見さん(違!)のイヤミっぽさは天下一品!大好物です。

次回は、きっと義経と重衡急上昇予告
またやるの?やるよ(笑)

大河が面白いとなんでこんなに楽しいのでしょう?

「TV・局中法度」10月 放送開始!

戦国鍋の次の番組が、なんと「TV・局中法度」です!
新選組メイン歴史バラエティーです!
冗談で、幕末鍋やっちゃいなよと思ってたら
幕末どころか、ど真ん中で「局中法度」

やったーーー!

ニュースはコチラ
オフィシャルサイトはコチラ

えっと~
土方さんと近藤さんファンは、なんじゃこりゃー!
でしょうが(笑)

戦国鍋の流れの番組なのでお許しを!

斎藤一は
鍋からの流れらしく、元イケメンヒーローですわぁ
GTO出演中なのですね。

役者ブログはコチラ

ミュージックのコーナーもあって、歌う舞う新選組って!もう楽しみすぎるぅぅぅ

るろうに剣心 見ました

斎藤のキャストが決まった時から
テンション下がってましたが
やっぱり斎藤さんが出るのならみないと・・・

あと色々好きな役者さんとかね
特に主役の佐藤健くんは
電王の時から見てますからねー
電王は見たくて見たんではなく(笑)
知ってるミュージシャンが初めてライダーのOP曲を手がけたと知り、OP曲聞くために初回を見て、ライダー初、弱っちいヒーロー(変身前)っていうのが斬新で、うっかり内容にハマったという(笑)

それ以降のライダー音楽はその周囲で独占しております(笑)

その時から佐藤くんは、多重人格的な演技をしていて、本当は弱っちいのに、憑依されて色んなキャラ演じてたなー。

剣心見てたらずっとそれ思い出していました。
大人になったし演技力はかなり成長してるけど、彼の持ってるあの感じ変わらないなと。その持ち味で、龍馬伝の以蔵もできたのかなと。
原作は知らないけど、佐藤健だからこそできたんでは?なんて思ってしまいました。

誰よりも優しくて誰よりも強い。素晴らしい剣心でした。

はい
ここから
ややネタバレ
辛口感想いきます
大友監督信者
映画絶賛派
の人は見ないでね

う~ん・・・
最初は食いついたんですよ

だって
いきなり鳥羽伏見の戦いの斎藤からですからー
隊服着てたし
誠の旗もあったし
もう龍馬が斎藤でもいいや!ってね。

が、中盤くらいから飽きてきた

なんでだろ?
色々想いを巡らすと答えが見つかった

なんであんなに龍馬伝が途中から鼻につきムカつきイラついたか(初めて大河に激怒!)
最初はけっこう楽しんでたのに・・・
新選組の描かれ方とか主役万歳すぎるのが原因と思ってたら、映画見てよ~く解った。
大友監督が苦手なんだと。

これでもか!と描きたい世界観を詰め込んでくる
それが熱くて濃くて真っ直ぐで・・・

これ私が映画に限らず一番嫌いで苦手なんだな
ヒネリがない
こちら側が勝手に妄想できる
あやふやさが無い
どこか押し付けがましくて、その熱さにひいてしまい冷めてしまう私

初の映画監督ということで
詰め込むだけ詰め込んだこの作品で
監督さんの特徴がよく解りました

これはドラマではなかなか解りづらく映画ならではのことです。
だから映画はいいんだよな

音楽だって歌詞全く聞いていない派の私は
映画もお話の展開より映像の他のアレコレをガン見してる

結果
苦手だなー大友作品

音楽の使い方
映し方
全くあの時と同じ

映画にしかできないことは、当然いっぱいやってますが、基本のとこがすべて同じ。特徴ですからね。それは仕方ない。

悪いという意味でなく相性が悪いのです

あと殺陣

これも好みではなかった
すごかったですよー
褒めちぎられるのは解ります

でも殺陣はアクションでは嫌なの
特にテーマに武士がどうの・・・って入ると
それがなきゃ素晴らしいアクションだったと思う
たぶん過去最高に綺麗だったと思う
スピードも半端ない
あれは役者さん大変だー
よくやった!です。
アクション俳優がやるようなことやりまくってたもんね。

でもこれも好みの問題

綾野くんだったらアクションではない綺麗な殺陣できるのにー
佐藤君だって!できるっ!
林先生カモーン!←誰だよ(笑)
って思ってしまいました。

原作はよく知らないけど
漫画を描写するには、こういうアクションでないとダメなのは解ってます。

Mqe0m
弱さは罪だ
剣に生きる

ブレないとこは斎藤っぽいのですが・・・

あんた龍馬だよね?←私の脳内(笑)
ダメだー

斎藤さんキュン不足でした・・・

あれはあれで格好いいんですが
龍馬がどうしてもはなれない

むしろ私は
剣心が斎藤に思えてしょうがない(なんだそれ・笑)

だって明治の世も生きてたんですものー
剣心に重なってしまいます

過去の色んな思いを秘めて
明治の世を生き抜く感じ
哀愁と強さ←勝手な妄想

相性悪いあれこれプラス
運の悪いことに、最後の殺陣満載のとこ
見せ場

最後のここで浮上したかったんだけど
某クローズからのキャストが三人もいて
階段登って大将のとこいくあたりが
とってもかぶってしまい・・・

三池監督の映像のが好きだな
さすがだなと思った。
こちらは映画人だから比べるのもあれだけど。

まー原作ファンでもないのに、こんなめんどくさいとこ観る人はあまり居ないと思われるので、普通に映画観るぶんには圧倒されて素敵な映画だと思います。

映像もほんと綺麗でしたよ。

和やかな時の、お部屋にさしこむ太陽の日差しのホンワカした出し方とか、写真で欲しいショットは満載でした。

特に明治の描写はほんと綺麗でした。

私とは相性悪くても
気になる人はスクリーンで見て!と思いました
あれはDVDでは勿体ないです。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ