久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 来年の新春時代劇は、白虎隊 | トップページ | 「TV・局中法度」10月 放送開始! »

るろうに剣心 見ました

斎藤のキャストが決まった時から
テンション下がってましたが
やっぱり斎藤さんが出るのならみないと・・・

あと色々好きな役者さんとかね
特に主役の佐藤健くんは
電王の時から見てますからねー
電王は見たくて見たんではなく(笑)
知ってるミュージシャンが初めてライダーのOP曲を手がけたと知り、OP曲聞くために初回を見て、ライダー初、弱っちいヒーロー(変身前)っていうのが斬新で、うっかり内容にハマったという(笑)

それ以降のライダー音楽はその周囲で独占しております(笑)

その時から佐藤くんは、多重人格的な演技をしていて、本当は弱っちいのに、憑依されて色んなキャラ演じてたなー。

剣心見てたらずっとそれ思い出していました。
大人になったし演技力はかなり成長してるけど、彼の持ってるあの感じ変わらないなと。その持ち味で、龍馬伝の以蔵もできたのかなと。
原作は知らないけど、佐藤健だからこそできたんでは?なんて思ってしまいました。

誰よりも優しくて誰よりも強い。素晴らしい剣心でした。

はい
ここから
ややネタバレ
辛口感想いきます
大友監督信者
映画絶賛派
の人は見ないでね

う~ん・・・
最初は食いついたんですよ

だって
いきなり鳥羽伏見の戦いの斎藤からですからー
隊服着てたし
誠の旗もあったし
もう龍馬が斎藤でもいいや!ってね。

が、中盤くらいから飽きてきた

なんでだろ?
色々想いを巡らすと答えが見つかった

なんであんなに龍馬伝が途中から鼻につきムカつきイラついたか(初めて大河に激怒!)
最初はけっこう楽しんでたのに・・・
新選組の描かれ方とか主役万歳すぎるのが原因と思ってたら、映画見てよ~く解った。
大友監督が苦手なんだと。

これでもか!と描きたい世界観を詰め込んでくる
それが熱くて濃くて真っ直ぐで・・・

これ私が映画に限らず一番嫌いで苦手なんだな
ヒネリがない
こちら側が勝手に妄想できる
あやふやさが無い
どこか押し付けがましくて、その熱さにひいてしまい冷めてしまう私

初の映画監督ということで
詰め込むだけ詰め込んだこの作品で
監督さんの特徴がよく解りました

これはドラマではなかなか解りづらく映画ならではのことです。
だから映画はいいんだよな

音楽だって歌詞全く聞いていない派の私は
映画もお話の展開より映像の他のアレコレをガン見してる

結果
苦手だなー大友作品

音楽の使い方
映し方
全くあの時と同じ

映画にしかできないことは、当然いっぱいやってますが、基本のとこがすべて同じ。特徴ですからね。それは仕方ない。

悪いという意味でなく相性が悪いのです

あと殺陣

これも好みではなかった
すごかったですよー
褒めちぎられるのは解ります

でも殺陣はアクションでは嫌なの
特にテーマに武士がどうの・・・って入ると
それがなきゃ素晴らしいアクションだったと思う
たぶん過去最高に綺麗だったと思う
スピードも半端ない
あれは役者さん大変だー
よくやった!です。
アクション俳優がやるようなことやりまくってたもんね。

でもこれも好みの問題

綾野くんだったらアクションではない綺麗な殺陣できるのにー
佐藤君だって!できるっ!
林先生カモーン!←誰だよ(笑)
って思ってしまいました。

原作はよく知らないけど
漫画を描写するには、こういうアクションでないとダメなのは解ってます。

Mqe0m
弱さは罪だ
剣に生きる

ブレないとこは斎藤っぽいのですが・・・

あんた龍馬だよね?←私の脳内(笑)
ダメだー

斎藤さんキュン不足でした・・・

あれはあれで格好いいんですが
龍馬がどうしてもはなれない

むしろ私は
剣心が斎藤に思えてしょうがない(なんだそれ・笑)

だって明治の世も生きてたんですものー
剣心に重なってしまいます

過去の色んな思いを秘めて
明治の世を生き抜く感じ
哀愁と強さ←勝手な妄想

相性悪いあれこれプラス
運の悪いことに、最後の殺陣満載のとこ
見せ場

最後のここで浮上したかったんだけど
某クローズからのキャストが三人もいて
階段登って大将のとこいくあたりが
とってもかぶってしまい・・・

三池監督の映像のが好きだな
さすがだなと思った。
こちらは映画人だから比べるのもあれだけど。

まー原作ファンでもないのに、こんなめんどくさいとこ観る人はあまり居ないと思われるので、普通に映画観るぶんには圧倒されて素敵な映画だと思います。

映像もほんと綺麗でしたよ。

和やかな時の、お部屋にさしこむ太陽の日差しのホンワカした出し方とか、写真で欲しいショットは満載でした。

特に明治の描写はほんと綺麗でした。

私とは相性悪くても
気になる人はスクリーンで見て!と思いました
あれはDVDでは勿体ないです。

« 来年の新春時代劇は、白虎隊 | トップページ | 「TV・局中法度」10月 放送開始! »

新選組&斉藤一」カテゴリの記事

幕末」カテゴリの記事

コメント

ももさん、こんにちは
こちらでは、お久しぶりです。
ももさんの記事を「そうなの、そうなの!」と、うなずきながら読みました。


>あと殺陣
これも好みではなかった
すごかったですよー
>でも殺陣はアクションでは嫌なの


私も「好みの問題」だと思いますが
血風録「菊一文字」での辻本総司×市瀬秀和のような「殺陣」が好きなんです


>綾野くんだったらアクションではない綺麗な殺陣できるのにー
佐藤君だって!できるっ!
林先生カモーン!←誰だよ(笑)


もったいないなぁ~と思いながら見ていました
せっかく俳優が大変なアクションを行っているのに、ものすごく早く場面が過ぎていき
何がなんだかわからなくて…。
コミックが原作だとどうしても現実離れした動きばかりになってしまうのでしょうね
ほんと、林先生にご登場いただきたいと思いました


戦いの時の剣心と普段のほわ~んとした剣心のギャップは良かったです。

お京さん☆
コメントありがとうございます。
久しぶりに登場して、そちらで連投してしまってゴメンなさいね。

こんな
るろ剣感動組が見たら、なんじゃこりゃ!な感想に
同意いただいて嬉しいです。

コミックの世界観を出すための現実離れは分かってるのですが
役者が良かったので、もったいなかったですよね

もっと生身の身体の演技で十分素敵になったかと・・・

辻本総司×市瀬秀和の殺陣!解ります解ります!
こういう方がいいですよね
アクション映画見たいわけではないので。

菊一文字の時の殺陣師より、林先生は更にリアルな刀の重みを出す殺陣なので映像的には地味でも、
佐藤健VS綾野剛で
そんな殺陣見たかったですね。
佐藤健は龍馬伝で見れてますが、綾野くんは容保公なので殺陣なんて無いもんなーきっと。

ほわーんと殺陣の時とのギャップ
あんな感じライダー時にすでに演じわけてましたよ。
こういうとこがすごく魅力的です。
わたし的には、佐藤建が主役でなかったら、もっとなんじゃこりゃ!になってた映画だと思われます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 来年の新春時代劇は、白虎隊 | トップページ | 「TV・局中法度」10月 放送開始! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ