久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

新しい風

先日ツイッターのHOTワードに
ヘドバン
という言葉があった。
え???これって、一部の人しか解らない言葉なはずで
HOTワードになるような言葉でないと思うんだけどーと覗いてみると
あれでした最近テレビでも人気で紅白にも出たあのV系バンド絡みの話題。

ヘドバンって私もします。ヘビメタ(笑)か、V系独特の文化なのかな?
簡単に言うと、曲に合わせて首を激しく振り回します。当然ステージは見えなくなり、やり過ぎると目がまわり、首も痛めます(笑)
若手のV系バンドさんになると、頭ふれ〜!とファンを煽ったりします。
若手に本命は居ないので(笑)勝手に頭振り回してたりします。

で、ツイッターで何が話題になってたかというと、その急に人気出たエアーバンドのライヴでヘドバンしてる人の髪があたって痛いという苦情があったのが、話題の元とか。
え?
そんなことで苦情言うならライヴなんて行くなよ!と思ったけど(笑)確かに髪型によっては、物凄い痛いのは解る。だからライヴ行く時には、髪型とか色々気をつけているんだ。

って、私はこのエアーバンドのファンでは無いですよ。
売れて無い時にどっかで見かけて、そのステージに笑いつつ呆然とした経験はあるけど(笑)人気出たね〜と面白くテレビで眺めてます。あと音源そのものは彼らの演奏では無いので色々知ってる人がやってるんでね。

このこととかバンド系について語りたいのでは無く
何かの拍子に急にファンが増え、それが同じ様なとこからの増え方でなくテレビからとなると大きな文化のギャップや摩擦が生じるんだろうなと思った。
どっちが良いとか悪いとかではなくね。
でももし自分の愛するバンドさんで同じこと起こったら怒るな(笑)
ステージ下の環境も含めて長く好きなんだもの。急にヘドバンやめてくれと苦情言われてもね。

ずっと大好きで雨の日も風の日もずっと応援しているその場が、最低限のマナーも守れずドカドカと大量の人が土足で、瞬間湯沸かし器のような熱々の思いだけで入ってこられて荒らされたら良い気分はしないのが人の感情。
ファンが増えるのは嬉しいけど、それまでの大好きだった環境もが荒らされてグチャグチャになったらこんなに寂しい事はない。

新しい風は勢いがあり暴風で痛いけど、熱々な暴走は絶対に長くは続かない。
そんな場面を色んな場で何度も見てきたから、そう思う。残る人はある程度落ち着くし。

超メジャーな存在にならない限り、場をわきまえない狭い範囲での横の罵り合いは、もの凄いマイナスポイントになると思うんです。超メジャーなら人数多すぎてちょっと位、何かあってもいちいち気にならない。そういうもんだと思う。

いったい何が言いたいんだろうねー私(笑)
ピーンと解る人だけ解ってください。

バンドではよく
ファンはバンドの鏡と言われます。
ファン見るとどんなバンドかよく解ると。
いつもこのことだけは、頭の片隅にあります。


だから…なに?(笑)

八重の桜 第一回感想

始まりましたねー
幕末がいっぱいになりそうな2013年
ブログの出だしが遅くなりましたが
見ている皆様
今年も宜しくお願い致します

えっと・・・八重の前に
あんなに楽しみにしていた
1/2の白虎隊
長時間ドラマなのでかなり期待していたのですが
なんかもう無かったことにしておきたい(笑)
この枠のドラマここ数年ほんとつまらなくなってる
あんなに大好きだったのに
しかも白虎隊なのに
印象に残っているのは、じゅてーむ歳三だけ
爆笑でしたこれ

ドラマを全て史実通りにとは全く思っていませんが
あそこまですごいとなんていうかもう笑うしかないでした。
後半はもう観ながらかなり酔っていたので、会津にだいぶ残って戦に巻き込まれてた土方さんはきっと酔っぱらいの幻覚としておきましょう。

そして
始まりました八重の桜

スタートが
アメリカの南北戦争からの会津の戦のシーン
これは意外でしたね。
そしてボロボロの城に居る容保公
ここでいきなり涙目な私

題材が題材なので
(清盛なんぞやらなくていいから2012年に八重やれ!とか言ってたし過去・笑)
感情移入はしやすいですが

ドラマそのもの作品そのものとしてはどうなのかな?
清盛ほど夢中になれるのか?謎なスタートでした。

悪いとかっていう意味じゃないですよー
ややこしい内容になれきってしまったせいです。
大河なのに若干刺激が欲しいみたいな(笑)

それにしても
松平容保の綾野くん
予想以上の素敵さでした。
綾野くんの持つ哀愁オーラ。外見が似てる~の評判にプラスでまさにその後の悲劇を思わせる感じが何とも言えない。

あとは
吉田松陰の小栗旬
松陰は割と落ち着いたご立派なオッサン風(笑)が多いですが、享年30歳だし、ご立派というよりちょっと破天荒なとこがあったみたいなので、あれが史実に近いのでは?と思いました。

なんかこう
八重が羨ましくなるようなイケメンパラダイスな大河でしたね。
これからもイケメンどかどか追加されます

あと
会津弁が全く聞き取れないとか文句言ってる人けっこういましたが、あの程度ならなんとなく分かるでしょ?会津に何度も行ってるのであんなの大したことないって思っちゃいます。私からしたら、長州の言葉だって薩摩の言葉だって関西弁だって、みんな訛りですよ。え?ってなるとき一瞬ありますよ。でも全く聞き取れないなんて言わないよ。龍馬の土佐弁で聞き取れないとか誰も言わないのに・・・なんていうか、うん。奥州っていう感覚なんだよね(イラッ!)この件は以下自粛・・・

ということで軽く感想でした

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ