久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

八重の桜 第8回ままならぬ思い

とうとう新選組が出ました
斎藤です
斎藤登場
誰よりも目立ってました。
当然です。会津のお話ですから。

しかしあれですね
時尾の失恋の時に登場させてくるとは何という演出(笑)ドラマ的にはナイスなんでしょうが、えぇーもう、時尾さんそのまま大蔵を思い続け結婚しないでいいよ!と本気で思ってしまいました←どうしても捻じ曲げたい史実(笑)

斎藤の感じは予想通り新選組の中で独特のオーラが放たれていて、なんだかちょっと不気味で(笑)役者さんが作り込んでやっているのとは違い自然だった。だって役者さん達の中にドラゴンアッシュって、それだけで異端だもの。
そして好物な無口キャー♡
そして覚馬にすごい殺気と見抜かれていましたね。殺気好き好きー!

しかし斎藤の髪型だけは何とかならないか?ずっとあれなのか?という不安もあったりする。浪士風を出すには、あんまりキチっとしていても変だけど
斎藤だけ髪型変じゃなたったですか?
ROCK斎藤だからあれでOKなの?(笑)
殿を筆頭にイケメン満載の会津藩士に比べるとなんというか新選組は(笑)周囲のセリフを集めて考えてみると、得体の知れないとにかく強い集団な感じで描かれていくのでしょうか。この感じを出すにはイケメンいっぱいではダメなんでしょうね。ハイよく解ります。
が・・・・・土方さんは本当にイケメンだったんですがね。
今、局中法度でもアノ土方だし(笑)本当の土方さんを忘れてしまいそう・・・
でも今までに無かった様な新選組が見れそうなので今後に期待です。

今回の回は会津的に本当に大事なエピソード満載で帝に頂いたご宸翰の事とか、帝の言葉の偽物が出回るとか会津贔屓にはスカッとする内容盛りだくさんだったのに
雨の中のあの馬揃えのシーンもあり、興奮と涙マックスになるはずなのに

きました
久坂玄瑞
ばかぁー!

やっと念願の会津メインな大河が叶った時に
なぜおまえが久坂で登場?嫌がらせですか?(笑)
私の好きな須賀君はカーネーションの時みたいな爽やかなのでは無いのです。クールで悪っぽいのが好物なのです。会津がメインなので長州は随分悪っぽい感じで、来ましたど真ん中!

もーう格好良すぎるだろ!おいっ!
しかも次回の戦姿がもうたまらん!

須賀君の出番前に長州絡みにだいぶ詳しくなってしまった私は、次回のエピソード、いつもなら長州ざま〜みろ!いい気分〜♪となるとこなんだけど、若干泣くかも(おいっ!)

何しろ前半の私は、吉田松陰が会津に行ったのは知ってたけど、何故宮部が会津に?何故だ?と、思うほど長州に興味無く無知だったのにな。

まっいいか…
久坂玄瑞は早くお亡くなりになるので僅かな間は、この微妙な気持ちで見ています。

大蔵さんの弟、早く青年になれ!頼む〜

頭が混乱してるので暫くまともな感想はかけませぬ失礼。

八重の桜第7回 将軍の首

京は天誅騒ぎで大変です。

あちこち暴れまくってたのは、ハジメ…違う(笑)尾関さんです。が…また役名のクレジット無しで役者名のみ。以蔵ならクレジットされるはずだよな?変だな。映像も真っ暗で顔確認するのが大変でした。いったいどういうことでしょ?
同じ事務所の永倉役の人と一緒の現場だったみたいのこと、撮影時の日記であったので新選組が出る時にまた出ると思われるます。但し、その時は作品名とか一切触れてはいないので違うものかもしれませんが。

そして苦渋の決断の上会津が京に上りました。
ここですここからです!
こうなると会津の人々とか主役の八重さんとか描かなくてもいいから!京メインで!と思ってしまいましが、主役ですからね(笑)

容保公と孝明天皇のシーンT_T
なんとも感動的でした。
御簾の向こうに、清盛の時みたくオカシな(笑)帝が居なくて良かったです。強烈な王家の皆様が標準になってしまったので、なんて普通にご立派な帝と思ってしまったのは内緒です(笑)

そして本日の慶喜ちゃん。
勝手にしろ!って
おまえぇぇぇ
おまえが勝手過ぎる!
おまえがおまえが!

容保公は真っ直ぐすぎるので、建前と本音を使い分ける悪どいことなど想像つかないんだよ。人は自分の基準値で自分のフィルターで物事を見てしまうからね。
が、倒幕を狙ってると知った時のあの怒りの顔!(綺麗ね)
これで政のど真ん中に入り色々なことを知っていくのだろう。

さてさて
来週は新選組登場
公式サイトでは
この男 ハジメに注目
と、早速斎藤さんが紹介されています。
これはもう斎藤ファンの悲願と言っても大袈裟ではないはず。
この人真ん中にした方が新選組の物語としては、深まり広がるはずだよ。
なのに今までは(泣)
居るか居ないかも多々
明治の斎藤さん見れたのは、壬生義士伝で孫を背負うお祖父ちゃん斎藤ぐらい。

ミュージシャンが演じるのでどんな感じになるのでしょ?
新選組の描かれ方はどうなるでしょ?
と、期待に胸膨らむ〜

な時に
次回は、久坂玄瑞の(須賀貴匡)登場初回でもあります
なんで一緒に初回登場なのー?
困ります!
探さないといけないのです。

斎藤を探せ!と同時進行はきついです。
敵だし…
以蔵は来週どうなんだ?

まさかのトリプル探し?
誰か目を貸して

八重の桜 第6回 会津の決意

とうとう京都守護職を引き受けてしまいました
幕末好きならば
ここからが面白いのですが

でもねでもね
受けないでぇーって願ってしまいました

会津の大河だけあって
引きうけるかどうかのあの苦悩が丁寧に描かれいました

黒船が来たので房総にすでに兵を出していて
けしてお金の面では豊かでは無い会津
京都まではかなり遠い

藩祖が将軍の弟という宿命の元
御家訓を愚直に守り
これから大変なことに巻き込まれていくんですよね

容保公が西郷頼母の京都守護職など引き受けてはいけないという説得に、全て解ってるでも引受けるのだと涙目で訴えてるシーンがなんとも切なかった。

京都守護職は名誉なこと〜!
なんて単純なことでは無いんですよね。。。

そろそろ新選組に出番でしょうか
出番は楽しみなのに、話が進むのが悲しいというジレンマ

私の記憶が正しければ確か疑惑の(笑)以蔵が次回でる回だったと思う。記憶怪しい……

公式にはいよいよ会津藩士神保さん登場ですね。
役者さん今は、民放のカラマーゾフの兄弟というドラマに出てますが、初めてこの俳優さんを見たのはNHKの時代劇でした。「男前」っていうドラマ。
その通り男前です(笑)
神保さんはイケメンじゃないとね。

あと照姫と容保のちょっと怪しい感じが匂うところがちょっと嫌です私。
イランだろーそんな演出は。

時尾もいらん(笑)
千葉さなさん好きだったのに何で時尾なの(;´д`)トホホ…

 

空洞にならないけど空洞です

このブログの検索ワードに
突然、愛のむき出し 西島隆弘
なワードが登場してます

これってあれよねきっと
キリン生絞りのCMのせいよね(笑)
CM出てる人は、にっしーとは全くの別人だけど
あの音楽流れるたびに

サソリさんが出現し
アホなくらい一途なユウくんが湧いてきて
キュンキュン♡になってます

一瞬にして映画の場面が出てきて切なくなる
なんだこれ?
時が一瞬止まるあの感じ…
色んな映画を見てもその時は良い音とか思ってもそれは映像とのセットだからな訳で…あんな一瞬で胸キュンになるほどのあのパワー謎ですね。
最近では、にっしーが生絞り飲んでる映像に脳内変換されてしまってます。この妄想力もう異常です(笑)
つーかCMの人が余りにも、遠い…サソリさんともユウ君とも遠すぎるビジュアル何とかならないか?(笑)


深夜にCM見た時もうなんとも言えなくなり曲購入してしまった
iTunesにあったんで速攻で
そこでヘビロテ開始(笑)音楽好き魂にスイッチオン♪

ここでも聴けるよ。

ゆらゆら帝国な感じなROCKはあまり好きでは無いんだけど、妙にこれはハマる。
3ピースバンドでシンプルな音なんですけどね。
なんでしょうね。曲聴いていると妙に切なくなってきちゃう。
ミディアムテンポな感じも心地よい
ギターの音でほんと切なくなってくる

なんと言っても歌詞がとっても素敵
私にはシンプルな音に感じるので歌詞がストレートに飛びこんでくる。
普段は歌は楽器の一部扱いな人で、歌に注目していない。

誰かに恋をして心を全て持っていかれ空っぽです
みたいな歌詞
それを熱々な感じで表現されてる訳では無く
ミディアムテンポで脱力系?な歌詞で表現されてる

監督の園子温の世界とよく合うこの感じ
愛のむきだし以外でも、こういう感じだもんな
熱苦しくない感じ
過激なテーマと描写をサラっとやっちゃうんだよな。
そして文学的

恋をしても
自分の全てを相手のためにとか全く思わないし、むしろ自分の時間とか邪魔されたくないタイプな私で、この歌詞とは全く真逆な人なのに(笑)
なんで好きなんだろ?これ?

映画のせいだけでないハズ。

なぜか町には大事なものが無い
な、歌詞のとこ
妙に好きです。あっ!その感覚よく解る!って。
言葉にできない感覚を言葉で表現された感じ。

しばらくは脳内サソリさんで、ヘビロテ続きそうです。

しかしCMでちょこっとかかるだけで反応されてるってすごいね。

ところで
またまた今年でかいツアーが決まってますが、役者にっしーは観れるのかな?
見れないと空洞になっちゃうぞっ!

斎藤好きだと以蔵も好き

また八重の桜で、私祭りなことが(笑)
あるかもないかも

私が斎藤好きになったのは
組!のオダギリ斎藤

最初誰だかよく解らなくて
この人は岡田以蔵?と

同じ三谷作品の竜馬におまかせの
岡田以蔵(反町)を思い浮かべてました

斎藤一は謎の人物なので以蔵っぽくしてると三谷さんも言ってたし
セリフでも龍馬に
以蔵に似てると言われてました

龍馬伝は大嫌いな作品でしたが、以蔵は大好きでした

影のある人斬り
きっと好物なんです

で…コレ→岐阜新聞

ヤバイ!
やばすぎるぅぅぅ
でも役名無しの登場だったし
なんだろ?

ご本人今度は悪っぽく登場とブログで書いてるので
確定で良いのかしら?

もしそうだったら
きゃーです

八重の桜

小栗旬
吉田松陰がお亡くなりになってしまいました
こんな魅力的な松陰って珍しいので
もっと見てたかったな〜

ドラマでしか旬くん見たこと無い人は
本日の演技は
ちょっと意外だったのでは?と思ったりしました。

が…
あれが小栗旬なんです。
あーいうのが好きなんです。
見れるの嬉しいけど、やたらにドラマ出てほしくないと思うのは、あーいう旬くんが普通のドラマでは見れないから。

だから松陰が早く消えてしまってほんと残念。

ですが…
桜田門外の事件も起こり
いよいよお話が面白くなってきました。
ここからです!幕末は!

ってことで、旬君居なくなった後
今月末から、久坂が登場します。
久坂登場そのものなど喜んでませんが(笑)
須賀貴匡が久坂役なのです。

天地人の時みたいに旬くんと並んで欲しかったな。

困ったなぁこれ。
またすぐ死亡だよね。

新選組もそろそろ出てきそう!

今日は新選組血風録での斎藤さんが、八重の家に
攘夷!と
斬り込みに行ったの気づかれました?

どんだけお花畑な大河なのでしょう私には。
山川大蔵も格好いいよぉ〜
あんなイケメンで会津藩士を見れる日がくるとは!

隙間の江戸風

今日は気持ち悪いほど春の陽気です。
二月は極寒というのに、毎年恐らく最強にお仕事が忙しい時期。今と未来を同時にしていかないといけないので、もう頭パンパン(笑)
って、ことで今日は家でグダグダしいて写真など整理していました。
忘れてたけど(笑)年末に寛永寺に行ってました私
八重の桜始まる前に、
「慶喜は、さっさと逃げて馬鹿野郎!」と言いにです。

ImageImage_2

言いに行ったというのはウソですが(笑)鶯谷のライヴハウスに行ったついでに、チョコっと覗いた感じ。
こっち方面って以前はライヴハウスは無かったんですが、元キャバレーを改装した素敵なライヴハウスができて何度か行っています。
外で整列時に明らかに街から浮いてる私達ヽ(´o`;
並ぶのダルイ時用に、美味しい焼鳥屋もみつけたし気にいってます。


Image_3Image_4

年末ちょっと前?くらいに根岸のお豆腐屋さんに行きました。お友達が教えてくれて、正岡子規が通っていたお店とか。
確かに歴史を感じる店内で妄想炸裂。お豆腐のお味はもう、とろける様なお味で美味しかった!ビールルが美味しくて美味しくて〜!
お陰でメインの湯豆腐出てくる前の写真しかない↓

Image_5


そして年が明けて雪が残る武道館


Image_7Image_8

武道館って、あの田安門くぐって入るんですよね。
徳川御三卿です。
世が世なら、こんな格好ではウロウロできません(どんな格好だ?笑)

Image_9

日武でのライヴは久しぶりだったので、江戸風な写真撮ってみました。
雪が残っていて
違う門だけど(笑)若干、桜田門外を妄想してしまいました。

隙間でちょこっとな江戸を楽しんでいます。
暫くは、ちょっことな江戸は楽しめそうも無い場所ばかりの予定だな。


« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ