久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 八重の桜 第12回蛤御門の戦い | トップページ | 久坂お目当の本あさり »

八重の桜 サヨナラ須賀君 ☆追記有り

再放送も終わりこれで本当に最後でした。
久坂の収録が始まったのは随分前で発表ある前から、目撃情報で桂さんや真木と並ぶ姿を妄想し待ちに待った久坂でした。

待ってる間は、久坂?
なんで久坂なんだよー
ってずっと思ってたんだけど、出てきた瞬間からも全部持っていかれました。

長州大嫌いだったのに
八重での長州はものすごい悪者で(笑)
しかもあらゆる重要人物スルーで
会津てんこ盛りな中のあのポッカリ空いた風穴みたいな長州が不憫にまで思えてきました。

お陰で役者ファンとしては久坂が長州代表演出になって良かったと言えば良かったのですが、史実の方を超短期でできる限り久坂を知ると、あれも足りないこれが違うと贅沢に。

それにしても、やっぱり勝者側、政府側
資料がけっこう残ってることに驚く
研究の進みも早かったのでしょう
禁門の変で亡くなった人なのに、一緒に生きた人の回想の多さに新選組や会津との違いを大きく感じた。政府の敵だったとことの違いを今更ながら実感できました。

これからは長州が勝者に向かっていくというとこに須賀君退場。
もうなんか悔しい
いやこれは仕方ないんだけどね。
桂さんとお別れのシーンがあり桂さんが違うやり方で…と決意してたんで、今後も久坂の存在は長州にとって大事な存在となるでしょう。
久坂自体のセリフでももうだめだという絶望ではなく、みんなは一度ひいて生き延びて再挙をと言ってましたね。

でもさ
久坂って都から引くようにというお達しには、従った方が良い派だったんだけど、真木と来島に医者の言うことなどフン!って、バカにされ結局禁門の変になってしまったんだよな。
ドラマの会議では、殿が来るまで待て!とちょっとは止めたけどね。来島と真木のこの感じは少し入れて欲しかったなー
バカにされたら、あの久坂ならなんて言うかな?
って妄想してみたり…

久坂は自分の子供ができた事も知らず死んだんだよな可哀想…とか、この子供がもし奥様の子供だったら(違うけど)吉田松陰と久坂の血ひいているなんて凄いぞとか、ドラマ外のことで妄想な日々でした。

会津にのことは既に大体知ってるので特に調べることや驚きなことが今のところ無いのですが、久坂調べの時に何故か飛び込んできたコレビックリしたよぉぉぉ
あの飯沼貞吉が、長州の人に助けられていたと!
えぇぇぇまさかの長州?
かなり賛否両論になってるらしいが、去年は平家に心奪われてたので(笑)知らなかったこれ。
生き残りが恥な価値観の中、長州となると貞吉は相当複雑だっただろうな。

っと…話それた。
須賀君のお陰で、佐幕一筋な私もそこは変えられなくても(笑)色々視点が広まりました。有難う!って言いたい。こんなことでも無ければこういう変化は頑固な私には無かったな。
薩長は、ならぬー!ですから。
しかし薩摩は何見ても私には合わないが。

いつも有難うがいっぱいある須賀君ですが
えっと…
前回触れた殺陣シーン(まだ言うんかい!)
また見たら…気づいちゃったの
刀の振り方が…
バット(爆笑)
腰の入れ方が殺陣じゃなく…
完全なる野球な腰

ギャー言ってしまった〜
だってだってファンなら解るよね
お子ちゃま時代は野球少年(笑)

どうせなら高校時代の柔道校内優勝の時の感じを出した方が、殺陣に合うと思うんだけど〜
と殺陣フェチが見ると思ってしまうんですが。

まっ、あーいう戦乱シーンで、じっくり殺陣とかあり得ないんですがね。

後半は鎧姿ばかりだったけど
はいこれ

Image

たまらんねこれ。
悪い顔

そして最後の久坂てんこ盛

Image_2


ツイ実況見張ってましたが、あんなにアウェーな長州なのに最後の日はたくさんの人の心を奪い、最後のあれこれタグが三つ位登場してましたよ。
これ快挙です。
ツイが1番盛り上がった去年の大河でも実況見てたけど、まさか久坂でこんなに盛り上がるとは思わなかったです。

さて明日から私は桂さんでも追うよ。
そこに久坂の想いがあるからー!
なんてね。

次の本命さん登場までは、マッタリ見ようと思います。
山川健次郎が大人になるの待機です。


☆追記☆
大事な事言い忘れた!
桂と久坂のお別れの時、久坂が「君は行け!」って言ったじゃないですか?
長州限定で、一人称を「僕」と言ってたの気づきました?
君と僕
という言い方は、なんと松下村塾の塾生達、勤皇の志士達の間から広まったという事をなんと始めて知った私です。知らなかったー興味無かったー今まで(笑)
ドラマでは松陰が亡くなる寸前に「僕!」と言ってましたね。
確かに幕末の時代で、僕と自分を呼ぶ武士のイメージは無い。
なんか素敵、「君と僕」

« 八重の桜 第12回蛤御門の戦い | トップページ | 久坂お目当の本あさり »

須賀貴匡」カテゴリの記事

コメント

「ももさん、戻って来て~」
……って、この言葉、前にも書いたような(笑)。

新選組大好きなのに、敵である鞍馬天狗に心奪われていた日々を思い出しました。
会津と長州どちらが好きかと聞かれたらもちろん会津なんですが、長州にもひかれる部分ありますよね。
そして、須賀さん、カッコ良かったです。目立ってましたね~。

飯沼貞吉が、長州の人に助けられていた話知りませんでした!!
そうだったのか~。
私が最近知って驚いた事は奥平謙輔が会津人につらく当たっていたという話……。
山川健次郎の世話をしたりと、長州人には珍しく会津人に優しい人だと思っていたのに、やはり戦時中はそういうわけにはいかないか……
会津と長州の間には色々な秘話がありそうですね。

YAGI節さん☆
戻ってきてー有難うございます(笑)
以前にも確かにありました。
鞍馬天狗に奪われてた日ありましたね。あの頃のお気持ちお察し致します。
長州は嫌いなのは変わらないけぢど、なんだか奥深い気がしてきました。
新島襄がちゃんと登場前に、毛利元就あたりから復習(笑)してみたいと思い始めています。

須賀君にはもう参りましたです。
久坂であれだけ目立っていたのに公式サイトの登場人物に載ってないんですよ。去年の清盛だったら載ってるよな〜と思い、作品の作り手の違いを大きく実感しています。

そして飯沼貞吉!
あの白虎隊が、長州に助けらていたのでは、他の誰より大問題になったのでは?と思います。ご子息の方も初めはあり得ない!と速攻否定だった様だし。
でも飯沼貞吉本人もきっとペラペラ喋れることでもなく、色々複雑で辛かったでしょうね。
奥平謙介が、そうだったのですか?
山川健次郎の世話をした人のイメージがぼんやりありますが、これはいったい…でも興味深い話です。
今まで、長州VS会津な視点にばかり注目(笑)してたんですが、こういうのも色々知りたいな。知られてないような事もけっこうありそう。

久坂・・・やはり今回は登場しませんでした、当たり前なんですけど(笑
どうしたって久坂が良すぎて次回からまともに見れるか心配でしたけど、やっぱりこの時代のドラマっておもしろいですよね~やっぱり、続けます(軽すぎ!)
色々と視点を変えると自分の中の常識が覆されるようですよね。
実際そうなっちゃいましたけど・・・長州に寄ったの、ホント生まれて初めて(^-^;
それに飯沼貞吉くん!そんな事実があったとはびっくりしました。
当時は表沙汰に出来ないことだったに違いないですが、今こうして時を経てしみじみと
感じ入るお話ですよね。
そして容保さん、見てると胸が痛い・・・ああやって本当の故郷でもないのにかかわらず会津を愛して下さって・・・早くお役御免にさせてあげてー!って無理です・・・
これからの会津を思うだけで涙が出てきます(ρ_;)
あまり深刻にならずに、久坂の立ち回りが龍騎に見えたこと反省したりして、次の楽しみを探しましょう、といいつつ須賀さんが斉藤一だったらなー(つきぬ欲望)
ちなみに八重の桜・久坂登場分、録画編集したら8分でした。
切なくなることばっかり(爆
ももさん、こんなうすっぺらな私でありますが、また寄らせて下さいね。
久坂さんの画像もいつもありがとうございます。


mameさん☆
久坂やっぱり出ませんでしたね。
解ってることなのに始まったら名が無くて、あーやっぱり居ないんだよなと思いました。

私も禁門の変後は観る気なくなるかも?と思ってたけどやっぱり好きな時代だし、好きな綾野君が好きな容保公を演じてるんだものあんなに楽しみにしていたんだものしっかり見ます(笑)
久坂編集たったの八分でしたか?
なんかもっと濃かった気分ですが、そうだったんですね。
たった八分で、頑固な(笑)佐幕を長州寄りにするなんてある意味凄い!
ただ須賀君が好きで、何となく見てるのとは違うもの、どんな久坂やるんだい?と斜めに構えて見たのに一瞬にして持っていかれましたから!

やっぱ炎の中の龍騎に見えました?
久坂〜
と、みんなが泣きそうな感じの時に、あれ?っと笑っちゃいました。そこがまた愛しい。

須賀君が斎藤…
まずは殺陣を特訓してもらって(笑)けしてライダーにならない様に。
いやもう素敵過ぎるでしょ?斎藤。
あーん斎藤だったらどんなに良かったか!
そして土方さんが小栗旬。これがベストだな。

飯沼貞吉はほんとビックリですよね。白虎隊の象徴的な人ですもの。
あと、最近白虎隊士の自決は落城したと勘違いしたのでは無く、新政府軍への抗議の意味で…という説も浮上しているらしいです。だから歴史は面白い。
長州熱が冷めたら(笑)新説も探りたいと思います。

薄っぺらだなんてとんでもない!
気楽にまた来て下さいね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八重の桜 第12回蛤御門の戦い | トップページ | 久坂お目当の本あさり »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ