久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

« 花燃ゆ | トップページ | 花燃ゆ感想 »

花燃ゆ 第3話「ついてない男」

久坂がきちんと登場する回、期待を胸に待ってたんですが

え?ついてない男が久坂?
おみくじの結果をかなり気にしてるじゃん!乙女か!
文に尻にひかれそうじゃん!
大泣きしてるよー久坂が!

あり得ないあり得ない!

英才秀才と言われ、長身で美声の持ち主。初めての遊学の時は政に目覚めさえしなければ、詩作旅にしようと思ってたほどアーティスト♡歌も上手です。

こんな完璧な久坂がー!
あんな乙女ちっくになってしまいショックでした(笑)

が……
あれはあれで面白かった。
なぜなら、大人の久坂が演じてましたが、松陰先生が黒船に密航する頃はまだ久坂は子役がやった方がいい年齢。文もね。うん。

あーいう久坂は他で見れない!

悲願の(笑)久坂の兄、玄機が見れたよ。
兄と久坂って年齢差が確か20歳位あって、兄というより親子みたいな感じ。親が歳をとってからの子なので、家庭内ではきっと甘えん坊だった気がするのね。
でもたった一年間位の間に、父母そして兄と一気に亡くなり、まだ子供なのに1人ぼっちで家督を継ぐことになったんです。しかも借家暮らしだったため、そこがより一層可哀相さが増すのです。
史料には当然残ってませんが、誰も居ないところで泣いてたよねきっと。

やっぱり、ついてないよね?最期もついてないし。

吉田稔麿が久坂に言った「医者坊主が!」
あれは、禁門の変が起こる直前、久坂が進軍を止めさせようと必死に説得中に言われた言葉なの。(稔麿からではありません)
つまりその言葉で久坂は命を落としに向かったようなもの。
久坂ってやっぱり、ついていないんだ(泣)
しかも未だに禁門の変を張り切って起こした人と勘違いされてるし(涙)
ついてないねー

最後にやっと大吉が出て、これから天下の英才秀才っぷりを発揮し活躍するんだろうけど、その先に待ってることが、ドラマ中に一杯咲いてた綺麗な赤い椿が暗示してました。

文と黒船見に行くとかあり得ね〜な演出でしたが、そういう細かいとこ発見すると面白い。
って、これ詳しくないと分からないよね。
これ、一見分かりやすそうに作られているみたいだけど、もしかしてもの凄く分かりづらい大河では?と不安になりました(長州クラスタを除き)

ちなみに久坂の兄玄機もかなりの秀才で、あの適塾の塾頭だったりします。
亡くなった原因は藩のための激務だそうです。少年久坂秀三郎は、自分のやらなければならないことに命を賭ける兄にかなり影響を受けたと思われます。あと松陰先生ね(同じく命懸け)

« 花燃ゆ | トップページ | 花燃ゆ感想 »

花燃ゆ」カテゴリの記事

コメント

「あれ~? 『花燃ゆ』放送されたのに、ブログが更新されない。
お気に召さなかったのかな~?」
などと心配(?)してましたが、結構楽しまれてるのですね♪

>もしかしてもの凄く分かりづらい大河では?と不安になりました

幕末はわかりづらいですよ~。
大河ファンの私ですが、幕末物ではいつも挫折してました(苦笑)。
『花神』とか今見ると(総集編ですが)面白いのに、当時はダメだったな~。
三谷さんと出会えなければ、「幕末わからない人」のまんまで一生を終えていたのではないかと思う私です(^_^;)。
わかり辛い幕末の中でも、長州は藩の中でもめるから、更にわかり辛いと思います。

ももさんが長州好きなのは良いのですが、前回の記事に「新選組好きだった頃」という一文を見て衝撃を受けました。つ、ついに過去形になってしまったのね……よよよ(涙)。

YAGI節さん
お久しぶりです!見て楽しんでいますよ。
長州は分かりづらいか〜確かにそうですね。私は解りづらい方が興味をそそられるタイプなんで、この藩は知るのが楽しいという感じです。
花神は、長州クラスタからはかなり評判いいですね。今は総集編しか見れないのが余りに残念です。
見たら面白かったけど、高杉のキャストがちょっと私のイメージと違ったです。

新選組の過去形…
過去系気味かな?嫌いになったとかでは無く今は長州で頭が一杯という感じです。
今は長州側から見た会津藩とか新選組で色々自分の中で発見があり、それを楽しんでいる感じです。違う方向から見ると色々斬新でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花燃ゆ | トップページ | 花燃ゆ感想 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ