久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

改装中

ツイッター諸々に行ってから、グチャグチャなままになってたこのブログ。
気が向いて少し整理整頓しています。

パソコンかタブレットのモバイル用では無いやつで見ないと解らないと思いますが長州に侵食されつつある?

それにしてもオダギリのDVDや大河のDVD画像大き過ぎだね
気付いた時は後の祭で、今は直すの面倒なので
またゆっくり?気が向いた時にやります。

大河DVDは過去の大河の中から好きなのをお勧めとして貼っています。画像でか過ぎですが(汗)PCかタブレットから左サイド見てみてください。

こうやって改めて振り返ってみると清盛への評価が高いのに驚きです。
先日久しぶりに清盛見たんだけど、やっぱり見入ってしまった。なんでしょね?あの魅力は。

実は来年の真田丸は三谷作品なのに、なぜか1年観れる自信が無い。
戦国ってのがね…
あとはキャストしだいだな。

とりあえず今年は長州イヤーを楽しみます。

21世紀

子供の頃から歴史を知るのが好きだった
20世紀は戦争ばかりで、でもこの先訪れる21世紀は平和な世の中になるに違いない!しなければならないと、思っていた。
そんな話は友達ともできないでね。こんなこと真剣に考えてる大人びた小学生だったんです。

残念ながらあの頃の夢は打ち砕かれてしまいました。
現実にあれこれ起きていても、いやまだ夢は叶うと自分に無理やり言い聞かせてきた21世紀。

最近のあれこれの出来事で、そして今さっき飛び込んできた余りに残念で残酷なニュースと画像でもうなんか打ち砕かれた感

憎しみからは何も生まれない
過去の歴史から学んできたけれどさすがに今回は憎らしいと思った
憎しみは知ることで消すけどね

最も恐ろしいのは無関心が多いことだね
無関心、知らない、他人ごとは、何か大きなことが起きた時にあっという間に何かに先導されてしまう。

ツイッターは日本時間に関係無く色々な情報がいち早く飛び込んできます
深夜に失礼しました



お久しぶりの更新です

ブログの説明文を「花燃ゆ」全力待機に変えました。
フェイスブックの花燃ゆ公式がすごく面白くてね。長州マニア心が更に深まっていたりします。

官兵衛はとりあえず見てますが、来週楽しみ~とか一切無いです。
何かが物足りない。安心して見れる内容だからかな?
突然の須賀君登場(2年連続でビックリ)の後にこれまた辻本君も登場したのに内容的に何も感じない感。
ただただ毛利の旗に興奮するくらいです(なんだそれ)

こんな風に過ごしていたら気がつくとこのブログ10年経っていました。驚きです。
そう2004年に、新選組!の感想(主に斎藤愛)を書くために始めたのでした。
なのに今は超長州贔屓に(笑)どういうこと?
いやー長州は史実が面白過ぎるんですよ。小説や創作物よりむしろあり得ない面白さ満載。藩の重役から違いますからね。もちろん殿もね。

そう言えば、先日飯沼貞吉の番組をやっていました。白虎隊新説の方の立場のやつで。貞吉は、死にぞこないと言われ飯盛山にはずっと祭られてなかったそうです。やっと祭られたのがなんとかなり最近の昭和・・・しかも皆とは別の場所にポツンと1人。
これ見ていて長州ではあり得ない感覚だなと思った。
長州では志士達がずらっと祭られているとこがあるんですが、石の大きさが全員一緒。松陰先生を中心に全く序列を作っていない並びに会津に染まっていた(笑)私はとても驚いた記憶があります。そして感動しました。

ブログの題名が、だいぶ内容とかけ離れた感じになっていますが、変更は考えてません。これからも大河を愛でるブログということで宜しくお願い致します。
早く花燃ゆみたいよ~


空洞にならないけど空洞です

このブログの検索ワードに
突然、愛のむき出し 西島隆弘
なワードが登場してます

これってあれよねきっと
キリン生絞りのCMのせいよね(笑)
CM出てる人は、にっしーとは全くの別人だけど
あの音楽流れるたびに

サソリさんが出現し
アホなくらい一途なユウくんが湧いてきて
キュンキュン♡になってます

一瞬にして映画の場面が出てきて切なくなる
なんだこれ?
時が一瞬止まるあの感じ…
色んな映画を見てもその時は良い音とか思ってもそれは映像とのセットだからな訳で…あんな一瞬で胸キュンになるほどのあのパワー謎ですね。
最近では、にっしーが生絞り飲んでる映像に脳内変換されてしまってます。この妄想力もう異常です(笑)
つーかCMの人が余りにも、遠い…サソリさんともユウ君とも遠すぎるビジュアル何とかならないか?(笑)


深夜にCM見た時もうなんとも言えなくなり曲購入してしまった
iTunesにあったんで速攻で
そこでヘビロテ開始(笑)音楽好き魂にスイッチオン♪

ここでも聴けるよ。

ゆらゆら帝国な感じなROCKはあまり好きでは無いんだけど、妙にこれはハマる。
3ピースバンドでシンプルな音なんですけどね。
なんでしょうね。曲聴いていると妙に切なくなってきちゃう。
ミディアムテンポな感じも心地よい
ギターの音でほんと切なくなってくる

なんと言っても歌詞がとっても素敵
私にはシンプルな音に感じるので歌詞がストレートに飛びこんでくる。
普段は歌は楽器の一部扱いな人で、歌に注目していない。

誰かに恋をして心を全て持っていかれ空っぽです
みたいな歌詞
それを熱々な感じで表現されてる訳では無く
ミディアムテンポで脱力系?な歌詞で表現されてる

監督の園子温の世界とよく合うこの感じ
愛のむきだし以外でも、こういう感じだもんな
熱苦しくない感じ
過激なテーマと描写をサラっとやっちゃうんだよな。
そして文学的

恋をしても
自分の全てを相手のためにとか全く思わないし、むしろ自分の時間とか邪魔されたくないタイプな私で、この歌詞とは全く真逆な人なのに(笑)
なんで好きなんだろ?これ?

映画のせいだけでないハズ。

なぜか町には大事なものが無い
な、歌詞のとこ
妙に好きです。あっ!その感覚よく解る!って。
言葉にできない感覚を言葉で表現された感じ。

しばらくは脳内サソリさんで、ヘビロテ続きそうです。

しかしCMでちょこっとかかるだけで反応されてるってすごいね。

ところで
またまた今年でかいツアーが決まってますが、役者にっしーは観れるのかな?
見れないと空洞になっちゃうぞっ!

隙間の江戸風

今日は気持ち悪いほど春の陽気です。
二月は極寒というのに、毎年恐らく最強にお仕事が忙しい時期。今と未来を同時にしていかないといけないので、もう頭パンパン(笑)
って、ことで今日は家でグダグダしいて写真など整理していました。
忘れてたけど(笑)年末に寛永寺に行ってました私
八重の桜始まる前に、
「慶喜は、さっさと逃げて馬鹿野郎!」と言いにです。

ImageImage_2

言いに行ったというのはウソですが(笑)鶯谷のライヴハウスに行ったついでに、チョコっと覗いた感じ。
こっち方面って以前はライヴハウスは無かったんですが、元キャバレーを改装した素敵なライヴハウスができて何度か行っています。
外で整列時に明らかに街から浮いてる私達ヽ(´o`;
並ぶのダルイ時用に、美味しい焼鳥屋もみつけたし気にいってます。


Image_3Image_4

年末ちょっと前?くらいに根岸のお豆腐屋さんに行きました。お友達が教えてくれて、正岡子規が通っていたお店とか。
確かに歴史を感じる店内で妄想炸裂。お豆腐のお味はもう、とろける様なお味で美味しかった!ビールルが美味しくて美味しくて〜!
お陰でメインの湯豆腐出てくる前の写真しかない↓

Image_5


そして年が明けて雪が残る武道館


Image_7Image_8

武道館って、あの田安門くぐって入るんですよね。
徳川御三卿です。
世が世なら、こんな格好ではウロウロできません(どんな格好だ?笑)

Image_9

日武でのライヴは久しぶりだったので、江戸風な写真撮ってみました。
雪が残っていて
違う門だけど(笑)若干、桜田門外を妄想してしまいました。

隙間でちょこっとな江戸を楽しんでいます。
暫くは、ちょっことな江戸は楽しめそうも無い場所ばかりの予定だな。


新しい風

先日ツイッターのHOTワードに
ヘドバン
という言葉があった。
え???これって、一部の人しか解らない言葉なはずで
HOTワードになるような言葉でないと思うんだけどーと覗いてみると
あれでした最近テレビでも人気で紅白にも出たあのV系バンド絡みの話題。

ヘドバンって私もします。ヘビメタ(笑)か、V系独特の文化なのかな?
簡単に言うと、曲に合わせて首を激しく振り回します。当然ステージは見えなくなり、やり過ぎると目がまわり、首も痛めます(笑)
若手のV系バンドさんになると、頭ふれ〜!とファンを煽ったりします。
若手に本命は居ないので(笑)勝手に頭振り回してたりします。

で、ツイッターで何が話題になってたかというと、その急に人気出たエアーバンドのライヴでヘドバンしてる人の髪があたって痛いという苦情があったのが、話題の元とか。
え?
そんなことで苦情言うならライヴなんて行くなよ!と思ったけど(笑)確かに髪型によっては、物凄い痛いのは解る。だからライヴ行く時には、髪型とか色々気をつけているんだ。

って、私はこのエアーバンドのファンでは無いですよ。
売れて無い時にどっかで見かけて、そのステージに笑いつつ呆然とした経験はあるけど(笑)人気出たね〜と面白くテレビで眺めてます。あと音源そのものは彼らの演奏では無いので色々知ってる人がやってるんでね。

このこととかバンド系について語りたいのでは無く
何かの拍子に急にファンが増え、それが同じ様なとこからの増え方でなくテレビからとなると大きな文化のギャップや摩擦が生じるんだろうなと思った。
どっちが良いとか悪いとかではなくね。
でももし自分の愛するバンドさんで同じこと起こったら怒るな(笑)
ステージ下の環境も含めて長く好きなんだもの。急にヘドバンやめてくれと苦情言われてもね。

ずっと大好きで雨の日も風の日もずっと応援しているその場が、最低限のマナーも守れずドカドカと大量の人が土足で、瞬間湯沸かし器のような熱々の思いだけで入ってこられて荒らされたら良い気分はしないのが人の感情。
ファンが増えるのは嬉しいけど、それまでの大好きだった環境もが荒らされてグチャグチャになったらこんなに寂しい事はない。

新しい風は勢いがあり暴風で痛いけど、熱々な暴走は絶対に長くは続かない。
そんな場面を色んな場で何度も見てきたから、そう思う。残る人はある程度落ち着くし。

超メジャーな存在にならない限り、場をわきまえない狭い範囲での横の罵り合いは、もの凄いマイナスポイントになると思うんです。超メジャーなら人数多すぎてちょっと位、何かあってもいちいち気にならない。そういうもんだと思う。

いったい何が言いたいんだろうねー私(笑)
ピーンと解る人だけ解ってください。

バンドではよく
ファンはバンドの鏡と言われます。
ファン見るとどんなバンドかよく解ると。
いつもこのことだけは、頭の片隅にあります。


だから…なに?(笑)

園子温監督「愛のむきだし」西島隆弘お目当て感想

園子温監督と言えば
パッと思い浮かぶのがオダギリの「HAZARD」これ公開までえらい時間かかった記憶が・・・

あとは「夢の中へ」田中哲司とオダギリジョーの鈍牛満載作品(笑)

この頃は園子温と言えば映画マニア向け?けして大型ロードショーな人なイメージではなかったんです。夢の中へを初めて見た頃の私は映画の見方面白さも解らずただオダギリ見たさで見て、意味不明、でも強烈な印象・・・そして後をひく・・・そんな感想でした。

その後は時効警察で園子温が監督の回は、独特の演出やショットにキャッキャッ喜んだりしてました。

そして園子温監督がメジャーな存在になったきっかけ的作品が、今私が夢中になってる頼盛にっしーが映画初主演の「愛のむきだし」だったんですね。

見ないはずがない(笑)

西島くんへの興味が盛り上がった時に過去作品調べて監督名見て、内容も確認せずこれ見たい!絶対見る!と思いつつ4時間もある作品なので、なかなか見れませんでした。

が・・・見たらよけいに好きになってしまった~!

実はタンブリングの時から気になる存在ではありました。タンブリングは瀬戸君(キバ)と大東君(家盛)が出てたので見たのに、あれ~この仲間に加わらないツンツンしたの誰~?好み~!と気になりつつ終了。

で、清盛で見かけた時、どっかで見た顔?誰?あっ!タンブリングだ~と。家盛とタンブリングコンビなんだね・・・なんて思ってました。

その後舞台映像やLIVE映像でノックアウトされ、愛のむきだしで完全にハマりました。

えっと映画自体はこれ園子温独特の空気満載で、すごく面白かったです大好きです。

純粋で真っ直ぐででもその真っ直ぐさがどこかズレていて、いやかなりズレていてちょっと暴力的で、非道な部分もありでも完全な悪に見ないというか・・・人間の嫌な部分がたくさんでてきます。

それなのにどこか詩的で文学的にも見えて・・・こっけいな笑いもある。

ん~~~私の言葉ではあの世界観は言い表せない。

なのでキュン感想(逃)

にっしー、これ初主演って・・・すごい監督に、ろっくおんされちゃいましたね。大変だっただろうなー。まだ20代前半の頃だよね?天才か?

お父さん役の渡部篤郎さんは、なんというか元々が園子温の世界にピッタリ合うような人なので想定内な感じでしたが、映画初主演でこれだけ演じれるって・・・普通のイケメン役とかなら軽いね!って感じだよね。

母を亡くした哀愁ちっくな少年が、クリスチャンでマリア様に逢いたくて、牧師の父親の気をひきたくてわざと罪をつくっていく。罪はエスカレートし大変なことななり(犯罪)マリア様と思える女性にやっと逢えたと思ったら、その人は自分の女装姿に恋され、男のときは徹底的に嫌われる(T_T)あまりにかわいそう・・・

それでも一途に大好きで、最後の方は刀振り回して狂気の世界へ・・・

女装、盗撮犯罪、狂気、精神を病む

ひとつだけでも演じるの大変そうなポイントオンパーレード・・・

中でも女装はなんて素敵だったのでしょう。別に女用のメイクもなにもしてないのに、長い髪のかつらと帽子だけで、綺麗すぎたー。私だってあれなら、さそりさん好き好きになっちゃうよ。特に声の出し方がたまらんかった!

あとはアクション!超華麗だった~なんて身体の線がなんて綺麗なんでしょ。アクションの監督さんは、よく知るあの坂口拓(笑)よくあれだけやらせた!流石です(笑)エンドロールでしっかり確認しましたぞw喧嘩シーンとか狂気なシーンは綺麗に見えて当たり前でも、盗撮してる姿が華麗に格好良いなんて他では有り得ないです。

書ききれないくらいの要素てんこもりで、あの独特の詩的なセリフの言い回し・・・最高でした!

とにかく大好きだぁぁぁ←これしか言葉浮かばない

これだけ強烈な役をどれも自然体で演じてるんだよなー。演じてますっ!っていう感じでないの。こういうの好き好き。

若い頃の頼盛シーンをもっとガン見しておけば良かったと後悔・・・あの頃は家盛居たし、今は重衡居るし重盛だって!

なんだか大変です(何が?)

園子温&西島隆弘でヒミズも見ましたが、これも良かったです。

徳子様出てますね(笑)

が、こちらは簡単に感想書ける内容でない。

去年の若者のリアル。タブーに挑戦はすごい。これからも独特の世界観を貫いて欲しいです。

あっ「愛のむきだし」の音楽たちも良かった。ゆらゆら帝国さんの空気感と超ピッタリ合ってました。

あと、一瞬の綾野くんは事前に知らなくても、ちゃんと発見しましたよ。久しぶりに懐かしいフワフワ頭の頃の姿見た気がします。

監督のこういうお遊びも大好きです。

模様替え

ブログを模様替えしました

いったいいつぶり?

以前はけっこうちょこちょこ変えてたんですがね

もう今は更新率も低くて

が!

幅が大きく変わってしまい過去記事が読みにくいではないかっ!

面倒なので直しません(笑)

デザイン変えただけで後悔しました

だってココログってひとつひとつデザイン反映していくシステムなんだもの!

まるでHPの更新時みたい

1000ページ以上ある自分のブログに気が遠くなったなう(笑)

全く好きかってには色々できない某A

平気でデザイン崩れ起こして悲惨な状態になる某F

使ってる人居るのか?と思う某g

ブログなのにタグとかスタイルシートとか多少わからないと無理だろ?な某J

色々使ってたりしますが(お仕事含み)

デザイン変えた時の反映時間を除けば総合的にココログが一番いいな。

デザイン涼しい感じにしてみました

ブログネタ: 立ち会いたい歴史的瞬間は?

YAGI節さんが、このネタで記事書かれていたので面白いので即マネ(笑)

立ち会いたい瞬間一杯ありますねー

すごい迷うな

まず今の自分の気分で一番なのは(/ー\*)

千駄ヶ谷で寝てる沖田総司の所に行きたい!歴史的瞬間という大きいことでは全くないけど、これが真っ先に浮かんだというより、もう妄想の世界ですがね(笑)
元気にすごしてた京都時代じゃないの。
千駄ヶ谷で看病したいの。
だから下心満々なの(何?)
現代人の知恵で病気治してあげたいな。

で、その次は、本当に歴史的瞬間。
終戦の時の玉音放送の時に立ち会いたい。
TV等で映像を見ると、いかにも日本中の誰もが悔しい思いをしてた感じですが、年配の方々と話すチャンスがあってあの瞬間どう思いましたか?を尋ねると
意外に普通の庶民は戦争が終わってホッとしたとか(その時は言えないけど)放送は何言ってるか意味が深くは解らずでも周囲の空気で、戦争負けて終わったんだと気付いたとか
案外今の私達と変わらない感覚での受け止め方をされてる方も居るので、
その瞬間どうだったのかなー?と実際に立ち会ってみたい。
もちろん敗戦を重く受け止め悔しさや悲しみに打ちひしがれてた方々もたくさんいると思います。
この瞬間から本当の意味で日本が大きく変わった瞬間なので、そこを見てみたいです。

あとはあれですね
関ヶ原の戦いにも立ち会ってみたいな。
特に小早川秀明の陣営のとこ。これは興味深い。
おまえは、何してるんじゃいっ!って(笑)
見てみたいよねー
私の中のイメージではギリギリまで迷ってた感じなんで、その迷いやオロオロを見たいんだな。

そして最後にやっぱりあれよね。
新選組の池田屋。これは絶対見たい。
新選組大活躍の始まりだもん。
建物の中に入るのはちょっと怖いけど、いや男だったらむしろ入りたいけど(笑)
外で限りなく近い場所で、ガン見します。
土方さん達が来る前から待ち構えて見てたいな~おっ!来たぞ!頑張れぇぇぇってね。

あともう一つだけ(多すぎる)
白虎隊が城が燃えてると勘違いしたあの瞬間、あの場所で、自決前に違うからぁぁぁ!と少年達に教えたいです。


デイリーポータルZ

ブログネタ: 【賞品付き】立ち会いたい歴史的瞬間は?参加数

長州で会津の特産品販売

NHK山口県のニュースに載ってました。
「長州で会津の特産品販売」という見出しで。

過去の対立を乗り越えて風評被害に苦しむ農家を支援したいと。
良い話ですね。
過去の敵だったからこそ、むしろどこよりも会津が気になり手助けしたいのかもしれません。こうやってできた絆は、きっとどこよりも強いと思います。

それにしても、NHKで山口県のニュースなのに、「長州」っていう言葉を使うとは!

ちょうど福島の人への差別に腹を立てていた時だったので、このニュースで、ほわっとしました。
腹を立ててるのが収まったわけではありませんが、ヒドイやつも居るけど、良い人も居るということですね。

もし実際に差別的なことを言ったりしてる人と遭遇したら、絶対文句言ってやります。

ちょうど原発が水素爆発を起こした頃や水道水が問題になった頃、同僚でかなりビビってる人が何人が居たので、放射能に関して少し説明しました。
そしたらすごく安堵してました。
もちろん今現在も原発は危険な状態で、安心できるには長い時間が必要だと思います。

私も科学的なことは全く詳しくはないけど、近代史が好きだった時、戦争の時の原爆の事についてはちょっとは知っているので、ちらっと科学的なことを見聞きすると、実感的によく解りました。

知識よりも感情で動いてしまう人が多いので、少しは知る努力をした方が良いと思います。知らなかったらこれから知ればいいだけのことです。



より以前の記事一覧

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ