久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

カテゴリー「新選組&斉藤一」の記事

花燃ゆの池田屋

泣ました
番組はどうであれ、役者発表あった時から絶対に吉田稔麿が合うに違いない!と思ってたんでね。
無口な栄太…っぽかたぞ。
栄太が何をしたのかは全く描かれなかったけど(苦笑)
せめて奇兵隊でやったこと位は描いて欲しかったけど、お別れは辛かった。

栄太の死は諸説有りで、未だ絶対にこれ!というにはハッキリ解ってませんが、池田屋内で死んだのだけは無いと思ってるんで、あの描かれ方で良かったです。
先週に沖田が登場してたんで、どっかの創作話みたいに新選組に斬られ…という最期だけは嫌だなと思ってたんです。

でも花燃ゆならやりそうと、覚悟してたら。
たぶん会津兵に斬られましたね。

長州藩邸から出て、池田屋に向かう途中に会津兵にやられたが、今の有力説であったりします。
池田屋の場所と長州藩邸の場所見ると納得です。凄い近いの。

あと京に火をつける冤罪説!
きたね!これ。この大河は、脚本が歴史から遠くかけ離れっぱなしなのに時々、こういうことぶちかましてくるので謎です。

京に火をつけるっていうのは、自白のみの証拠なんだよね。
自白したと言っているのは新選組だけだし。
これかなり怪しく…現代でも後を絶たない警察が作りあげる冤罪。
怪しい…

捕まった古高は、公家達と太いパイプを持つ重要人物なので、古高奪還のため池田屋に集まってたとかの方がしっくりくるし。

それに毛利家というのは天皇家との繋がりが古くから強く、先祖辿ると天皇家なわけで、京での復権に必死だったのは単なる権力欲しいだけな思想ではなかったんです。だから長州から脱藩して、攘夷運動してる志士居ないでしょ?ここが他藩と事情がかなり違って、うーんその辺りも描いて欲しかったけど諦めてます。

でドラマに戻ると、久坂と文とのイチャイチャが長過ぎて、もっと栄太を描いて欲しかった。
イチャイチャは要らない。
久坂は久米次郎とは会ってるけど、文とは会ってないし、久坂がイチャつきたかったのは妻でないことは残ってる手紙で十分解るんだけど…なんであんなにラブラブでないといけないのか全く謎。

次週より禁門の変が二週に渡って、放送になるんでお別れを丁寧に書いたんだろうけど邪魔なだけでした。文に余り登場して欲しくないけど無理だな(苦笑)

しかし古高拷問中に沖田が待ちきれずに、池田屋突入っていうのは斬新でしたね。
なんか可愛かった。

花燃ゆ 沖田

池田屋はまだで明日でしたね。
もう村塾四天王のライフも残り僅か(泣)

というとこで来ました新選組
京の町で、久坂が職務質問されます(警察ですから)

龍馬伝では近藤
八重の桜では土方と斎藤
が目立っていて、沖田は???な状態が続いてましたが
今回は沖田がメイン
役者の配役からして、沖田推しですよね(朝ドラからの)

この沖田はいい!
新選組はどこまでも警察っぽく、沖田がクールです。
いいぞいいぞ!
「死にますよ」って。

その沖田の口から
「長州で、一際でかく美男子」と言われた久坂。
そうなんです。
長州の久坂さんだ〜と、京の花街では女性達が振り返るほどのモテモテぶりだったとか(ドラマとだいぶ違う)
注意→久坂は土方みたいに自分でモテ自慢はしてません

そんな久坂をようやく妄想させられる言葉を沖田から出るとは!
興奮MAXでした!

と興奮中にやってきました松門四天王!
揃ってる揃ってる!

長州大河でこういうのが見たかったんです(泣)
ライフ僅かでやっときた。
あーもっと早く色々見たかった…
小田村減らしてね。うん。

ドラマ中に出てきた
四人の例えあれ、栄太(稔麿)が山縣の前で絵を書いたんです。

久坂は裃をつけて座っている坊主(藩医の家だったため坊主でした)
高杉は暴れ牛
入江は木刀

そして山縣有朋が棒きれ、棒きれだよ!明治政府では閣下なのに(爆笑)

栄太本人の風の例えは自分が書いた絵ですから実際は無いんですが、池田屋で命を落とすから風になるんでしょう(泣)

ちなみに、池田屋に居て斬られた定番のやつのあれ何も史料残ってないし、新しい解釈も進み長州の研究的なのもの何か見ていたら、今時信じている人は余り居ないです。
池田屋内で斬り合いして、颯爽と引き揚げていく新選組イメージも本当は違うし。
けっこう周囲で残党狩りみたいのしてるんですよね(関係無い人も間違って斬られてる)

新選組は定番で仕方ないけど、栄太に関し定番やったら最悪だな長州大河なのに。

花燃ゆ 新選組の近藤さんと沖田が決まった

池田屋事件など放送された日には号泣だねと思ってたんですが

はい
新選組登場確定
栄太の死に様に号泣確定

発表になりました近藤&沖田→この記事

栄太は池田屋に居なかった説(最近はこちらが有力らしい)で描いて欲しいな〜
藩邸から槍持って、みんなを助けるために飛び出すの!瀬戸くんで、見たい見たい!
と、御用改めしてる新選組を見てスカっとしてた人なのに、今はみんな逃げてええええ
ただ周辺歩いてただけの土佐藩士斬られて、かわいそう!なんてことするんだごらっ!という感じだったんですが

この沖田は、花子とアンの花子のお兄ちゃんではないか!と記事の写真をじっと見てたら、いいですねこの沖田。
この人花子とアンの時、特高警察になったあたりから、将来有望な役者さんだなと思ってたら、もう大河ですか。沖田もあうね(史実の顔は無視で)

そしてやはり懐かしい浅葱色の隊服に、ジーンとしてしまった。
ちなみに、八重の桜の池田屋の時は斉藤居るのに、栄太はどの人?どこかに居るはずと必死に探しました。逃げて!って(無理)

この沖田なら(役者かい)新選組も目が離せないし、栄太も目に焼き付けたいし、池田屋放送時はどうなってしまうんでしょ?

沖田も吐血で倒れるっていうドラマの定番でなく違う演出で見たいと思うのでした。長州ドラマなんだから冒険して欲しいな。
八重では白虎隊のそれまでの定番止めて、最新の説で描いてたよね。
大河は、こうであって欲しいです。

土方歳三最期の一日再放送

BSプレミアム
5月9日・16日(金)午後8時~8時45分
5月11日・18日(日)午後6時45分~7時30分(再)

お久しぶりの更新です

来年の大河花燃ゆの松下村塾生達のキャスト発表をいつだ?とソワソワしている毎日です。
軍師官兵衛は宇喜多直家登場を待ってたので、今のところ見れては居ますが直家が消えたらどうなんだろう?不安です(笑)
BSの大河再放送も春から龍馬伝から独眼竜政宗に変わってしまい、これはかなりつまらない。評判が良い噂を見聞きしてましたが、やはりどうにも古くてテンポが合わなくて挫折。

来年に期待するしかない。

去年は八重の桜を見て龍馬伝。
今年は戦国ものに再放送もなっているので、来年はBS再放送は新選組!なんてどうでしょう?
長州と新選組とダブルで楽しめる幕末一年になります。

そんな野望を抱いてたら、最期の一日の再放送が決まり、もしかして?なんて期待を抱いております。

大河の影響は大きく今年は戦国プッシュが表明上出ていますが、長州周辺はすでに賑やかで本の復刻などなどとても賑やかです。

八重の桜 西南戦争

久しぶりに?
ピリピリした?戦シーンでした。
京都編入る前が、毎週毎週ヘビーな戦シーンばかりだったんで、京都編の平和さとジョーの天使さに、ほんわかしてた頃に来ましたねー西南戦争。

西南戦争と言えば斎藤!
西南戦争で戦う斎藤をどれだけ脳内で妄想してきたでしょう。
全く関係無いドラマ等でも、明治の警察官出てきただけでも斎藤のすがたを想像し(笑)新選組のものは、だいたい函館で終了してしまう寂しさに耐えてきたんですが、やっと見れました西南戦争で戦う斎藤を!

佐川さんが亡くなるという悲しいシーンなのに、ワクワクしてしまいました。あっでも佐川さんの最期、泣いたよ。八重見る前から、何となく佐川さん好きだったんでね。

今まで西南戦争で会津からの視点の作品ってあったかな?普通西郷だもんね。だから、すごく新鮮だったな。もう少し西南戦争前の、士族の乱を時間とって描いて欲しかったな。八重しか知らないと、なんであーなったかきっと全く解らないんじゃ?って思ったけど、むしろ西郷のお話しの方が有名だからいいのか?

私が、おっ!ってなったのは、ナレーションだけでばっさり済まされた萩の乱(笑)
松下村塾の塾頭、吉田松陰の叔父が生徒達や身内に萩の乱に参加した者が出て責任を感じ切腹しています。いかにも松下村塾らしい…。

さすがにこの大河で萩の乱をもっと詳しく!とは思わないけど、いややって欲しいが(笑)せめて西南戦争になる経緯をもう少しやって欲しかったです。

ここが本当に武士の世の終わりなんです。
木戸さんも、維新の総仕上げと言っていました。その通りだと思います。新政府軍の人達は、最初はほんの僅かな力も1人1人が本気になると巨大な力になるのを身を持って経験しているので、徹底してやっておかないとという気持ちが強いんだと思います。

そんな格好良いセリフを言った木戸さんの亡くなり方。あれなんですが(爆笑)西郷の死の日と同じだから、アレだけどあんまりな気がします。いやナレで死亡した大久保よりまし?

西郷は切腹、佐川は戦場で死亡。
両者と武士らしい格好良い描写な亡くなり方だったのに、木戸さんだけ突然激しい痙攣で倒れるっておいっ!
病死にしてももう少し何とかならなかったのか?(笑)
ふなっしーの様な痙攣に見えたw
ゴメン木戸さん(T . T)

木戸、西郷、大久保の死によって、これでご維新完結。
新しい世で、天使なジョーは益々学校作りに邁進ですね。

斎藤と斎藤 八重の桜

斎藤と元斎藤が交わる何かは絶対ある予感がしてました。
だって、これまでの八重の桜の演出を見てれば過去の大河知ってれば、そういうの好きだよね?って解ります。大河ファン意識有りあり演出。

でもその時は突然きた!
斎藤の結婚エピソードとかはスルーなのか!と思ったとたん来たね。いきなり。

斎藤と時尾さんが突然京都にきました。
これないだろ……と思いつつ、ずっと以前より、自分の中で新しい時代になり警察官になった斎藤が、過去を振り返る感じで京都旅なんてのを小説的に妄想してました(笑)

私の妄想は1人旅だけどねw

斎藤と新島襄がチラッと顔合わして終了かと思ったら意気投合して二人で飲み、そして幕末の京都の事を語る八重の斎藤、天使顔で聞いている元斎藤………ご馳走様ですた?←何?

しかも私は感じた!
組!での斎藤って、近藤さんの祝言の時にかくまって欲しいと、あーやって庭から現れたよね?八重斎藤との出会いが、全く同じ登ジョーの仕方という!もう感服です。はい。

組!では当然ながら、時尾さんどうのは無かったから、あそこから組の続きバトンタッチに見えましたよ。だって俺1人でも新選組は終わらない!って言った割には、ずっと放置だったんですもの、ずっと待ってたんですもの。

そしてオダギリジョーは、やはり新島襄でした。

え?何が言いたい?(笑)

二人が飲んでるシーンを見て、やっぱり八重の斎藤はオダギリでは無くこの人で、オダギリは新島襄そのものでした。

あんなに大好きだったオダギリ斎藤。
今の斎藤と並んでもなんの動揺も無く、斎藤はおまえだろ!と一瞬も思いませんでした。←予想外

ドラマ全体としても新島襄によって、それまでの戦の重苦しさを一新しましたね。幕末のゴタゴタを引きづりたい派には、突然やってきたKY野郎かもしれませんが、この大河で描きたいとこはこれからですから!

そろそろ来年の大河が盛り上がってくる時期になってきたけど、八重の桜の、最後までしっかり見届けます。
同じく東北復興精神の、朝のあまちゃんが、いよいよ今日、あの3・11のシーンを迎えます。

八重の桜 白虎隊出陣

とうとう出陣してしまいましたね。
一説によれば、より身体を身軽にするため余分な荷物を持たない様に、つまり食料等を持たないで動いていたとか。
隊長は食料調達しに、隊から離れてましたが、軍議への参加のためという説もあります。
理由はどうであれ、初陣である隊をしかも少年達だけを残して隊を離れた事は余りにいけない事だと思う。

昔の武士の子供達なら、今とは違う。立派な侍だと考える人も居ますが、確かに今とは環境も教育も価値観も全く違うけれど、徳川の平和な時代は200年以上も続き、戦への覚悟などいつでもできていたのか?これは大人の侍も同じ事が言えると思う。

日頃から武士としての心構えや教育はされていて、戦が近づけばその覚悟も当然しただろうけど、いざ現場に行けば内心は一瞬怖い気持ちもあったと思う。その一瞬の心の動きを藩のため、藩をまもるため!武士とは!と、日頃の教えでまた勇気を持ち戦に挑んでいたと思う。それが人間だと思う。

戦国時代は元服してるお年頃の少年達ですが、戦国時代は元服して戦場へ……という時だったので、幕末の少年達とは明らかに環境が違うと思います。親自体も戦など知らないで生きていたわけだし。

面白いことに私達が思っている武士とは!
みたいな価値観が、がっちりできてくるのは平和な江戸時代なわけで、戦に明け暮れていた戦国時代は武士とはこうでなくてはならないなどとじっくりやってる場合ではなかった感じです。

今の価値観で白虎隊士を可哀想可哀想と言ってしまうのも彼らに失礼だと思う(可哀想で泣いちゃうけど)心に色々な思いは巡ったにしても、そこは会津の真直ぐな武士らしく自刃を決めた時も、武士らしく逝く事に後悔など無かったと思う。
ただ会津の立場に対する無念さはあっただろうな………

来週は号泣必須の自刃があるだろうけど、私の興味は白虎隊の士中二番隊ではなく、もっと身分の低い武士達の隊の白虎隊。上士達の話しかほんと解らない会津。もっと全体を知りたい衝動です。大河でそれを期待している訳ではないです。

今までは負け組だから資料少ないと思い込んでいましたが、それだけの理由ではなく、様々な書類を落城時にほとんど自ら燃やしてしまったらしいですね。
それでは新選組か(笑)何か黒い隠したい事でもあったのか?偽金作りなど困ってる藩は他にもやってたよ…なんて思いを巡らしています。

そして斎藤一!
どんだけ斎藤のあのシーンを夢見ていたことか!
新選組では近藤の墓を守る的なニュアンスになっていましたが、そこ違うよね…と斎藤ファンてきには思ってました。作品としては、あれで良かったんだけど、実際は違うよね斎藤…ってね。
だって、会津に対する義を貫いたところが斎藤の魅力なんだもの!土方さんとのお別れは超重要!斎藤ファンの魂は五稜郭まで行かないもの。会津落城で新選組も終了みたいな(笑)←勝手過ぎるw

土方が斎藤を止めるとこも良かったし、好きな女でもできたのか?ってとこも土方さんらしい(笑)
自分が夢見てたシーンの上をいきました!
土方さーん!斎藤はそんな女でどうなんていう人じゃないんだよ。
女にもててると自慢気にお手紙書く貴方とは違うの!
ドラマ的には結婚への伏線だろうけどね。

こういうシーンをオダギリ斎藤で見たかったとは思うものの時尾さんとのアレコレに耐えられる気がしないので、いいの今の斎藤で。。。
オダギリ斎藤は永遠に女の影はゼロで!

でもオダギリは新島襄で八重とあれなんだよね。
まっいいか…斎藤じゃないしなウン。

八重の桜は見て居ます

久坂玄瑞が消えてからすっかり更新してませんが、ドラマはずっと見ています。並行して長州調べも(笑)最近長州番組が何かと多く、テレビと読書で。

で先日の神保修理の切腹…
辛かったですねーあんまりな最後でした。

会津藩士の中で、イケメン、夫婦仲良し、悲劇的最後ということで、神保さんは元々お気に入りでした。が、それは何となくのイメージですごく詳しい訳でも無く…

有能なこの人を失った事は会津藩に大きな痛手であったみたいのは何度か目にしていて、有能だったんだね!程度で詳しくは知りませんでした。

ドラマでの神保はイメージ通りのイケメンで、最後の描かれ方、演出も素敵で、何で殿の配慮通りに逃げなかったんだよ!と号泣しつつも、心の隅ででもこれはちょっと違うよね、実際はもっと悲劇だよねなんて思ってたりしました。

そして番組の最後の紹介で出てきた神保の漢詩に目が釘付けになりました。
中身ではなく(おいっ!)
僕という一人称を使っていたところにビックリ!

放送時に長州贔屓さんは、やはり僕に激しく反応してましたね。
神保死んだー可哀想…に浸ってるにはどうでもいいようなこの一人称のことも、松下村塾好きは聞き逃しません!(笑)

僕?
何故会津藩士が僕?

僕という一人称を使い始めたのは、吉田松陰。松下村塾で、君と僕と呼びあっていました。それが勤皇志士達に広まったという。大げさに言うと、僕なんて使ったら倒幕派か!っていうわけなのです。

それをまさかの会津藩士が。

番組の紹介では坂本龍馬が神保の事を褒めていたと。
長崎に行った時に会ったのですね。
番組では紹介されてませんでしたが、神保は伊藤俊輔(博文)達にとても慕われていたとの事。

長州の若者に慕われていては、会津藩士的にマズですよね。
切腹させられそうなところを勝海舟が何とか救い出そうとしたそうです。
長崎で新しい文化に触れ、色々な人々と出会った神保の存在は本当に会津藩にとって大事な大事な存在だったはず。

うーん
慶喜逃げ帰りはこんな悲劇までも生むという。
何だかなー慶喜

八重の桜では慶喜側からの様々な理由は描かれていなく完全に勝手な酷い男になってますが、自分の中のイメージ通りで、もはや予想を上回る素晴らしさ!ベストオブ慶喜ですね。

という事で
元々お気に入りだった神保が、最近すっかりハマりつつある長州との関わりを知り、このタイミングで長州に興味持っていて良かったと思いました。
でなければ、僕なんて一言は聞き逃してたでしょう。

私個人の想いだと、敵と通じてるとの疑い(T . T)絶対無いと思います。

八重の桜 15回薩長の密約

久坂退場後、すっかり更新鈍ってしまいました。
が、回想で何度も登場で予想外です。嬉しい回想でも。

今回は斎藤がやっと見せ場ありましたね!
格好良かった。喋った(笑)
どうしても捨助にしか見えない佐川とのお手合わせも良かった。
佐川は会津の武闘派ですからね。
武闘派同志の絡みたまらなかったです。

あのー言っておきますが、隊士の誰々が影薄くて誰か解らないとか言ってる人多くてお気持ちは解りますが、これは会津のお話。会津藩と絡みが多い斎藤がクローズアップされて良いのでは?と思うんですがね。
むしろ今ままで注目されなさ過ぎでしょ!と思うのは斎藤好きだから?(笑)

長州を見なさい。政治的に超有名人物でもなんと、史実写真映すというもの凄い扱い(笑)いやそれでも映っただけ嬉しかったけど。
誰かに焦点を当てないと色んな事がボヤけちゃうんだと思うんです。
戊辰戦争での会津新選組が見れるなんて私はとっても嬉しいのでこれで宜しいとは思ってる。

斎藤に関しては、今回、冒頭に新島襄が出て来てしまい(笑)なんであなたが外国に行ってるの?京都大変なんだよ〜っていう思いはどうしても消えないけど、いつか新島襄と斎藤が同じ画面に映る形での共演も楽しみにしています。

降谷さんのこの記事
斎藤役を受けると決めた時の心境読んで、もっと彼の斎藤が楽しみになった。

バンドマンとしての誇り、彼の目指すロックへの拘りは熱心なファンでなくても薄っすら知っていた。私の好きなジャンルとは一見全く別世界なのですが、とある部分で繋がりがありドラゴンアッシュは何かと気になる存在で、空に旅立ってしまった方とは(涙)ステージ上では無いとこで何度も遭遇してたりします。

テレビの世界では無いところで、あえて闘ってきたのに、いきなりの役者話…悩んだだろうな…でも復興という名が決めてになったと。
ワンアンドオンリーを目指してきた様な人だから、きっと斎藤が内面的に合うはず!と思っていたのですが、ここまで考えての出演、ほんと頑張って欲しい。
そして表面上だけ上手く斎藤を演じる人よりも、こういう人を選んでくれて嬉しいです。役への想い重視なので。
いきなりの大河、いきなりの時代劇で大変ですが、PVとかで見られる表情みたく自然な顔に早くなるといいね。きっとできる!

えっと勘違いしてる人居ますが親が役者でも、親の事バンドが超有名になるまでずっと隠してたのです。知った時はものすごく驚いた記憶があります。なので俳優やって当然は全く無しです。

あっお話の感想(笑)
龍馬の背中出演だけで、薩長即決で手を結びましたね。
将軍も亡くなり、ここからはもう会津に良いこと一つも無しです。
しかし慶喜(笑)の変わり身の早さがかつて無い感じで解りやすく描かれていますが、大阪から逃げる時が見ものです。
容保が可哀想過ぎるよほんと。
早くみんなで会津に逃げろーって思っちゃうけど、無理ね。


八重の桜 第10回 池田屋事件

流石に今回は長州の感想だけ語る訳にはいけません(笑)
この池田屋がどう描かれるか?で
ドラマでの新選組の捉え方が解ります。

最初はこの回のお題は佐久間象山の名が入ったお題でしたが、急に池田屋と変更してきました。池田屋の方がみんなの興味をひくからでしょう。

会津側からの本とかを見ていると割と、新選組があくまでも現場で不逞浪士と戦っている実践派。会津藩の人達は今で言う官僚的というか、そんな感じな印象なことが多々あり、賛否両論あるけど今回の池田屋良かった。
池田屋というお題がついてこんな描かれ方は初めてだったのでは?
新選組のヒーロー的要素全く無しですもんね。

実際は褒美とかあったので、今回のように余計なことしやがって?だけで終わった訳では無いのだろうけど、京の治安を守るために現場で闘い血を流す新選組。とにかく強い武闘派。こんな新選組像も嫌いでは無い。
覚馬が、なんで殺したんだ!と感傷に浸ってる時に、斬られそうになって斎藤の一撃に助けられ、「隙だらけ」と言われた瞬間、藩士の中では銃の使い手、剣も強いな覚馬でも結局現場が解っていない実践が解っていないという、会津と新選組の1番の違いが出てましたね。

いつもの新選組ヒーロー的感じを期待していた人にも、きっちり沖田の吐血名物シーンも入れてきました。今回は無いかも?とちょっと思ってたので、あれでだいぶ、わっ!池田屋だー!って感じがあったかも。
吐血後も倒れない沖田良いです。
労咳自体で池田屋で倒れるほどあの頃は悪化してないはずです。
元々池田屋メインの回では無いからあの短時間で色々きっちり詰め込めてた印象でした。

でもなんだか完全に新選組のせいで会津恨まれるになっちゃうの?
今後が不安(笑)

慶喜も本性(笑)やっと来ましたねー
共に戦おうと言ったのに、けっきょく逃げ!
あの桂より逃げ得意じゃない?なんて思ってる(逃げの意味が違う)
いいねー慶喜らしくて!どんどんそのキャラ固めていって下さい。

容保の病気もちゃんと描かれてました。
これもドラマではお初ですよね。
京都時代は病気がちだったという容保。
帰しても貰えずなんて可哀想…

容保の好きなところは、近藤さんのお墓を会津に作ったり
斎藤に名を与えたり結婚のあれこれも…
現場での苦労もちゃんと思いを馳せることができる器だったのだと思います。純粋で真直ぐ大好きです。

とか言いつつ心は長州なうな私(笑)
池田屋であの吉田稔麿は出るの?ばかり気になり、必死に探しました。えー新選組の活躍そっちのけです。OPのクレジットはあったものの今まで吉田になど注目したこと無い私、全く解りません。
長州贔屓の方は、発見できた人居た様ですが私には解らん!
何度か録画のを見てみよう…(おいっ!)

そして久坂
はい
当然池田屋にはいなくて、池田屋を機に都落ちのあの雪辱を晴らそうとメラメラ燃えてます。
格好いいんだけどー
止めとけ
と思ってみたり…
だってそれでお亡くなりになってしまう未来
もう死亡フラグです

そして予告では
容保を倒す!と高らかに叫んでおりました
嬉しいのですが
止めろぉぉぉ
生きていてほしいんだ(無理)
史実を変えてでも(無理)

今まで久坂って長州の中でも過激なヤツ!と思ってたんですが、暴走先生(笑)松陰をけっこうたしなめたりしてるんですよね。知性派で冷静です。
久坂好きがとまりませぬ。

はいそんな興奮の中、大本命新島襄登ジョー
なんですか?あのかわいい目
密航で日本脱出です

あの目は
あの婚礼の日に、近藤さんの結婚式に逃げてきた山口の目!
髭もあったんでなんていうかもう

斎藤でしょ?
斎藤だよね?
ずっとずっと会いたかった貴方はこんなとこに居たのね!
と思ってしまった。

ドラマでの斎藤の方を斎藤に見れるかしら?今後…
新島襄が出てくるたびに激しい混乱に落ち入りそうな予感。

国立大学合格を蹴って、アメリカの映画関係の学校に留学したオダギリ。周囲には合格したのだから勿体無いから一応入学手続きをして休学にしておいて留学したらと言われても、映画作りしか考えられずそういう保険をかけずに単身アメリカへ。
キャラ絶対新島襄に合うはずなのに斎藤にしか見えないという(笑)

でもどうせまた次は新島襄好きーと数ヶ月後は騒いでる自分が見えるんだけどね。
長州後はきっとそっちいくね。
でもそれはまだだいぶ先かな。

須賀君とオダギリを同じ作品で見れて本当に嬉しかった。

より以前の記事一覧

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ