久坂&長州


  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★★)

  • (★★★)

  • (★★★)

  • (★★)

  • (★★)

お勧め大河ドラマ

  • 大河をただ見ているだけで無く好きになったら史跡へGO!の衝動を作ってくれた作品です。この斎藤は最高です!: 新選組!
    (★★★★★)
  • 薩摩の話から始まるので期待しないで見てたらハマりました: 篤姫
    (★★★★★)
  • 毎週毎週ドキドキの展開でした。: 平清盛
    (★★★★★)
  • 毛利家がよく解る!: 毛利元就
    (★★★★★)
  • 戦シーンが最強でした。もう少し明治パートが短い方が良かったけど、ジョーが居たので許す: 八重の桜
    (★★★★)
  • 幕末のお公家さん達の事情がよく分かる。水戸藩内に関しては若干弱いかな。: 徳川慶喜
    (★★★★)
  • 源氏が勝って終わってしまう作品が多い中これは斬新だったな: 北条時宗
    (★★★)
  • 官兵衛でまた見れた「心配ご無用!」なんか好きだった: 秀吉
    (★★★)
  • 伝説?の長州大河。総集編しか残っていないのが残念: 花神
    (★★★)
  • なんかすごく面白かったな。それまでのドラマでの吉宗イケメン設定を崩した: 八代将軍 吉宗
    (★★)

オダギリジョーDVD

  • サッド ヴァケイション
    (★★★★★)
  • メゾンドヒミコ
    (★★★★★)
  • 悲夢
    (★★★★★)
  • 舟を編む
    (★★★★)
  • マイウェイ
    (★★★)
  • リバース エッジ 大川端探偵社
    (★★★★★)
  • : さくらな人たち [DVD]

    さくらな人たち [DVD]
    (★★)

  • : PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]

    PLASTIC CITY プラスティック・シティ [DVD]
    (★★★★)

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    (★★)
  • たみおのしあわせ
    (★★★★★)
  • 転転
    (★★★★★)
  • SLAPSTICKS

    感想付作品ジョー報続きはコチラから↓

オダギリジョーCD

カテゴリー「幕末」の記事

朝ドラ「あさが来た」

今週に山本副長、でましたね。
嬉しかった!
「待たせたな」の言い方には笑いましたが
またあの土方に会えたのがすごく嬉しかったです。

よくぞ出してくれました〜

他隊士(私にはここ重要)があまりにおまけ的なのが残念でしたが
NHKの新選組!ファンに対するサービス有難うございました!

いいですね幕末な朝ドラ
朝には見てませんが、大河より楽しめそう。

維新をどんな風に描いていくんでしょ?
楽しみです

山本副長は私が大好きな石田三成を来年の大河でやるので
三谷さんこれいい配役してきたなーと。

三成って領民にはすごく評判のいい人だったんだけど
武将達の間では評判が悪かった。
ただただ豊臣へ忠誠を尽くしてただけなのに、自分の権力を拡大しようとしてると
勘違いされる。合うよね?こういう役。

三谷さんはどんな解釈してくるんだろ?

お久しぶりの更新です

ブログの説明文を「花燃ゆ」全力待機に変えました。
フェイスブックの花燃ゆ公式がすごく面白くてね。長州マニア心が更に深まっていたりします。

官兵衛はとりあえず見てますが、来週楽しみ~とか一切無いです。
何かが物足りない。安心して見れる内容だからかな?
突然の須賀君登場(2年連続でビックリ)の後にこれまた辻本君も登場したのに内容的に何も感じない感。
ただただ毛利の旗に興奮するくらいです(なんだそれ)

こんな風に過ごしていたら気がつくとこのブログ10年経っていました。驚きです。
そう2004年に、新選組!の感想(主に斎藤愛)を書くために始めたのでした。
なのに今は超長州贔屓に(笑)どういうこと?
いやー長州は史実が面白過ぎるんですよ。小説や創作物よりむしろあり得ない面白さ満載。藩の重役から違いますからね。もちろん殿もね。

そう言えば、先日飯沼貞吉の番組をやっていました。白虎隊新説の方の立場のやつで。貞吉は、死にぞこないと言われ飯盛山にはずっと祭られてなかったそうです。やっと祭られたのがなんとかなり最近の昭和・・・しかも皆とは別の場所にポツンと1人。
これ見ていて長州ではあり得ない感覚だなと思った。
長州では志士達がずらっと祭られているとこがあるんですが、石の大きさが全員一緒。松陰先生を中心に全く序列を作っていない並びに会津に染まっていた(笑)私はとても驚いた記憶があります。そして感動しました。

ブログの題名が、だいぶ内容とかけ離れた感じになっていますが、変更は考えてません。これからも大河を愛でるブログということで宜しくお願い致します。
早く花燃ゆみたいよ~


やっと来た!花燃ゆ 双璧&松陰先生キャスト発表

昨日より、今日の午後2時頃に発表ありそうだとソワソワ待っていました。1時間前位から気になって気になって、ピッタリ午後2時に見てみると、来たこれ花燃ゆ新キャスト発表

一気に双璧と松陰先生の発表がありました。

松陰先生演ずるのが伊勢谷友介さん
高杉晋作を高良健吾さん

そしてそして久坂玄瑞が東出昌大さん

わぁぁぁ通天閣だ!
これ予想的中。
朝ドラって大河キャストの予告になりがちなのです。
一つ前の朝ドラの主役だし、背がとにかく高い。けして世渡り上手では無さそうなあの雰囲気。そして眉とか顔の骨格。

東出さんが、久坂になりそうだよねー
と思ってた。
予想してる人も多かった。
創作物のイメージな久坂だと私の推しの三浦春馬なんだが(自分の願望とも言う)
史実の久坂を考えるとどうしても東出がチラついてた。

何より嬉しいのは久坂って、背高いんですよ。
高杉って背が低いんですよ。
久坂がだいたい180で、高杉ってだいたい155位。
この差(笑)
この差が双璧の可愛さなんです。

なんで可愛いのかと言うと、高杉が偉そうな事言ってても久坂に見下ろされるの図とか、松陰先生のせいで(笑)久坂にライバル心でムラムラしている高杉に対し、何にも気にしていない背のでかい久坂とか。

高良さんはけして背が低くは無いけど、相手が東出さんならギリギリこの可愛い身長差が観れると思うのです。

そして伊勢谷さん。龍馬伝の再放送が終わったばかりで、高杉の印象強過ぎですが、伊勢谷さんがテレビでご活躍前の映画で元々見ていた私としては心配無し。絶対松陰に化けて登場すると思います。
生徒と対等に討論し喧嘩しちゃうような松陰先生の感じが見れそうで、これはもう嬉しくて!

話の流れも
松陰→久坂→高杉
となっていくそうなので、これはもう理想形。
長州が好きなら(松下村塾か)この流れが大事なのです。誰か1人がメインでは困るのです。

さてさて、今までは完全スルーされてた長州の人々のキャスティングも楽しみにしています。濃くて面白い人々満載だから、清盛並に脇に目が行く大河になるかもしれません。

土方歳三最期の一日再放送

BSプレミアム
5月9日・16日(金)午後8時~8時45分
5月11日・18日(日)午後6時45分~7時30分(再)

お久しぶりの更新です

来年の大河花燃ゆの松下村塾生達のキャスト発表をいつだ?とソワソワしている毎日です。
軍師官兵衛は宇喜多直家登場を待ってたので、今のところ見れては居ますが直家が消えたらどうなんだろう?不安です(笑)
BSの大河再放送も春から龍馬伝から独眼竜政宗に変わってしまい、これはかなりつまらない。評判が良い噂を見聞きしてましたが、やはりどうにも古くてテンポが合わなくて挫折。

来年に期待するしかない。

去年は八重の桜を見て龍馬伝。
今年は戦国ものに再放送もなっているので、来年はBS再放送は新選組!なんてどうでしょう?
長州と新選組とダブルで楽しめる幕末一年になります。

そんな野望を抱いてたら、最期の一日の再放送が決まり、もしかして?なんて期待を抱いております。

大河の影響は大きく今年は戦国プッシュが表明上出ていますが、長州周辺はすでに賑やかで本の復刻などなどとても賑やかです。

久坂玄瑞の妻が主役の大河ドラマ公式発表来ました

やっとNHKの公式発表がありました→花燃ゆ

私が長州に興味を持って知りだすと、いや〜松下村塾の人々は誰が主役になっても個性的で面白いと、ずっと思ってました。誰も彼も一筋縄ではいかない人達。まとまりもある感じもなく(笑)ただ師の教えを胸に、それぞれがしれぞれの場で活躍?暴走していくイメージ。いやその師が1番の暴走……という。笑えるネタも盛りだくさんです。もちろん逆の泣けるネタも。

女が主役
幕末飽きた

このあたりが批判の対象になっていますが、松下村塾や長州の面々の個性を強烈に描くには、別の人が主役になって、脇でわちゃわちゃしている方がイメージ通りに描ける気がします。

幕末飽きたは、うーん。長州メインの幕末期って、大河では遥か昔に1度きりで、総集編以外はビデオも残っていない時代のもの。大河以外のものでも長州って、メインほとんど無いんですよ。意外だったなーこれ。だから今迄見て来たような内容には絶対ならない。

大河だと幕末ではないけど毛利元就が好きだったので、幕末の長州を調べているとどうしても毛利家のあれこれが外せないので、助かりました。そう幕末時の殿は(笑)そうせい公は(あだ名)これまたわけわからん人物。とある歴史家研究家が言っていました幕末最大の謎だと。天然なのか、物凄い大物なのか、本当に解りません。ここもまた面白いとこの一つ。


NHKの公式では青春群像と書かれていたので、新選組!みたいな感じになるのでは?と期待しています。組以降だと幕末大河は篤姫では江戸城の中がメインだったし、龍馬伝は前半は土佐藩内の上下身分の理不尽さが強調されていたし、松下村塾ならキラキラ明るい前半が観れる事に期待大です!

再来年の大河ドラマ主役が吉田松陰の妹!

やったー!
このニュース見て興奮状態です。
吉田松陰の妹は、久坂玄瑞の妻!今一番松下村塾にハマってるこの時に、再来年がそこに確定とは。
また幕末か!の声もありますが、よーーーく思い出してみて下さい。色々な作品のヒーローはいつも龍馬、西郷。長州って、新選組よりずっとずっと作品少ないんです。これは久坂ファンになって気付いたんだけどね。いつも脇なんです。龍馬を大きく変えたのは久坂の影響なんです。松陰の思想に触れたからなんです。なのにいつも長州は脇(笑)

だから松下村塾の大河見たい!と野望を抱いてたタイミングでこのお知らせです。
松下村塾がメインとなると、ありがちな1人だけヒーローという描き方も難しいと思う。皆が超個性的でビックリなエピソード満載です(特に高杉と松陰)これドラマ的に面白いでしょ?
でも、松下村塾の重要人物は早死が多くこれでは大河できない?と思っていたら、なるほど松陰の妹という手があったんですね!文さんは久坂亡き後、別の男性と再婚し久坂の手紙等を大事に保管しています。それができたのは、再婚相手が維新の礎になり亡くなっていった方達を尊敬していたからだとか。

あと、藩内の揉め事も長州って面白い。
例えば藩内で命がけで、幕府側か倒幕かで相当揉めています。御前会議の後に、命を狙われる志士も居ました。藩内で(笑)意見真っ二つだったんです長州は。これは物語として相当面白い!そして、維新後も薩長政治でさぞや長州は良い思いを……と思っていたら、なんと萩の乱で新政府に異を唱えこれまた悲劇が……
つまり一筋縄でいかないんです。

面白い素材満載なので脚本頼むよ!という感じです。骨太脚本希望です。
脚本の次に気になるのはキャスト……

主役女優さんで浮かぶのは、私が小栗旬キュン発動きっかけの花男をどーしても思い出してしまいます(笑)そこには、清盛の後白河上皇も居ましたね。

という事で勝手に、松下村塾四天王のキャスト希望を考えてみた。
F4妄想が飛びかってますがそこはパスで(笑)

久坂玄瑞役は小栗旬希望
本当は松陰をやって頂きたいんですが、あの長身を久坂で生かして頂きたく。。。クール時々暴走な久坂も合うと思う。史実久坂は身長180もあってひょろっとしてた感じらしい。なので体形で決めた。演技はどうにでも演じれる人だし。

高杉晋作は伊勢谷友介希望
龍馬伝再放送中なためこれしか浮かばないw イケメン晋作です。最強の晋作です。

吉田稔麿は藤原竜也希望
沖田ファンに殺されそうな希望ですが(笑)池田屋で吐血では無く、池田屋で死亡の悲劇が合うと思うんですが……四天王の死の始まりでもある。四天王とは松下村塾の中で最も秀でた4人という意味なんで、是非!

入江九一は西島隆弘希望
ここは迷いました。九一はいつも映像に居ませんからね(笑)透明人間化ですからね。禁門の変の時にギリギリまで久坂と一緒で、君は逃げろと久坂に託されるも逃げ途中で弾が当たり自刃。・゜・(ノД`)・゜・。この悲劇は、にっしーで見たい。というか、ちゃんとした久坂周辺の禁門の変が見たいです。久坂自刃の時にもう1人定番の透明人間が居るからね。

さてさて四天王を自分の好き好き勝手にてんこ盛りして、肝心な吉田松陰…どうしよう?
松陰のクレージーな部分を強調して頂きたいので、クレージーと言えばオダギリどう?解ってます…そんなにたて続けに大河になど出ない事は承知ですが、妄想は自由(笑)
新島襄が天使君臨してるんで、ここは本来得意のクレージーな演技を大河で見たいな。可愛くてクレージー。いいなこれ!

あっ!
こんなに村塾にハマらせたアイツ(笑)
須賀君
念願の今年の幕末大河と思ったら、大嫌いだった(過去形)長州の久坂で登場の須賀君。どんだけ撮影情報見てガッカリした事か……が、今は村塾キュンキュンなので、敵の新選組とかいかが?これで以前からの長年の悲願達成だ(笑)久坂が新選組になってるー!って今度は騒ぎたい。
いや本当は龍馬伝との高杉と八重の久坂の双璧コラボ最強だと思うんだけど、あり得ない過ぎなんでね。うん。

八重の桜 八重の土下座の衝撃?

八重が生徒に会津戦で銃に撃たれ父を失った熊本の子が居て、物凄く会津を恨んでいました。
その生徒の父親は何と、女性撃った銃で亡くなったと。

戦の混乱の中、誰の攻撃で亡くなったとか実際は解るはずも無く、でもここは大事な演出だったんだと思います。会津にとってたは、理不尽に攻めてきた新政府軍のやつら(笑)そのせいで自分の家族を失い、会津をボロボロにされた……という新政府軍のせいで!という大きなかたまりしか見えていなかったとこが、その軍の1人1人は会津人と同じく家族があり、戦で亡くなれば悲しむ家族が居る。犠牲者は何も会津だけではない。家族を亡くした個人としては悲しみも辛さも同じ。

そんなところがこのあり得ない演出のポイントだったと思う。
実際に、薩摩の生徒は居たわけだから、今は愛する生徒達の家族と自分が戦っていた事に何か感じたりはしたかもしれない。

そして八重が土下座で謝る。
これ、すごい顰蹙かっていて私には意外でした。
何故?

八重はキリスト教との出会いによって、かなり価値観変わっていたと思う。宗教とは、いうものはそういうものです。しかも今まで触れた事も無い新しい価値観。
人は皆神の子であり、皆平等なんていうキリスト教は江戸時代の幕府にとって1番困る教えだったんだもの。だから禁止したんだもの。人は平等なんて困るから。

そういう視点からすれば誤っても当然だと思うんだけどな。あと、なんだっけ?キリスト教の自分の罪を認め悔い改めるやつ(忘れた…)
八重にとっての土下座はそんな感じに見え、なんで大顰蹙だったのか全く分からない。

戦中の事だから謝る必要ない?
敵に頭を下げるとは?
あっさり土下座し過ぎ?
自分のしてきた事に後悔するな?

ん〜解らない。

ドラマ内では、八重がキリスト教に影響されての内面の変化の経緯がほとんど描かれていないので、突然の八重の変化の意味解らん状態なのでしょうか?

女性主役の割に前半はかなり辛口演出だったんで、ここのところ甘口内容になり(笑)ちょっと拍子抜けする感はあるけど、やっぱり八重さん。
病気なのにご飯も食べず会津を恨んでいる生徒に、そんなに憎いなら、私を倒せ!と。さすが銃撃に参加した八重さんです。男前でした(笑)

次回はオダギリが演技に熱中してしまい手を痛めてしまったシーンが見られます。
痛そう……

八重の桜 西南戦争

久しぶりに?
ピリピリした?戦シーンでした。
京都編入る前が、毎週毎週ヘビーな戦シーンばかりだったんで、京都編の平和さとジョーの天使さに、ほんわかしてた頃に来ましたねー西南戦争。

西南戦争と言えば斎藤!
西南戦争で戦う斎藤をどれだけ脳内で妄想してきたでしょう。
全く関係無いドラマ等でも、明治の警察官出てきただけでも斎藤のすがたを想像し(笑)新選組のものは、だいたい函館で終了してしまう寂しさに耐えてきたんですが、やっと見れました西南戦争で戦う斎藤を!

佐川さんが亡くなるという悲しいシーンなのに、ワクワクしてしまいました。あっでも佐川さんの最期、泣いたよ。八重見る前から、何となく佐川さん好きだったんでね。

今まで西南戦争で会津からの視点の作品ってあったかな?普通西郷だもんね。だから、すごく新鮮だったな。もう少し西南戦争前の、士族の乱を時間とって描いて欲しかったな。八重しか知らないと、なんであーなったかきっと全く解らないんじゃ?って思ったけど、むしろ西郷のお話しの方が有名だからいいのか?

私が、おっ!ってなったのは、ナレーションだけでばっさり済まされた萩の乱(笑)
松下村塾の塾頭、吉田松陰の叔父が生徒達や身内に萩の乱に参加した者が出て責任を感じ切腹しています。いかにも松下村塾らしい…。

さすがにこの大河で萩の乱をもっと詳しく!とは思わないけど、いややって欲しいが(笑)せめて西南戦争になる経緯をもう少しやって欲しかったです。

ここが本当に武士の世の終わりなんです。
木戸さんも、維新の総仕上げと言っていました。その通りだと思います。新政府軍の人達は、最初はほんの僅かな力も1人1人が本気になると巨大な力になるのを身を持って経験しているので、徹底してやっておかないとという気持ちが強いんだと思います。

そんな格好良いセリフを言った木戸さんの亡くなり方。あれなんですが(爆笑)西郷の死の日と同じだから、アレだけどあんまりな気がします。いやナレで死亡した大久保よりまし?

西郷は切腹、佐川は戦場で死亡。
両者と武士らしい格好良い描写な亡くなり方だったのに、木戸さんだけ突然激しい痙攣で倒れるっておいっ!
病死にしてももう少し何とかならなかったのか?(笑)
ふなっしーの様な痙攣に見えたw
ゴメン木戸さん(T . T)

木戸、西郷、大久保の死によって、これでご維新完結。
新しい世で、天使なジョーは益々学校作りに邁進ですね。

斎藤と斎藤 八重の桜

斎藤と元斎藤が交わる何かは絶対ある予感がしてました。
だって、これまでの八重の桜の演出を見てれば過去の大河知ってれば、そういうの好きだよね?って解ります。大河ファン意識有りあり演出。

でもその時は突然きた!
斎藤の結婚エピソードとかはスルーなのか!と思ったとたん来たね。いきなり。

斎藤と時尾さんが突然京都にきました。
これないだろ……と思いつつ、ずっと以前より、自分の中で新しい時代になり警察官になった斎藤が、過去を振り返る感じで京都旅なんてのを小説的に妄想してました(笑)

私の妄想は1人旅だけどねw

斎藤と新島襄がチラッと顔合わして終了かと思ったら意気投合して二人で飲み、そして幕末の京都の事を語る八重の斎藤、天使顔で聞いている元斎藤………ご馳走様ですた?←何?

しかも私は感じた!
組!での斎藤って、近藤さんの祝言の時にかくまって欲しいと、あーやって庭から現れたよね?八重斎藤との出会いが、全く同じ登ジョーの仕方という!もう感服です。はい。

組!では当然ながら、時尾さんどうのは無かったから、あそこから組の続きバトンタッチに見えましたよ。だって俺1人でも新選組は終わらない!って言った割には、ずっと放置だったんですもの、ずっと待ってたんですもの。

そしてオダギリジョーは、やはり新島襄でした。

え?何が言いたい?(笑)

二人が飲んでるシーンを見て、やっぱり八重の斎藤はオダギリでは無くこの人で、オダギリは新島襄そのものでした。

あんなに大好きだったオダギリ斎藤。
今の斎藤と並んでもなんの動揺も無く、斎藤はおまえだろ!と一瞬も思いませんでした。←予想外

ドラマ全体としても新島襄によって、それまでの戦の重苦しさを一新しましたね。幕末のゴタゴタを引きづりたい派には、突然やってきたKY野郎かもしれませんが、この大河で描きたいとこはこれからですから!

そろそろ来年の大河が盛り上がってくる時期になってきたけど、八重の桜の、最後までしっかり見届けます。
同じく東北復興精神の、朝のあまちゃんが、いよいよ今日、あの3・11のシーンを迎えます。

八重の桜と京都旅

お久しぶりの更新です。
八重の桜、とうとう新島襄の本格的登場。
オダギリの斎藤役でオダギリが好きになった自分としては、斎藤が居るドラマで別の役ってどうなの?とか思いつつ、新島襄について調べるとこれは絶対オダギリに合うキャラだよね!と思っていました。
ご本人と感性的なものがリンクする部分多いんじゃないのかな?と。うん。
で、実際に本格的出番になってみると、もう斎藤の、さの字の妄想出ませんでした。流石です。これがオダギリなのです。
八重の元夫が人気で惜しまれる中、途中からスーっと違和感無く明治の京都に登場した新島襄。
良かった!心配してた!元夫の強烈な残像………しかも人気にあやかってか残像を演出で引っ張ってるしね。
これから毎週あんなオダギリを見れるかと思うと嬉しい。
私には、五代君が冒険から帰ってきて夢を一杯語ってる様にしか見えなくて(笑)こういう役は貴重なのでしっかり目に焼き付けておきたい。

そして後半のお楽しみだった山川健次郎。彼も帰ってきました。
だが、たった一話出演の、あまちゃんの強烈なキャラで(笑)人気のあまちゃんから、八重の桜に視聴者を大量に連れてくるという凄い事をやってくれました。すげぇーこれ!予想もしてなかったよ。
今勝地君のインパクトに注目が行ってますが、彼の実力を蜷川舞台で発見してた私としては嬉しいです。篤姫の時なんて誰も話題にしていなくて淋しかったもんなー。

そして今年の夏休みお話。
ライヴツアーで姫路と神戸に行ったので、ついでに京都に寄りました。
超暑かった!疲れた!時間無い(笑)
時間無いのはいつもの事か………旅が終わってもまだツアーファイナルが残っていて、ファイナル東京ももの凄い暑さでライヴ中意識失うかと思ったよ。

そっちの話は別場所で残すとしてここでは短時間で駆け抜けた猛暑京都。


1377934273341.jpg1377934278379.jpg
島原の門と輪違屋

1377934281302.jpg
島原に誠の湯ができていました。以前は無かった気がするのですが……

1377934284761.jpg1377934287876.jpg
角屋です。以前は新選組の石碑のみで、確か久坂スルーだったんでしっかり眺めてきました。ここに久坂が来てたのねーこの道を歩いてたのねーと(笑)久坂のは新選組の石碑よりずっと古そうなので、新選組人気に便乗して新選組石碑立てたんだなと京都の事情に気づいてしまった(笑)

1377934291402.jpg
暑くて感動も何も無い二条城。心が攘夷志士に行ってるからかもしれません(笑)

1377934294154.jpg1377934296663.jpg
偶然通りかかった池田屋華の舞。普通の華の舞が、あまり好きでは無いのでメニューだけパシャっと。

1377934300583.jpg
長州メニューは一つだけ(涙)池田屋は、もともと長州御用達だったはずなんですけどねーどういうこと?(笑)


1377934304156.jpg1377934307282.jpg
ハイ!1番行きたかったとこ。久坂が亡くなった鷹司邸跡です。以前は、御所に来てもここには来てません(笑)逆賊の汚名を晴らしたく、ただただ朝廷との取り次ぎをして貰いたく、ここで鷹司卿にお願いしてた久坂。結局断られ、砲撃の中流れ弾に当たってしまい、できるだけ長州兵を逃がしつつ自刃。その場所です。長州が後で官軍になることも知らず死んでいったのです。この時に兵を挙げるのもギリギリまで反対してたのに………。


1377934310164.jpg1377934313252.jpg
鷹司邸跡のすぐ後ろの境町御門。
ここも以前は来ていません(笑)蛤御門だけ行ってました。
蛤御門の変で久坂が亡くなっているので、蛤御門を攻めてたイメージがありますがそれは久坂の隊ではありません。
長州がずっと警護を任されていた境町御門が、突然のクーデターで朝起きたら会津兵がズラっと居たと言う……あの政変の時の場所ですね。


1377934315901.jpg
涼を求め下鴨神社の湧き水で足パシャパシャしに行き、ほんと冷たい水で元々冷え性なので冷たさで足が痛くなったけど、出てウロウロしたら数分で暑くなってしまったです。

暑くて食欲不信で美味しいものを満喫する気分になれませんでしたが、夜のビールは超美味しくいただきました!
同じ場所に行っても好きな事や興味が増えると、見る場所が違うって面白いね。
京都はすごく混んでいましたが、私が行く所はあまり人は居ませんでした(笑)いつもこうですがはい。

より以前の記事一覧

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

  • 名前:もも
    趣味:LIVE・妄想・新選組
    らぶ:オダギリジョー
    須賀貴匡・小栗旬
    LOVE:TRANSTIC NERVE
  • 別館
  • こちらも宜しく♪
    かなり偏った?バンド・音楽
    話題のブログもやってます
    NEXT STAGE
  • 更新休止中
    俳優・須賀貴匡話題のブログ
    100%須賀blog

大河ドラマ新選組

無料ブログはココログ